犬の外飼いにおける夏バテ対策はコレ!外飼いの犬に必要な夏対策とは?

こんにちわん( ^ω^ )

この記事では、外飼いの犬への夏バテ対策に有効なグッズや熱中症を防ぐ為の方法について紹介しますね。外飼いの犬は夏特有の暑い気温や直射日光の影響で、夏バテや熱中症などの命に関わる危険と常に隣り合わせの状況となっています。

年々気温が上昇している現代では、飼い主が犬に対して何かしらの夏バテ対策を施していないと、犬は夏の時期の間、常に辛い思いをしながら生活しなくてはなりません。その為、飼い主は外飼いの犬に対して『どうすれば犬が快適に夏の時期を過ごす事ができるのか?』を考え、夏の時期が到来する前に夏バテ対策を準備をしておく必要があります。

今回は、外飼いの犬に対する夏バテ対策を詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

外飼いの犬への夏バテ対策は〝あくまでも熱中症などのリスクを軽減する目的〝であり、根本的な夏バテや熱中症などの解決方法ではありません。もし根本的な夏バテや熱中症などの解決方法を探しているのであれば、それは室内で犬を生活させる他ないことを理解した上で読み進めていきましょうね。

夏の時期がもたらす外飼いの犬への危険とは?

夏の時期に外飼いの犬へ注意を向けておきたい事はコレ!

夏の暑い時期に外飼いの犬へ注意を向けておきたい内容は以下の通りになります。

  • 外気温による影響
  • 直射日光による影響
  • 地熱による影響

これらは夏の時期に犬が夏バテや熱中症などの症状を起こす基本的な影響原となっており、室内飼いの犬が散歩などのちょっとした外出の際にも注意しておかなくてはならない影響となります。

外飼いの犬は室内犬と違い、常に夏の季節がもたらす上記のような危険に晒されていますので暑い気温による影響でストレスを感じたり、体力を奪われ続けて犬が夏バテや熱中症を患わない為にも飼い主が早急に暑さ対策を施してあげる必要があります。

特にハスキーやサモエドなどの大型犬は、北方系の寒い地域を原産とする寒い気候に特化した暑さに弱い犬種で、本来であれば日本の気候では外飼いに不向きな犬種となっています。その為、外飼いの犬への夏バテ対策は勿論の事、『夏の時期だけでも、室内で過ごさせることが出来ないのか?』と、一度家族会議をしてみても良いかもしれませんね

また現代では年々、地球温暖化の影響で気温が上昇し続けていますので、今までは外飼いで問題のなかった日本の気候に適した日本犬(柴犬や秋田犬など)でも、夏バテや熱中症のリスクが高まっています。これらの事から、今までのような外飼いの環境下では犬が夏の時期を過ごし通す事が出来なくなる可能性も十分に考えられます。

では、『外飼いの犬への夏バテ対策とは一体どうすれば良いのか?』という疑問について、下記に詳しくまとめてみましたので是非参考にしてみて下さいね。

外飼いの犬への夏バテ対策とは?

外飼いの犬に有効な夏バテ対策グッズと使用方法はコレ!

外飼いの犬へ有効とされる夏バテ対策グッズは以下の通りになります。

  • 犬用冷感グッズのアルミシート
  • 室外扇風機
  • 氷枕
  • サンシェード
  • 冷たい水
  • 高床式のハウス(内部底が〝すのこ状〝)

では、これらがどのように夏バテ対策グッズとして使用されるのかを以下にまとめてみましたので見ていきましょうね。

アルミシートと氷枕

犬用冷感グッズにはアルミシート以外にも、ジェルシートや接触冷感素材の布製品などがありますが、これらはクーラーなどの利いた涼しい空間での使用によって本来の効果を発揮しますので、常に熱い外気温に晒されている屋外では思ったほどの冷感効果を見込むことは出来ません。

しかしアルミシートは熱伝導率が高いために、日陰などの屋外の中でも比較的涼しい空間においておけば、犬の体温を多少なりとも下げる事が出来ます。

また氷枕は周囲の空気を冷やしたり、犬の体温を下げるだけではなく、サイズの大きいアルミシートの上に氷枕を置いておけばアルミシート全体がキンキンに冷えますので、外飼いの犬がアルミシートの上に寝ころべば体全体を冷やすことが可能となります

ただし氷枕をそのまま使用するのは犬が低温火傷を起こす危険もありますので、カバーを付けた上で犬へ氷枕を使用する事をおすすめします。

また、ここで一つ注意して頂きたいのは、保冷剤や凍らせたぺットボトルを氷枕の代わりに使用しない事です。

保冷材は中身の成分が原因で犬が中毒症状を起こす危険性があり、ペットボトルは犬が噛む事でペットボトルが破損し、破損した部分が犬の口内を傷つける危険がありますので、必ずシリコン素材などの氷枕を使用しておきましょうね。

室外扇風機

次に扇風機ですが、扇風機は犬に対して冷却効果が無いものの被毛に溜まった熱気を取り除いたり、犬のパンティングによる気化熱を利用した体温調節には有効となりますので、外飼いの犬に対しては扇風機も有効な手段と言えますね。

