『愛犬の歯磨きおもちゃを手作りしてみる?』ポメラニアンの多頭飼いブログ

わんちゃんグッズ

こんにちわん(*´ω`*)

ポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝は、主に『歯ブラシ』と『布orスポンジ素材のブラシ』の3種類を使用して歯磨きを行い、ここ最近では少し硬めのオヤツも取り入れる様にしました。

本来であれば、オヤツは出来る限り与えずに歯ブラシと、数年に1回行う動物病院での歯石取りのみで歯を維持していきたかったのですが、

〝そら〝の現状では全身麻酔の処置が生死を分けてしまう危険性があるので、致し方ない_:(´ཀ`」 ∠):

そして歯石取りが今後出来ないことを考えると、以下の問題点に対して対処していかなくてはならない

  1. 現在付着している歯石・歯垢の除去
  2. 今後付着するであろう歯石・歯垢の対策

1の現在付着している歯石・歯垢の除去については、硬目のオヤツで歯石を削るor割る感じで行い、歯垢は歯ブラシと+α(布・スポンジ指サック等)でケアが可能かなと

ただし歯の表面に傷が出来てしまう事と、歯茎から出血を起こしてしまう危険があるので注意は必要!

2の今後付着するであろう歯石・歯垢の対策については、日頃から行う歯磨き(食後30分以内✖️食事回数)で対策していくのだが、コレが結構難しい・・

いくら綺麗に歯を磨いても、歯垢がいつの間にか付着してしまう←歯磨きが下手なのか・・・

歯磨き以外の方法で、どうにか出来ないものか?

考えに考えた結果

『繊維の細い麻ひもでオモチャを作れば良いのでは!?』

との発想になりましたので、今日は手作りした愛犬の歯磨きおもちゃを紹介してみまする(`・ω・´)

スポンサーリンク

〜ポメラニアンの多頭飼いブログ〜

『愛犬の歯磨きおもちゃを手作りしてみる?』ポメラニアンの多頭飼いブログ

麻紐には様々な種類(主に太さ)がありますが、今回私が用意したのは細めのタイプ

麻紐を初めて手にとった感想

(`・ω・´)<触る度に、繊維がパラパラと落ちるんですけど!?

おかげさまで、オモチャを製作する度に私の膝上が悲惨な事に・・・

しかも空気中に舞うから、くしゃみがァァァァァア_:(´ཀ`」 ∠):

麻紐でおもちゃを作るに当たって注意しておきたい事があります。

それが〝誤食〝

間違って愛犬が食べてしまうと、最悪の場合、手術にて摘出しなくてはなりませんので、遊ばせる際は必ず飼い主の監視のもとで行いましょう。

また、噛んでるうちに紐と紐の間に隙間ができ、その隙間に爪が引っ掛かってしまうなんて事もありますので注意して下さい。

さて、実験的に制作した手作りの歯磨きおもちゃはコチラ!

左からリング・ボール・スティックになっています。

この作り方は以前紹介したことのある、毛糸を使用したおもちゃ作りと同じ要領で作れました

そして数日間、〝あめ〝に協力してもらい麻紐おもちゃがどれほど効果的なのか、実際に試してみたところ、

歯の表面状がかなり白く艶っとした色合いになっていましたので、リアルに効果がある事が判明

ただし、この期間中に歯ブラシを変更してみたりしてたから・・・なんとも言えね!(*´ω`*)

そして現在、改良を重ね

猫じゃらし風に改良

元アングラー、引きを楽しむことに成功!←目的がズレ始めた

おもちゃにあまり興味を示さない子でも、猫じゃらしの様に〝動き〝を追加してあげれば反応を示す事もありますので是非お試しあれ!

持ち手部分はエビタナゴ専用ロッド。えぇ釣具ですん(`・ω・´)

さてさて、ここまで全身麻酔が行えない〝そら〝に対する、

〝歯ブラシ以外の方法で、歯を綺麗に保つための手段〝の一つとして考えついた、手作りの歯磨きオモチャでしたが、

〝そら〝はおもちゃで遊ばない子でした


(*´ω`*)またね!

コメント

error:Content is protected !!