犬は梅雨になると嘔吐などで体調を崩す!?下痢や食欲不振を解消する方法!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、犬が梅雨の時期になると起こしやすい『嘔吐・下痢』の症状に加え、食欲が低下する体調の変化について紹介しますね。また、これら症状を解消する方法についても、まとめていますので是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

梅雨の時期に起こる体調の変化とは?

犬が体調を崩す原因と症状はコレ!

梅雨の時期になると湿度や天候などの様々な原因が重なり合い、それが犬の体調に悪影響を与える可能性があります。この体調の変化は最悪の場合、犬が〝死に至る危険性〝も考えられますので、梅雨へ入る前に各症状に適した、対策を施(ほどこ)しておく必要がありますよね。

では、犬の各症状に適した対策を施(ほどこ)す前に、一体どのような体調の変化があるのかを見ていきましょうね。

犬が梅雨の時期に体調を崩す症状はコレ!

  • 嘔吐
    • 一日に2回以上吐く
    • 2日以上続く
    • ご飯を食べてからタイムラグがある
  • 下痢
    • 普段よりも軟便
    • 泥状のうんち
    • 形のない水下痢
  • 食欲不振
    • ご飯を一切食べない
    • 普段よりも食いつきが悪い
    • 食べはするが、ご飯を残す

上記内容で確認のために知って頂きたいのですが、胃の内容物(ご飯など)が吐き出される事を嘔吐と呼びます。逆にご飯を食べて、すぐに吐く(胃まで行かない)場合は吐出(としゅつ)と呼び分けられますので、間違えない様に覚えておきましょうね。

また、吐出(としゅつ)は食道トラブルが原因となりますので、該当する際は速やかに病院で診察を受けましょう。

では、これら症状の原因とは一体何なのでしょうか?

犬が梅雨の時期に体調を崩す原因はコレ!

  • 食中毒
    • 嘔吐・下痢・食欲不振
  • ストレス
    • 嘔吐・下痢
  • 身体の冷え
    • 下痢・食欲不振
  • 細菌による感染
    • 嘔吐・下痢・食欲不振

このように梅雨の時期に犬が体調を崩す原因は上記の4つとなりますが、それぞれの原因はどの様な理由で起きるのかを見ていきましょう。

梅雨の時期に起こる〝食中毒〝とは?

梅雨の時期になると、私達人間も食中毒を起こしやすくなり、毎年この時期は食中毒のニュースで世間を騒がせていますよね。これは空気中の湿度が高まり、細菌の繁殖や活動が活発化する事が原因となっています。この食中毒は、

  • 料理や食材・飲料を長時間常温に置いておく
  • 細菌が付着した手で調理をする

ことが原因となっており、これは犬にも同じ事が言えます。

犬が食中毒を起こす理由として、考えられるシチュエーションは以下の通りになります。

  • 開封済みのドッグフードパッケージを常温で放置
  • ドッグフードや手作りご飯を皿に移したまま、常温下で放置
  • 手作りご飯の調理中に細菌が混入
  • 長時間放置された、飲み水

このような感じで、犬が食中毒を起こす事が多く、これはご飯に限らず、オヤツにも同じことが言えますので注意しておきましょうね。

梅雨の時期に起こる〝ストレス〝とは?

梅雨の時期になると、雨の降る日が多くなり、犬の散歩が休みがちになりますよね。この〝散歩に行けない〝というのは、犬に以下のような影響を与えてしまいます。

  • 運動不足
    • 『なんで、僕と遊んでくれないんだろう』と一人遊びでゴロゴロして終わる日々
  • 脳への刺激不足
    • 『これは何にかな?』と犬が五感(ごかん)を使って、得る情報が足りない
  • 飼い主とのコミュニケーション不足
    • 『暇だなぁ・・誰も相手してくれないや』と室内で、一人寂しく終わる日々

犬は散歩中に上記の3つを得る事で、ストレスを日々発散しています。しかし散歩に行けない雨の日は、これらの原因が理由となり、犬の身体にストレスを与えますので、注意しておく必要がありますね。

梅雨の時期に起こる〝身体の冷え〝とは?

