犬が冬の時期に外で寝るのは大丈夫なのか?外飼いの冬対策はコレ!

こんにちわん(`・ω・´)

冬の寒い時期に愛犬が外で寝るのは、健康面において果たして大丈夫なのか?また、外飼いの犬に対して飼い主が施しておきたい、小屋などを含む冬対策は一体どの様なものなのか?今回は冬の時期の外飼いの犬に関する疑問について詳しく解説していきますね。

スポンサーリンク

犬は冬の時期に外で寝ていても寒くはないの?

犬は寒さに強い!と言われてるけど・・・・本当にそう思いますか?

昔から一般的に『犬は寒さに強い』と言われており、犬と暮らしている方の中には『犬小屋さえあれば、後は犬が勝手に暖まる』と、なんとも身勝手な発言をされる方がいますよね。

確かに犬は被毛がありますので、人間よりも寒さに対しての耐性はあるでしょうが、人間よりも〝寒さに多少強いだけ〝であって、寒さを感じない訳ではありません。

犬の被毛には寒さに弱いシングルコート、寒さに強いダブルコートの2種類があり、また短毛・長毛、原産国等によっても寒さに対する耐性が異なってきます。

しかし比較的、寒さに強い長毛種のダブルコートであっても、その暖かさは人間がダウンジャケット等で防寒した程度のものでしかなく、被毛は少なからず風を通しますので当然、冬の外気温を寒いと感じるはずです。

愛犬が寒いと感じているのに、飼い主は『大丈夫、犬は寒さに強い』と、迷信ばかりを信じて、愛犬の気持ちを蔑ろにしていると、後々取り返しのつかない事態に発展してしまう恐れがあります。

  • 外飼いの犬が冬の時期に起こりやすい事態
    • 起きたら凍死していた
    • 凍死しかけていた
    • 低体温症になり、元気が無い

特に冬の時期で多いのが、愛犬の〝凍死〝と凍死しかけて〝生死を彷徨っているギリギリの状態〝になっている事です。

これらについては、動物病院からも注意喚起がTwitter上などに出回る程で、冬の季節は凍死ギリギリの患者(犬)が運ばれてくるそうですね。

愛犬を家族として接しているのであれば、そもそもが寒い時期に外で寝かせる筈もなく、何かしらの理由で外飼いをしているのなら、必ず寒さ対策を施している事でしょう。

もし、『犬が寒さに弱いなんて、知らなかった』とするのであれば、今すぐに対応してあげて下さい。

もし、『気にする事はない、犬は外で良い』と断言するのであれば、貴方様も防寒せずに寒い冬空の下で一晩過ごされては如何でしょうか?

冬の外気温に耐えられる子と耐えられない子の違い

基本的に冬の季節は、愛犬を室内で寝かせる事を強くおすすめしますが、中には『冬の気温なんか、へっちゃらだよー』とする猛者も存在します。

他のブログやTwitter等を見ていると、寒さに弱い子がいる中で、なんで寒さに強い犬がいるのか?気になった事はありませんか?

実はこれには、様々な要因が重なっている事が考えられます。

  • 地域的な平均気温の違い
  • 住んでいる場所の風通し、日光の当たり具合等の違い
  • 犬種的特徴
  • 長年、外飼いされてきた事による耐性(慣れ)の違い
  • 年齢的な違い
  • 犬小屋の配置や地面の素材(コンクリ・土等)の違い
  • 犬小屋の材質・形状等の違い

このように地域や場所等によって、気温が異なるのは勿論、犬種や年齢などでも体感する寒さが変化してきますので、『自身の愛犬は寒がっているのに、あの子は平気そうだなぁ』と感じるようになるのですね。

しかし、そんな寒さに強いと思われる子でも、場合によっては『無理だよ!寒すぎる!!寝れないよ!』と夜泣きする事があります。

スポンサーリンク

寒さに強い子でもその日の天候や気温によっては耐えられない事も

冬の季節は常に一定の気温を保つ訳でも無く、唐突に気温が大幅に低下する事があります。また天候などによっても体感温度が変化してきますので、どんな時に注意しておけば良いのかを知っておきましょう。

  • 寒波
  • 雨天
  • 積雪や雪が降っている時

寒波や積雪(雪空も含む)の天候は、通常の気温よりも大幅に低下しますので、寒さに強い犬達でさえ、寒波などの厳しい寒さには逆らえません。

また雨の日も同じく、身体が濡れてしまうと体温が奪われ急激に下がりますので、冬の厳しい夜間の寒さと相まって耐えられなくなるのです。さらに身体が濡れた状態では、愛犬が低体温症や凍死する確率が大幅に上がりますので、雨の日は愛犬を室内(玄関等)に必ず避難させておく事を推奨します。

外飼いの愛犬に施しておきたい冬対策とは?

