愛犬が春に寝る時の寝床の作り方とは?季節の変わり目の変更点は熱中症ケージ対策が大切!

愛犬が快適に過ごす為の季節対策

こんにちわん( ´∀`)<やぁ!

冬から夏へと移り変わる春は季節の変わり目である為に、気候や寒暖差に合わせた愛犬が快適と感じるケージ内等の寝床へ変更しなくてはなりません。

特に寝る時に愛犬が寒い・暑いと感じてしまっては、低体温症や熱中症を発症してしまう恐れもありますので、飼い主様はその日の気候に合わせた寝床対策を施しておく必要があります。

では、春の気候に合わせたケージ内の寝床の作り方とは、いったいどの様なモノなのでしょうか?

スポンサーリンク

愛犬が春に寝る時の寝床の作り方とは?季節の変わり目の変更点は熱中症ケージ対策が大切!

春の季節の変わり目で犬が寝る時のケージ内(寝床)を変更する理由とは?

変化する気候と昼夜で異なる寒暖差から引き起こされる熱中症等に対応する為!

季節の変わり目となる春は3月〜5月の期間の事を指し、この時期は寒い冬から暑い夏へと移り変わる〝中間〝の季節である為、

一概に春と言っても冬の様な寒さや、夏の様な暑さを〝始り(3月)〝と〝終わり(5月)〝で体験する事になります。

また、春の季節は気候の変化や昼夜で異なる寒暖差の影響を大きく受けますので、その日の天気や昼夜で変化する温度に注視して、

『犬が寝る時のケージ内の寝床を快適と感じているか?』を常に気に掛けておかなくてはなりません。

  • 寒ければ〝低体温症〝の恐れ
    • 特に掛かりやすい条件
      • シングルコートの犬種
      • 老犬
      • 仔犬
      • 身体の弱い子
      • デザイナーズカットで被毛が短い子
      • 皮膚病等の脱毛症で被毛が薄い子
      • ケージ・寝床に寒さ対策がされていない
      • 室温管理されていない
  • 暑ければ〝熱中症〝恐れ
    • 特に掛かりやすい条件
      • 夏毛への換毛期を迎えていないダブルコートの犬種
      • 室内に閉じ込められ続け、外気の暑さに順応できない子
      • 老犬や仔犬など移り変わる気温にすぐすぐ順応できない子
      • 直射日光が直接ケージ等に指している
      • ケージ・寝床に暑さ対策がされていない
      • 室温管理されていない

この他にも春は気圧が著しく変化する季節ですので、愛犬が体調を崩しやすく、この時期はケージ内などの落ち着ける場所で長い間、休息を多く取る様子が見受けられる様になります。

愛犬が寝る時に快適と感じる寝床作り(季節に合わせた作り方)は、こういった事態から心身共にリラックスする上でとても重要な変更となっています。

春の熱中症等を防止する愛犬の寝床(寝る時のケージ)の作り方とは?

春の昼夜の寒暖差も考慮した愛犬が寝る時のケージ(寝床)の変更点や作り方はコレ!

春の時期にケージ内などの寝床を変更する上で、大切な作り方のポイントは以下の通りです。

  1. ケージ・寝床を変更する上で基となるベースの作成
    1. 時期(3月〜5月)の異なる外気温に合わせた対策
  2. ベースを基に調整する、変化しがちな気温に合わせたサブ的方法
    1. 昼夜で異なる寒暖差に合わせた対策
    2. その日、その日で変化しがちな気温や気候への対策

基本的には、愛犬が寝る時に暑くも寒くもない(熱中症・低体温症を防ぐ)ケージ・寝床を作りあげ、その日の気候に合わせて上から冷感・暖感をプラスしてあげる方法が良いかと感じます。

犬も毎回、ケージ・寝床を変更されてはストレスが溜まってしまうので、出来る限り大きな変更を与えない作り方を心がけておく必要があります。

その為、大きな変更を施すとしたら季節の変わり目となる、春の始り〝3月初旬〝と、終わりの〝4月後半から5月初旬〝の2箇所でベースとなるケージ・寝床を変更してあげると良いですね。

