犬に夏の時期はぬるま湯と冷たい水のどちらを飲ませるべきなのか?犬に適度な水の温度の調べ方はコレ!

こんにちわん( ^ω^ )

この記事では、夏の暑い季節に犬へ与える飲み水の温度について紹介します。夏の季節は外気温の暑さから私達飼い主は『犬も人間と同じで、冷たい水を飲みたがるだろう』と、一方的に感じる方も多いのではないでしょうか?確かに犬も冷たい水を飲みたがる子もいますが、個々によってはぬるま湯の水が良いと感じる犬も存在します。

犬は自身の好む水の温度であれば沢山飲むのに対し、苦手な温度の水だとあまり飲まないと言った事も少なくはありません。夏の季節は夏バテや熱中症を予防する為にも日頃の水分補給が欠かせませんので、自身の子がどの温度の水を好むのかを日頃から把握して、犬がしっかりと水分補給できるように個々に合わせた適度な水の温度を把握しておく必要がありますね。

また、犬へ与える水の温度は『犬の留守番時・散歩後』や『犬の生活する環境』などに加え、犬の年齢によっても適度な水の温度が変わってきます。今回は『犬の状況毎や年齢などによって異なる、適切な水の温度とその理由』と『個々の犬が好む水の温度の試し方』について、詳しく解説していきますので是非参考にして見てくださいね。

スポンサーリンク

犬の状況毎や年齢で異なる適切な飲み水の温度とは?

夏の時期は犬の状況によって冷たい水とぬるま湯を使い分ける

夏の時期に冷たい水とぬるま湯を使い分けておきたい犬の状況は以下の通りになります。

  • 冷たい水
    • 散歩後や運動後の犬の体温が上がっている時
    • 散歩時やお出掛け先、または運動中の犬への水分補給時
    • 犬のシャンプー後の一時的に体温が上がっている時
    • 犬単体の留守番時
    • エアコンを効かせていない暑い室内での生活時
    • 外飼いの犬の飲み水
  • ぬるま湯
    • エアコンの効いた涼しい室内での生活時
    • 犬が身体を冷やし過ぎた・下痢や軟便をしている時

このように犬の体温が上がっている時や上がりやすい環境下にいる場合は、犬の体温を〝体の内側から冷やす〝目的として冷たい水を用意してあげるのが、犬の夏バテや熱中症対策として有効となります

また、外飼いの犬は常に暑い外気温や直射日光の影響を受けて、熱中症になりやすい条件の下で生活をしていますので、常に体温を下げることを目的とした冷たい水を用意しておくと良いですね。

さらに室内をエアコンでキンキンに冷やしている場合でも、飼い主が自宅に居ない留守番中に災害などで停電を起こし、エアコンが止まる可能性もあります。その為、エアコンが止まって室内の温度が急上昇した際に犬が冷たい水を飲んで体温を下げることが出来るよう、夏の犬の留守番時には冷たい水を準備しておくのが災害の多い夏の季節に対する暑さ対策の1つとなりますね。

では逆に『ぬるま湯を犬に与える際はどういった状況でどんな理由で与えるのか?』というと、上記のリストでも記したように〝エアコンの効いた涼しい環境下〝に犬が居る時で、その理由は『犬の身体を冷やし過ぎない為』です。

これは、犬が身体を冷やし過ぎることによる腸内環境の低下(消化不良:嘔吐や下痢)などを防止する為に涼しい環境下では、犬の飲み水はぬるま湯が良いとされています。

また人間と同じく犬も冷たい水ばかり飲んでいると身体が冷え過ぎて、下痢や軟便などの症状を引き起こす可能性も考えられますので、夏の時期とはいえ冷たい水ばかりを飲ますのではなく、ぬるま湯も与えるよう意識しておくと良いですね

その他にも犬が身体を冷やし過ぎた・下痢や軟便の症状を患っている時は腸内環境に対して負担を掛けないよう、ぬるま湯の飲み水を与えてあげるのが犬の身体に優しい配慮となります。

犬の年齢を考え身体に負担のない温度の飲み水を与える

次に犬の年齢毎による適切な飲み水の温度ですが、犬も人間と同じで年齢を重ねる毎に腸内環境が弱りますので、冷たい水ばかり飲ましていると腸内の活動が弱まり以下のような症状を表すようになります。

  • 消化不良による嘔吐や下痢
  • 腸内へ負担が掛かり、ストレスを感じる

このほかにも身体が冷え過ぎたことで体調不良を起こす可能性も考えられますので、身体機能の弱まった老犬などのわんちゃんには、身体への負担が少ないぬるま湯の飲み水が普段の生活に適していると考えられますね

また、子犬などの身体が成熟していない年齢の子も老犬と同じ理由で腸内環境が成犬ほど強くはありませんので、体への負担を考慮すると冷たい水よりはぬるま湯の飲み水を基本として提供するのが良いですね。

スポンサーリンク

冷たい水とぬるま湯の温度とは?

