犬と移動する夏の車にエアコンの暑さ対策が必要な理由とは?車内へ乗り込む前にやっておきたいことはコレ!

こんにちわん( ^ω^ )

この記事では、夏の車でのお出掛け時に犬へのエアコン対策が必要な理由と、車内へ乗り込む際に犬の為に行っておきたい事前準備について紹介しますね。

夏の季節の車内は人間ですら嫌になるほどの気温を保っており、その温度は外気温よりも高い気温(50℃以上)である事が多いですよね。犬にとって夏の季節の適温が23℃〜27℃前後(※犬種や個々によって適温に多少の違いはある)と言われていますので、外気温や直射日光で温められた車内は犬にとって熱中症のリスクが高く危険な状況となっています。

では、犬と夏の時期にお出掛けする際、車へ乗り込む前の車内温度に対して飼い主はどう対処するべきなのか?また、移動中の車内ではどのようにして暑さ対策をするべきなのか?について、今回は車載エアコンを含めた犬の暑さ対策について紹介していきますね。

夏の車でのお出掛けにエアコン対策が必要な理由とは?

犬の熱中症対策のため

犬は人間とは異なり、全身の毛皮や汗腺が少ない理由から夏の気温に対する抵抗力が弱く、体温調節を上手く行えません。特に日本の夏は暑い気温だけではなく、湿度も高い気候となっていますので、原産国の異なる犬(パグ・ポメラニアン・ハスキーなど)は日本の気候に適応できず体調不良を起こしやすい傾向にあります。

また数ある犬種の中でも北方系を原産とするスピッツ系などの犬種は寒さに特化した身体の作りをしていますので、夏の時期は外気温や直射日光の影響でストレスや体力を大幅に削られやすく、体調不良や熱中症などの危険に常に晒されています。

夏の時期に体調を崩しやすい犬は以下の通りになります。

  • 日本原産の犬種以外(日本の気候に適応出来ないため)
    • 特に北方系の犬種や短鼻系の犬種(アラスカン・マラミュートやパグなど)
  • 老犬や仔犬(体力が少ないため)
  • 心疾患持ちの犬(パンティングなどの動作で心臓へ負担を掛けるため)
  • エアコンの効いた室内のみで、長年生活し続けてきた犬(外気温への耐性が全く無いため)

この他にも、ここ数年は地球温暖化の影響で気温が年々上昇し続けている為、日本の気候に適した日本原産の犬種ですら熱中症のリスクが一昔前に比べかなり高まっています

その為、『日本犬は日本の気候に適した丈夫な犬種だから体調不良にはなりにくい』と、昔から言われ続けてきた〝日本犬=丈夫〝という考えを持つのではなく、現代では日本犬も熱中症のリスクが高まっていると考え対策を練る必要があります。

これらのことから、夏の時期は全犬種に対して熱中症対策を施す必要があり、その夏の暑さ対策は家のみならず車でのお出掛けにも犬が体調不良を起こさない為に必要となります。これが夏の車でのお出掛けに犬へのエアコン対策をする理由なのです。

では、夏の車でのお出掛け時に飼い主が犬の為に行っておきたい、エアコンを含む暑さ対策を見ていきましょうね。

車へ乗り込む際の暑い車内温度をどう対処するべきか?

車内へ乗り込む前に行っておきたい対策はコレ!

夏の炎天下に晒された車は車内温度が50℃以上と外気温よりも高い気温になっている事も多く、その状態の車内に犬を連れて乗り込むのは熱中症のリスクがありとても危険な行為となります。また車内温度だけではなく、直射日光によって温められた以下の箇所は飼い主ですら触れたら『火傷しそう・・』と感じるほど熱を持っていますので、犬が火傷をしない為にも注意を向ける必要があります。

  • シートベルトなどの金属部分
  • 座席カバーなどのラバー製品
  • 窓ガラスやその周辺

これらの熱を持った箇所と車内の気温を一度車へ乗り込む前に冷やしてあげないと、犬が気温による熱中症や体調不良、熱を持った箇所へ触れることによる火傷を患う危険性がありますので、以下のような対策を車へ乗り込む前や日頃から行っておくことをおすすめします。