ただし、地域によっては季節の流れが多少異なりますので、4月中頃でも積雪の影響で『まだまだ寒いよ!?』と感じる場合もあります。

その様な場合は、気象情報を調べ『いつから気温が変化してくるのか(暖かくなってくるのか)?』を確認して変更される事をおすすめします。

スポンサーリンク
3月の春時期に愛犬が寝る時のケージ・寝床の作り方・変更は基本的に〝冬と同じ〝

3月は季節の上では春となりますが、気温的には冬と大差がなく、東北などの寒い地域では真冬の様な外気温である事がほとんどかと思われます。

その為、この時期は冬と同じのケージ・寝床対策の作り方が愛犬にとって最高の環境になる場合があります。

犬は一般的に寒さに強い動物だと言われていますが、家畜化が進んだ現代の犬は寒さに対して弱くなっていますので、

『犬も寒さには耐えられない』と認識を改めた上で、寝る時に快適なケージ・寝床を作ってあげましょう。

以下はちょっとした豆知識(*´Д`*)<飛ばして良いよ!


『家畜化が進んだ』に関係して、犬は祖先が狼であった為、肉食性の動物で生肉が好き・健康に良いと思われがちですが、

研究が進んだ現代ではその考えが間違っているモノであったと証明されましたね。

犬は長いこと人間と暮らしてきた事により、肉食から雑食性へと食性・消化機能が変化し、

現在は生肉を食す事が消化の機能上、得意とは言えず栄養面に関しても肉のみでは長生きする事が出来ません。

また、生肉は命に関わる細菌性食中毒の危険もありますので、祖先がどーのこーのなんて考えは控えておいた方が良いですね。

ただし、祖先が狼である事に変わりはありませんので、共通する特長も実際にあります。

その為、家畜化が進んだ犬は狼時代と比較し、何が変化したのかを一度調べてみる事をおすすめします。

では季節の変わり目となる、3月頃の犬が寝る時に快適と感じるケージ・寝床対策とは、一体どの様なモノなのでしょうか?

  1. ベース
    1. ケージ周りを毛布等で覆う
      1. 隙間風等の冷気を遮断する
      2. ケージ内の熱気を逃さず、保温できる環境を作る
      3. ただし、愛犬の異変を察知する為や息苦しく無いよう、入り口付近等に隙間を開けておく
    2. ケージ内に毛布を敷いてあげる
      1. 熱中症対策として、全体に敷かず地面からの冷気を感じられる様に一部は開けておく
    3. 寝床として冬用のベッド等を置いてあげる
      1. 気圧の変化等で体調を崩した際に快眠出来る様に準備しておく
  2. サブ
    1. ホットヒーター
    2. 湯たんぽ

このように基本はケージに対して〝保温性〝と〝冷気の遮断率〝を高めてあげる事がベースとなります。

そして、その日の気温によってホットヒーターや、湯たんぽ等の暖かいグッズを用意してあげれば良いですね。

(ただし、極端に暖感グッズをケージ・寝床に入れてしまうと、気温が低くても愛犬が熱中症に掛かる恐れもありますので、適度な量を入れてあげましょう。)