犬に適した冷たい水とぬるま湯の温度はコレ!

我が家のポメラニアン〝そら〝と〝あめ〝が普段から飲んでいる冷たい水とぬるま湯の温度は以下の通りになります。

冷たい水は9℃前後!

ぬるま湯は29℃前後!

我が家ではポメラニアンの飲み水を動物病院などで設置している〝アクアクララ〝を犬専用として自宅に置いてありますので、冷たい水はウォータサーバから流れ出る水の温度をそのまま利用しています。このウォータサーバから流れ出る冷たい水は人間や犬が夏の時期にちょうど良いと感じる冷たさの水の温度となっています。

ぬるま湯はウォータサーバで選択できる熱いお湯と冷たい水を割ったもので、基本的に〝人肌の温度〝が犬にとって丁度良いぬるま湯となります。犬は熱い食べ物や飲み水を苦手とする猫舌ですので、ぬるま湯を作る時は赤ちゃんの哺乳瓶と同じかそれに近い温度のぬるま湯を与えてあげましょう。

個々の犬が好む飲み水の温度の試し方とは?

2つの温度の異なる飲み水を用意しよう!

上記で犬の年齢毎や状況別に適した飲み水の温度を解説しましたが、犬は個々によって好みの水の温度が違い、苦手な水の温度だとあまり水分を取らない場合もあります。犬の年齢毎や状況に応じた温度の異なる飲み水の提供は犬の身体にとって大切な配慮となりますが、犬が好みによる違いで水をあまり飲まなければ夏バテや熱中症になるリスクが高まります。

その為、普段の生活での飲み水は水分補給を第一の目的として個々の犬が好む温度の水を提供し、本文中の『夏の時期は犬の状況によって冷たい水とぬるま湯を使い分ける』で記した状況によっては冷たい水やぬるま湯を犬に与えるといった方法で考えておくと良いかと思います

では、自身の愛犬が好む飲み水の温度は『〝冷たい水〝と〝ぬるま湯〝のどちらなのか?』を試す方法を下記にまとめてみましたので見ていきましょうね。

  • 1)自由に飲める飲み水を2つ並べて用意する(冷たい水とぬるま湯)
    • 器に入れる水分量は冷たい水・ぬるま湯共に同じ量にしておく
  • 2)散歩やお出掛け先から帰宅した際は1)で用意した2つの水とは別の水を与える
    • 運動後などでは、犬が体温の上昇を下げる為に冷たい水を沢山飲むことが予想される為
  • 3)飲み水を替える際は、その都度どちらの水が減っているのかを観察しメモしておく
  • 4)一週間を通し見て、愛犬がどちらの水を好んで飲んでいたか?をメモで確認する

このように一週間程度の期間をおいて観察していると、愛犬が好む水の温度を把握することが出来るようになります。一週間も観察する理由は、気候の変化(雨が降り湿度が上がったことで、冷たい水ばかり飲むなど)や、愛犬の体調や気分に左右されないようにする為です。

この結果によって、夏の時期での犬が好む水の温度が分かるようになりますので、普段の生活では冷たい水とぬるま湯のどちらか好む方を与え、状況によって飲み水の温度を変えてあげるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

最後に:犬に適した飲み水の温度についてまとめてみました

冷たい水とぬるま湯の飲み水は、犬の状況下や年齢によって異なる!

  • 冷たい水は犬の体温が上がっている時や上がりやすい環境下へいる時に体温の低下を図るために必要とする
  • ぬるま湯は老犬や子犬などの腸内環境の弱い子や、エアコンにより体温が低下した犬に対し、腸内へ負担を掛けないために必要とする

このことから、夏の時期での犬に対する飲み水の温度を冷たい水とぬるま湯のどちらか一方に決めるのではなく、状況に応じて冷たい水とぬるま湯の2つの異なる温度の飲み水を犬に提供してあげるのが、犬の身体にとって一番優しい選択となりますね。


またね( ^ω^ )

コメント

error:Content is protected !!