  • 日頃から行っておきたい暑さ対策
    • 車を駐車している間は、全窓へサンシェードを設置して、直射日光で車内部分が熱される火傷の危険性を減らす(車全体を車種毎の専用カバーで包む方法もある)
    • シートベルト部分や座席などに毛布等を引いて、直射日光で車内部分が熱されるのを防ぐ
  • 車へ乗り込む前に行っておきたい暑さ対策
    • 窓やドアを一度全部開けて、車内に溜まった熱気を解放する
    • 熱気を解放したら窓やドアを閉め、エアコンで設定出来る最低温度にした上で車内を冷やす

これらの対策をした上で、初めて『犬が安全に車へ乗り込むことができる』と、日頃から考えておくと犬への熱中症のリスクが少なく済みますね。

では次に、移動中の車内ではどのような暑さ対策を施せば良いのかについて見ていきましょうね。

車で移動中の車内ではどのように暑さ対策を施すのか?

エアコンと暑さ対策グッズを合わせて使用する

犬と車でお出掛けする移動中の暑さ対策で注意しておきたいのは、『窓を開けていれば、風が車内に入るから涼しいだろう』と言った考えです。

人間は汗腺を全身に持っている為、汗が風などの影響を受け気化する事で、体温が下がり〝窓を開ければ涼しい〝と感じるかも知れませんが、犬は汗腺を鼻や肉球・指の間にしか持っておらず、人間のように気化熱を利用した体温調節を行うことが出来ません。

その為、移動中の暑さ対策として車窓を開ける行為は、ただ単に暑い外気温を車内に流し込み、犬の熱中症リスクを高めているだけとなってしまいます。このことから、犬と車で移動する際は窓を開けて暑さ対策をするのではなく、以下のような対策を取ることが犬の身体に安全な方法となります。

  • 1)エアコンで車内温度を下げる
    • 目安は23℃〜26℃前後で、犬が舌を出してパンティングを行っていたら、犬が暑いと感じている証拠になりますので温度をさらに下げていく
  • 2)アイスノンなどの保冷剤や氷枕などで犬の体温を下げる
    • アイスノンなどの保冷剤には、犬が中毒症状を引き起こす成分が含まれていますので、犬が誤食しないように必ずカバーを付けておく
    • アイスノンなどの保冷剤や氷枕を犬の身体へ直接当てると、低温火傷を引き起こす原因となりますので、布製のカバーを付けた上で使用する
  • 3)犬用の冷感グッズで犬の体温を下げる
    • ジェル素材やアルミシートなどの冷感グッズ
  • 4)キャリーバックやクレートの中に犬を入れて直射日光を遮断する
    • 直射日光の遮断目的だけではなく、キャリーバックなどの内部に氷枕を入れたり、外側側面ポケットに保冷剤を入れれば、キャリーバック内部の気温をさらに下げる事が出来る
    • また、車が事故を起こした際に衝撃で犬が怪我をするなどの2次被害を起こさない為にも、犬をキャリーバックなどに入れておく

このように犬の特徴を理解した上で暑さ対策を行うと良いですね。また、夏の時期の犬の車内留守番については以下のリンクで詳しく解説していますので、ぜひ参考にして見てくださいね。

最後に:犬と車でお出掛けする夏の暑さ対策についてまとめてみました

夏の暑い時期に行っておきたい、車へ乗り込む前の対策はコレ!

  • 日頃から車内箇所が直射日光による影響で熱されないように、サンシェードなどで日光を遮断する
  • 事前に車内をエアコンで冷やしておく

炎天下に晒されている車の車内は、犬が耐え切れないほどの温度まで上昇していますので、車へ乗り込む前に車内をしっかりと冷やしてから出掛けるのが、犬の身体に負担の掛からない対策となりますね。

移動中の車内で行っておきたい犬への暑さ対策はコレ!

  • 1)エアコンで車内温度を下げる
  • 2)アイスノンなどの保冷剤や氷枕などで犬の体温を下げる
  • 3)犬用の冷感グッズで犬の体温を下げる
  • 4)キャリーバックやクレートの中に犬を入れて直射日光を遮断する

これらの中でも、エアコンの対策は犬が熱中症にならない為に必須となりますので、夏の時期に犬と車で出掛ける場合は、最低限の暑さ対策としてエアコンは稼働させておきましょう。


またね( ^ω^ )

コメント