もし3月中に暖かいと感じる日が出てきたようなら、ケージに被せている毛布を〝半分だけ被せる〝といった、

徐々にケージ内の保温性を緩め様子を見てあげるのが、犬に急激な室温変化を与えず変更できる方法となります。

春の4月〜5月は昼を〝熱中症〝、夜を〝低体温症〝と分けて愛犬に注意を向けておく

春の4月〜5月は気温の変化や昼夜の寒暖差が著しく変化しますので、熱中症や低体温症に注意したケージ・寝床(寝る時以外も含む)の作り方・変更が求められてきます。

この時期の気温は昼夜で寒暖差が大きく異なりますので、快適と感じる一定としたケージ・寝床の状態を保つ事が難しく、

基本的には『少し寒いなぁ』、『少し暑いなぁ』程度の状態をベースとして作り上げ、サブ的要因で残りを賄う形で快適と感じる場所を用意してあげなくてはなりません。

エアコン等で室温を調整し、快適と感じる環境を作り上げるのも良いですが、外気温と室温で寒暖差が大きくなってしまうと、

散歩等で外出する際に愛犬へ

  • 精神・肉体的ストレス
  • ヒートショック
  • 換毛のタイミングを狂わす

等の異変を与える原因となってしまいます。

ですので、私個人としては室温は出来る限り、外気温に近い温度(愛犬が快適と感じる最低限の温度)を保ちつつ、

室温以外の方法で、愛犬が快適と感じる手段を選択してあげるのが良いのでは?』と考えています。

これらの事を考慮して変更する、季節の変わり目を意識したケージ・寝床の作り方は以下の通りになります。

  • ベース
    • ケージ内の1/2に少し薄めの毛布を敷く
    • ベッドは春用の通気性の良いタイプを使用
    • ケージ内に敷いた毛布の上に、膝掛け程度の暖かい毛布を折り畳んで置いておく
      • サイズとしてはケージ1/4程度に抑える
      • 寒いと感じた愛犬が使用する事で、飼い主は愛犬が寒がっている事を判断しやすくなる為
    • ニトリ等で販売されている接触冷感素材の小さいぬいぐるみ・枕を用意する
      • 暑いと感じた愛犬が、それを使用するかで暑いと感じているのかを判断しやすくなる為
  • サブ
    • 暑いと感じている場合
      • 夏用の冷感グッズを毛布の敷かれていない箇所に用意する
        • ジェルシート
        • アルミシート
        • 接触冷感素材のクッション等
    • 寒いと感じている場合
      • ケージに毛布を被せる
        • 冬や3月のケージと同じ作り方
      • 毛布の上にペットヒーター・湯たんぽを設置する

上記リストのように昼夜・日によって気温が変化する時期は、ケージ等の寝床に必ず『暖かい箇所』と『涼しい箇所』の両方を準備し、

愛犬自身で体温調節が行える環境を用意しておく事が大切になります。

そして、愛犬が寒い・暑いと感じている場合はサブで紹介した方法を取り入れるのですが、犬が

  • 〝寒いと感じている場合は、毛布等の暖かい上に温暖グッズを設置〝
  • 〝暑い時はケージ床が剥き出しになっている、冷たい箇所に冷感グッズを準備〝

してあげて下さい。

昼夜の短い期間で気温が変化しますので、愛犬が『暑くなってきた』、『寒くなってきた』と感じた際に、〝すぐ逃げられる場所を常に維持し続ける〝事を意識しておくと良いですね。

(熱中症や低体温症を防ぐ上で大切なケアとなります)

スポンサーリンク

最後に:愛犬が春に寝る時の寝床の作り方や、季節の変わり目の変更点で熱中症ケージ対策が必要な理由についてまとめてみました

春の時期は季節の変わり目である為に、ケージ内の寝床に対して愛犬が〝暑い〝・〝寒い〝と感じる場合の逃げ道として、

『自身で体温調節できるように二通りの対策』を用意しておかなくてはなりません。

特に私達が寝る時(就寝中)に愛犬がケージ内で『暑いよ、寒いよ、・・・助けて』と願っても、飼い主本人は愛犬が鳴かない限り、その想いに気がつく事が出来ません。

また年齢的問題においても『仔犬は身体が成熟していない』、『老犬は身体が衰えている』事から、熱中症や低体温症に対しての抵抗力が弱い傾向にあります

その為、ちょっとした気温の変化で初期症状が現れることも十分に考えられますよね。

ですので飼い主は外気温の変化に対し、柔軟に対応出来るケージ・寝床作りを春が始まる前にしっかりと考えておかなくてはなりません。

今回の作り方や変更の仕方は、全国平均温度に基づいた方法となりますので、記事を参考にした上で

『自身の住む地域は、どのように気温が変化するのか?』

を考慮しつつ調整してみると良いですね。


またね( ´∀`)

コメント

error:Content is protected !!