扇風機が犬に対して冷却効果を見込めない理由については以下のリンクで詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。

サンシェード

サンシェードは外飼いの犬のハウスを含む周囲を直射日光から守る為に使用されます。直射日光を遮断する事で、日陰となった地面は夏特有の地熱を発する事がなく、犬への熱中症リスクと肉球への火傷を大幅に軽減する事が可能となります

またハウス内も直射日光の影響を受けて、内部の気温が上昇する危険性も防ぐことが出来ますので、サンシェードの設置は必ず行っておくと良いですね。

ただし、サンシェードを設置する時には少し注意して頂きたいことがあります。それはサンシェードを設置して出来た日陰が一日を通して、犬のハウスとその周辺に動かず残っているかどうかです。太陽は東の方角から登り西の方角へと沈みますので、日陰は当然一日を通して大きく移動してしまいます。

その為、サンシェードを適当に設置してしまうと時間帯によっては、ハウスとその周囲が直射日光に晒されてしまう場合も考えられます。このような事態を防ぐには、サンシェードを設置して日の出から日の入りまでの日陰の動きを観察し、ハウスとその周囲が日陰内に入るようサンシェードの位置を各々で調整しておくと良いかと思います。

冷たい水

夏の時期の飲み水は外飼いの犬にとって水分補給とは別に、身体の内側を冷やす目的で水を飲むことがあります。

犬は本来冷たい水よりもぬるま湯を好む動物と言われていますが、夏の時期は体温を下げる目的としても水を飲みますので、外飼いの犬には常に冷たい水が提供できるように一日に数回以上の頻度で水を交換してあげると良いですね

ただし冷たい水が良いからと言って、氷を飲み水の中に入れて飲ませてしまうと、犬は体の内側が冷えすぎて、腸内環境の働きが低下する可能性も考えられます。その為、外飼いの犬への飲み水はウォーターサーバーや冷蔵庫などで一定の温度に冷やされた飲み水を提供してあげるのが安全かと思います。

高床式のハウス(内部底が〝すのこ状〝)

地面に密接しない高床式のハウスは、ハウス底が地面と離れている事で地熱の影響を多少なりとも緩和する事が可能となります。またハウス内の底がすのこ状になっているとハウス底に流れてきた空気がハウス内にも循環しますので、内部に熱気が溜まりづらく犬の夏バテや熱中症のリスクを下げる事が出来ます

外飼いの犬に有効な夏バテ対策はコレ!

では、上記の夏バテ対策グッズを使用した方法以外には、どのような暑さ対策が出来るのかを見ていきましょうね。

上記の夏バテ対策グッズ以外の方法は以下の通りになります。

  • 一日の中で最も暑い朝9時~夕方18時前後の間は、犬を室内で過ごさせる
  • 外飼いの犬のハウス周りの地面を土にする

これらの中で一番良い夏バテ対策としては、外飼いの犬を日中の一番暑い時間帯(朝9時~夕方18時前後)だけでも室内に避難させる方法となります

外気温や直射日光の影響が大きい最も暑い時間帯だけでも室内に犬を避難させれば、熱中症や夏バテになるリスクを大幅に軽減できますので犬の身体にとっては一番の暑さ対策となります。

次にハウス周辺の地面を土に変更する対策方法ですが、土はコンクリートやタイルよりも地熱温度が低く、日陰の影響下であれば土の地面はひんやりとした接触温度となります。さらに犬は本能的に土内部の温度が低いことを知っていますので、犬は土を掘りその穴で体温を下げる事が出来ます。

これは犬の祖先である狼が野生時代に地面へ穴を掘り、掘った穴にお腹を密着させて体温低下を行っていた事に由来しています。土の地面から受ける体温の冷却効果は日陰である事が条件となりますので、サンシェードと合わせて対策すると良いかと思います。

最後に:外飼いの犬への夏バテ対策についてまとめてみました

外飼いの犬におすすめする夏バテ対策はコレ!

  • 夏バテ対策グッズ
    • 犬用冷感グッズのアルミシートの使用
    • 室外扇風機の使用
    • 氷枕の使用
    • サンシェードの設置
    • 冷たい水を用意
    • 高床式のハウス(内部底が〝すのこ状〝)の使用
  • グッズ以外の夏バテ対策
    • 朝9時~夕方18時前後の間は、犬を室内で過ごさせる
    • 外飼いの犬のハウス周りの地面を土にする

このような夏バテ対策を施しておけば、外飼いの犬でも夏の時期に起こりやすい熱中症のリスクを大幅に軽減する事が出来ますね。

ただし、上記の対策を施したからと言って『犬が夏バテをすることなく安全に過ごせるだろう』と、安心するのではなく外飼いの犬は〝常に熱い外気温に晒されている〝事を考慮して、犬の様子に普段と違う変化(ふらふらしている・涎を垂らしているなど)がないのかを一日に何度もチェックしておきましょう

外飼いの犬への夏バテ対策は〝あくまでも熱中症などのリスクを軽減する目的〝であり、根本的な夏バテや熱中症などの解決方法ではありません。もし根本的な夏バテや熱中症などの解決方法を探しているのであれば、それは室内で犬を生活させる他ありません。


またね(*‘ω‘ *)

コメント