犬の夏の留守番対策で扇風機のみは危険?犬が直接あたる風を涼しいと感じない理由とは!?

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、犬の夏の留守番対策として扇風機のみの使用が犬にとって危険とされる理由や、犬に直接扇風機を当てても犬が涼しいと感じない理由について紹介しますね。また扇風機を上手く活用した熱中症対策の方法も解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

犬に直接扇風機を当てても涼しいと感じない理由とは?

涼しいと感じない理由は汗腺が少ないから!

犬が扇風機の風に直接当たっても『涼しくないなぁ・・・』と、感じるのは人間と犬との汗腺の違いに原因があります。汗腺と言うのは肌の表面上から汗が流れ出る穴のことで、この汗腺から出た汗が、扇風機の風によって身体の表面上から蒸発する事(気化熱)で体温が下がりますので、私達人間は扇風機の風に直接当たる事を涼しいと感じます。

しかしそれは、人間が全身に汗腺を持っているから涼しいと感じるのであり、犬は汗腺を肉球や指の隙間・鼻にしか持っていませんので、扇風機の風に当たる表面積が人間と比較するとかなり少なく、扇風機の風を十分に受ける事が出来ないから犬は扇風機を涼しいと感じないのですね。

ただし、『扇風機が犬に対して全く効果が無いのか?』と言えばそうでもありません。

犬が体温調節をする際に行うパンティング(口を開けて舌の涎を気化熱によって蒸発させる行為)は、舌を乾燥させることで体温調節の効果を得られますので、扇風機の風に対しパンティングを行えば、通常よりも早く舌が乾き体温を下げる事が出来ますね。

また、被毛に溜まった湿気や熱気を扇風機の風で吹き飛ばすことも出来ますので、必ずしも扇風機が犬に対して全く効果が無い訳ではありません。

豊富な被毛で覆われている故に肌へ直接届かないから!

犬の犬種にはパグやブルドッグなどの被毛が超短毛な種類も居ますが、多くの犬は豊富な被毛で全身を覆われています。被毛にはシングルコートやダブルコートの2種類があり、そのどちらの被毛も外部からの影響(体温の低下など)を遮断する役割を持っており、その役割故に扇風機の風が上手く犬の肌に伝わりません

特にダブルコートの犬種は、以下のような被毛を持ち合わせている為に、シングルコートの犬種よりも扇風機の風を肌で感じる事が出来ないのです。

  • オーバーコート(上毛)
    • 毛の一本一本にコシがあり硬い被毛
  • アンダーコート(下毛)
    • 柔らかく細い毛が密集した被毛

基本的には、春ごろに迎える換毛期によってアンダーコート(冬毛)が抜け落ちますので、シングルコートの犬種と変わらない毛量となりますが、一部の理由(換毛が正常に行われない)などによって夏場になってもアンダーコートが残ったままの場合もあります。

下記のリンクで夏場でもアンダーコートが残っている理由について、詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。ポメラニアンについての記事となっていますが、ダブルコートの犬種であれば、内容に変わりはありません。

夏の留守番で扇風機のみの対策が危険な理由とは?

根本的な原因である室温が下がらないから!

上記で、扇風機の風を犬に直接当てても涼しいと感じない理由について説明しました。上記の内容も、犬の夏の留守番で扇風機のみの対策が危険とする理由となりますが、そもそも夏の留守番が犬にとって危険とされる原因は〝室温〝にあります。

犬は犬種や個々の体質によって、適温とする温度に多少の違いはありますが、基本的には以下の室温が夏場では快適な温度の目安となります。

  • シングルコート:24℃~28℃
  • ダブルコート:22℃~26℃

そして扇風機の仕組みは、プロペラで室内の風を送り出しているだけですので、室温が下がる事はなく犬にとっては空気が循環するという利点(この利点については以下で説明します)があるだけで、根本的な夏の留守番対策の解決にはなりませんね。これが犬の夏の留守番対策で扇風機のみの使用が危険とされている主な理由となります。

では、夏の留守番対策では扇風機を使用しない方が良いのか?と問われるとそうでもありません。その理由について以下にまとめてみましたので見ていきましょうね。

スポンサーリンク

犬の夏の留守番対策で扇風機を上手く活用する方法とは?

エアコンと併用して扇風機を空気循環の役割として使用する!

扇風機は室温を下げる効果は無いものの、〝空気を循環させる働き〝があります。空気を循環させることによって得られる効果は以下の通りになります。

  • エアコンが出した冷気を部屋中に循環させる
  • 部屋に溜まった湿気や熱気を循環させて、部屋から取り除く

エアコンが出した冷気は低い位置に溜まる性質がありますので、床に近い高さで生活する犬にとっては人間が涼しいと感じる室温でも、犬は寒いと感じている可能性が考えられます。その為、扇風機で部屋の空気を循環させることで、部屋全体が一定の室温となり犬が快適に過ごしやすい環境となりますね。

また夏の季節の雨は湿気が溜まりやすく、犬は気温だけではなく以下のような条件下でも熱中症を患う可能性があります。

  • 気温22℃以上
  • 湿度60%以上

湿度は雨の日に高くなりますので、天候に合わせて扇風機をエアコンと併用し、室内の湿気を扇風機で空気循環させて取り除くのに使用しても良いかと思います。

このように、扇風機はエアコンと合わせて使用する事で効果を最大限に発揮する事が出来るのですが、扇風機を使用する際は少し注意しておきたいことがあります。

スポンサーリンク

扇風機を使用する際の注意点とは?

扇風機を犬に使用する際に注意しておきたいことは以下の通りになります。

  • 1)犬に直接、扇風機の風を当て続ける注意
    • 皮膚の水分が乾燥し、肌への負担が増える
    • 喉が乾燥し、咳などの体調不良の症状が発生する
    • 扇風機をエアコンと併用する事で、犬の身体が冷えすぎる
  • 2)犬が扇風機に触れられる注意
    • 扇風機を転倒させる
    • 扇風機に被毛が絡まる・触れることで大怪我をする
  • 3)ハウスダストや花粉症持ちの犬への注意
    • 部屋の空気を循環させることで、アレルギー症状が強まる

1)2)に関しては、扇風機を柵で囲い犬に直接風が当たらない様(首振りモードやケージに毛布をかぶせるなど)に工夫すれば解決しますね。

3)のアレルギー症状は扇風機を使用する前に、部屋の埃や床に付着している花粉を水拭きで取り除く事で対策する事が出来ます。

夏の時期は花粉が活発に活動していますので、花粉症の犬はアレルギー反応を起こさない為にも特に注意しておきたい事となります。以下のリンクにて花粉に対する対策法をまとめていますので、是非参考にしてみて下さいね。

最後に:犬の夏の留守番対策で扇風機のみは危険とされる理由についてまとめてみました

犬にとって、扇風機のみの留守番対策が危険とされる理由はコレ!

  • 扇風機の風を涼しいと感じる汗腺が少ないため
  • 犬の全身を覆う被毛が風を遮るため
  • 扇風機は室内温度を下げる効果が無いため

犬は犬種や個々の体質によって、暑いと感じる室内温度に多少の違いはありますが、それでも人間より暑さに弱い生き物であることに変わりはありません。その為、夏の留守番では扇風機を犬に対して直接使用するのではなく、扇風機を空気循環の道具として、エアコンと併用して使用するのが夏の留守番で犬が涼しいと感じる使い方となりますね。

また、夏の時期や梅雨の時期に対策しておきたいエアコンに関する情報については、以下の記事で詳しくまとめていますので、是非参考にしてみて下さいね。


またね(*‘ω‘ *)

コメント

error:Content is protected !!