一番は室内へ入れてあげる事

外飼いの犬に対して、『寒くないかな?大丈夫かな?』と心配になるのでしたら、冬の時期は愛犬を季節限定として室内で過ごさせてあげる様にしておくのが良いですね。犬も寒くないし、飼い主様も心配する必要がないので1番良い対策となります。

また、夜間の寒い時間帯(日の出から日の入り)だけ室内に入れて、過ごさせる、寝かせてあげる対策法も低体温症や凍死を防ぐ上で有効な手段となりますのでおすすめです。

特に以下の様な子は、寒さに対して滅法弱く、命の危険もありますので、冬の時期は室内で過ごさせてあげるのが良いですね。

  • 老犬
  • 子犬
  • 病中病後
  • 短毛種
  • シングルコート
  • 室内で過ごして来た、寒さに対する耐性の無い子

しかし、何かしらの理由(重度なアレルギー反応等)で室内へ入れたくても出来無い場合は、どの様に寒さ対策を施せば良いのでしょうか?

冬の寒さを考慮した、小屋の配置や外装・内装はコレ

外飼いの愛犬が外で寝るには、低体温症や凍死を防ぐ為に、必ず寒さ対策を施しておく必要があります。ただし湯たんぽの様な、お湯による一時的な暖かさは、就寝中に冷めてしまいますので、〝無いよりはマシかな〝といった程度の寒さ対策となります。

その為、まずは常に暖かさを保てる保温性の高い犬小屋を作ってあげましょう。

愛犬が安心して外で寝る為の対策法は以下の通りです。

  • 雨風を防げる場所に犬小屋を配置する
    • ガレージ等があれば、そこに犬小屋を移す
  • 犬小屋の外装を強化(保温性の向上)する
    • 犬小屋の真下を含む地面にジョイントマット等の断熱材を敷いてあげる
    • 犬小屋入口をビニールシートやカーテン等でカバーして、風の侵入を防ぐ
    • 犬小屋全体をビニールシートで覆ってあげる
    • 犬小屋周りに柵を建て、その側面に防水加工の施された隙間のない板を貼り付ける
  • 犬小屋の内装を強化(保温性の向上)する
    • 犬小屋の床にジョイントマット等の断熱材を敷き詰め、順に段ボール、すのこ、毛布の順に敷いておく
      • すのこは犬小屋内の埃や汚れを段ボールに落とし、愛犬へ汚れを付けない為に必要となる
      • また、蒸れによる被毛や皮膚へのダメージを防ぐ役割にも期待出来ます
      • ここでの毛布は、あくまでも床の保温対策での使用となりますので、別途愛犬用の毛布を渡してあげましょう
    • 犬小屋側面に床と同じ工程を施す

基本的には上記の様な対策を施してあげるのが、個人的には良いかと思われますが、地域(特に冷寒地)によってはこれでも寒さに耐えられるか微妙なところではあります。

その為、ニトリ等で販売されている人間用の暖かい毛布などを入れてあげるなどして、個々で『小屋の保温性を高めるにはどうすれば良いのか?』を今一度考えてみると良いですね。

また注意点として、小屋の中に飲み水の容器を入れる事は避けた方が良いかも知れません。この飲み水を愛犬が誤って溢してしまい、身体が濡れた事で一部が凍り翌朝、身体の冷えが原因で凍死してしまった事故もあったようです。

ですので、水の配置には最新の注意を払い、犬だけでは無く、毛布等も濡れない様にしておくのが一つの対策となります。

スポンサーリンク

最後に:冬の季節に外飼いの犬が外で寝る為の対策についてまとめてみました

外飼いの犬が冬の厳しい寒さの中、外で寝るには以下の様な対策が命を守る上で必須となります。

  • 雨風を防げる場所に犬小屋を配置する
  • 犬小屋の外装を強化(保温性の向上)する
  • 犬小屋の内装を強化(保温性の向上)する

外飼いの方が行なっておきたい、愛犬が外で寝る為の寒さ対策は、主に〝保温性の向上〝・〝天候に左右され無い犬小屋の配置〝を考え、実行するのが基本です。

ただし出来るのであれば、夜間の一番寒い時間帯だけでも、愛犬を室内へ入れる事が出来ないのか?を一度、家族と話し合ってみて下さい。

老犬等は寒さに弱く、低体温症や凍死する危険性が非常に高くなっていますので、家族を守る為にも自身が出来る、最前の手を愛犬へ施してあげる事を願っています。


またね(`・ω・´)

コメント

error:Content is protected !!