犬の寝床クレート・ケージを快適な位置に変える!夏に適した変更とは?

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、犬が夏でも快適に過ごせる、クレート・ケージの寝床場所と、寝床を夏の時期に変える理由について紹介しますね。また、クレート・ケージを変更する事で考えられる、犬の行動についても紹介するので、是非参考にしてみて下さいね。

夏の季節に何故クレート・ケージの位置を変更するのか?

クレートやケージなどを犬の寝床として、部屋の一定の箇所に固定している場合、犬はその位置を覚え『この場所が僕のお家なんだ!』と考えます。そして、その場所の周囲に何があるのかを把握する事で、日頃の警戒心が休まり、寝床が安全な場所だと理解しますよね。逆に、頻繁に犬の寝床を変える場合は、犬にとって

  • ストレスを溜める原因
  • 不安に感じる
  • 警戒心を高める

など、犬の精神にダメージを与える事となり、基本的に犬の寝床となるクレートやケージの位置は、出来る限り変更しないのが犬の精神にとって良いとされていますね。

しかし、これは〝頻繁な寝床位置の変更〝がダメなだけであって、季節による長期間毎の寝床位置の変更は、犬の身体を守る為にも必要となります。

では、夏の時期にクレートやケージの寝床位置を変える理由とは、一体何なのでしょうか?下記にまとめてみましたので見ていきましょうね。

夏の強い日差しによる影響

夏の時期は、基本的にエアコンで室温を調整していますので、『家の中に居れば、犬が暑さで病気などに掛かる事は無い』と、感じている方も多いでしょうね。確かに夏の暑い気温は、エアコンで調整する事が可能ですので、〝自由に家の中を歩き回れる子〝は快適に過ごすことが出来ます。

しかし、それは家の中を自由に歩き回れる犬であって、クレートやケージに閉じ込められている犬ではありません。これがどういう意味かと言うと

  • 家の中を自由に歩ける犬
    • 暑いと感じたら、歩いて涼しい場所へ移動できる
  • クレート・ケージに閉じ込められている犬
    • 暑いと感じても、涼しい場所へ移動できない

のですね。特にクレートやケージに閉じ込められている犬にとって、夏の時期に危険となるのが〝強い日差しによる影響〝です。クレートやケージ内に日差しが差し込むと、犬は寝床から出る事が出来ませんので、必然と夏の強い日差しを耐え凌(しの)ぐ事となりますよね。

この夏の強い日差しは、長時間浴びる事で、犬が熱中症になる危険性が高くなっています。その為、日光の当たる場所にクレートやケージが配置されている場合は、犬の身体を守る為に寝床の位置を変更しなくてはならないのですね。

エアコンの風による影響

夏の時期は犬が快適に過ごせるようにと、室温をエアコンで調整しますよね。エアコンの稼働している部屋は、とても涼しく犬も快適に過ごせる空間となります。しかし、『犬が暑がるだろうから』と、クレートやケージに犬を閉じ込めて、エアコンの前に配置していると

  • 冷房の冷たい風が、犬に直接当たる
    • 犬が身体を冷やし、体調不良になる
  • 乾燥した空気が、クレートやケージ内を流れ続ける
    • 喉を傷める

事となり、犬は逃げ場のないクレートやケージの中で、冷房の風を耐え凌(しの)がなくてはなりませんよね。その為、いくら熱中症にならない為だと言っても、クレートやケージをエアコンの前に設置している様であれば、上記の理由から犬の寝床位置を変更する必要があります。

夏以外にも注意しておきたい寝床の位置

クレートやケージなどの寝床を家の中に配置する場合は、以下の事にも注意しておくと良いですね。

  • 飼い主(家族)が活発に動く位置
    • 犬が寝床で落ち着くことが出来ない
      • ストレスの原因
  • 玄関やベランダ近く
    • 犬の飛び出し防止
    • 来客者(知らない人間)が犬のテリトリーに入る事になる
      • 警戒心が高くなる事で、吠えるなどの問題行動を起こしやすい
      • ストレスの原因
  • コンセントや電源ケーブル近く
    • 感電の危険性
  • 小物グッズが多い部屋
    • 誤食の危険性
      • 窒息の可能性
      • 中毒の可能性
  • テレビなどの音が鳴る、機械の横
    • 犬が寝床で落ち着けない
      • ストレスの原因
    • 音量から受けるストレスや耳への障害

これらの場所は、犬が寝床で落ち着けない、危険性の高い場所となりますので、上記の位置も考慮した上で、夏の時期に適した寝床変更を行わなくてはなりませんね。

犬の寝床に適したクレート・ケージの配置とは?

夏の寝床はこんな場所がおすすめ!

夏の時期と常に注意しておきたい寝床の位置を、まとめると以下の通りになります。

  • 日差しの当たる場所
  • エアコンの目の前
  • 飼い主(家族)が活発に動く位置
  • 玄関やベランダ近く
  • コンセントや電源ケーブル近く
  • 小物グッズが多い部屋
  • テレビなどの音が鳴る、機械の横

これらのことから考えられる、夏の寝床として最適な場所は

  • 日差しの当たらない場所
  • エアコンの風が直接当たらない、風通しの良い場所
  • 静かで落ち着ける場所
  • クレートやケージの近くに危険なモノが配置されていない場所

となりますね。上記の各条件が該当する、犬の寝床に最適だと考えられる場所は、比較的モノが少なく、静かな〝寝室〝が良いのではないかと考えられます。ただし、寝室が良いと言っても、個々によって生活環境が違いますので、あくまでも参考の答えとして考えておいて下さいね。

寝床を変える事で起こりえる失敗と行動

上記のことから、『夏の時期は、犬の寝床を変える必要がある』と、理解して頂けたかと思います。しかし、犬は長い期間一定の箇所で生活していると、突然の寝床変更に戸惑い、以下のような失敗や行動を起こす可能性が考えられます。

  • 寝床と一緒にトイレの位置も変えると
    • 排泄の失敗が多くなる
  • 慣れ親しんだ位置から離れるのを嫌がり、寝床を変更した後も
    • 前の寝床位置で寝ようとする
  • 寝床を変える事で、最初の数日間は
    • 安眠出来ない
    • ストレスを感じている

このように、クレートやケージの位置を変える事で、犬が寝床の場所に不安に感じたりしますので、数日間は犬の様子をしっかりと観察しておくと良いですね。また、数日程度で犬が寝床の変更場所に慣れてくれれば良いのですが、新しい寝床の場所に慣れなかった場合は、前回の寝床位置に近い、各条件が当てはまる場所を探してみると良いですね。

最後に:夏に最適な犬の寝床位置をまとめてみました

夏の時期に犬が快適と感じる、寝床位置のポイントはコレ!

  • 日差しの当たらない場所
  • エアコンの風が直接当たらない、風通しの良い場所
  • 静かで落ち着ける場所
  • クレートやケージの近くに危険なモノが配置されていない場所

これら各条件に当てはまる場所が、『家の中にあるのか?』を一度調べてみて、犬の寝床を変える場所が無いのであれば、部屋の模様替えをしてみるのも良いかと思います。または最低限の変更として『日差し・エアコンの風』が、クレートやケージに当たらない箇所を探してみるのも良いですね。


またね(*‘ω‘ *)

コメント