梅雨の時期は気温に加えて、湿度も上がりますので犬が体調を崩さない為にも、冷房を付けてあげる方が多いかと思います。しかしエアコンの温度設定があまりにも低すぎると、犬は体を冷やし過ぎてしまう事となります。

また『冷えすぎた室内』と『気温・湿度の高い外』を、行き来する生活は犬の身体に大きな負担を掛けますので、

  • ウイルスへの抵抗力低下
  • 細菌への抵抗力低下

にも注意しておく必要がありますね。

梅雨の時期に起こる〝細菌による感染〝とは?

梅雨の時期は湿気が高い為に、細菌が多く活動しています。この細菌は食べ物などへの食中毒被害の他に、

  • 犬が口に咥えるおもちゃ
  • 犬の歯磨きに使用する、歯ブラシ・指サック
  • ベッドや毛布
  • 湿気を含んだ被毛
  • 生乾きの被毛
  • 地面と接触する肉球

にも、付着し繁殖する恐れがありますので、犬が細菌の繁殖したものを

  • 口に含んでしまう
  • 舐めてしまう

と、犬の体内に細菌が入り込んでしまい、嘔吐や下痢などの体調を崩す原因となりますので、注意しておく必要がありますね。

では、各項目毎の対処法とは一体何なのでしょうか?以下にまとめてみましたので、是非参考にしてみて下さいね。

梅雨が原因の症状を解消する方法とは?

食中毒の対策方法はコレ!

犬が食中毒にならない為の方法は、以下の通りになります。

  • 1)開封済みのドッグフードは冷凍庫に保存
  • 2)手作りご飯を調理する際は、必ず手をしっかり洗う
    • 調理中は不用意に冷蔵庫などには触れず、手への細菌付着を避ける
      • ビニール手袋をする・冷蔵庫などを開け閉めする時は手を洗う
    • 生肉や生魚に触れた手で、不用意に周りの物へ触れない
      • 生肉などには細菌が多く潜んでいる為
  • 3)ご飯の常温放置を避ける
    • 犬にご飯を食べさせて、残すようならすぐ捨てる
      • 常温下にご飯を出す時間を極力短くする
  • 4)飲み水は一日数回以上取り換える
    • 2~3時間に一回など
  • 5)ごはん皿などは洗ったら、すぐに水気をふき取り保管しておく

犬の食中毒を防ぐ基本は、〝細菌を繁殖させない・付着させない〝事が大切。上記のような衛生管理さえしっかりと行っていれば、食中毒を防ぐことが出来ますので、日頃から衛生面には気を配っておきましょうね。

スポンサーリンク

ストレスの対策方法はコレ!

犬にストレスを溜めさせない方法は、以下の通りになります。

  • 家の室内で、犬と一緒に遊ぶ
  • 室内ドッグランの利用

室内で犬と一緒に遊んであげると、散歩に近い効果を犬に与える事が出来ます。梅雨の時期は室内で犬と遊ぶ事が多くなりますので、この機会にしっかりと犬とのコミュニケーションを取って、信頼関係を築き上げましょうね。しかし、遊ぶと言っても、その遊び方が分からないと飼い主も困りますよね。

そこで、犬との室内での遊び方について、知りたい方は是非、下のリンクを参考にしてみて下さいね。

身体の冷えの対策方法はコレ!

犬の身体の冷えを対策するには、まずエアコンの温度設定を見直す必要があります。梅雨の時期の基本的なエアコンの温度設定は、

  • シングルコートの犬種
    • 冷房・除湿モード:25℃前後
  • ダブルコートの犬種
    • 冷房・除湿モード:23℃前後

となります。しかし犬によって感じる温度は多少異なりますので、

  • 飼い主が犬の耳やお腹に触れてみる
  • 冷たいと感じたらエアコンの温度を上げる
  • 熱を持っているなと感じたら、エアコンの温度を下げる

という感じで、一定の間隔(1時間に一回など)で犬に触れて、体温を図ってみると良いかと思います。

また梅雨の時期に、犬が快適と感じるエアコン温度について、知りたい方は以下のリンクを参考にしてみて下さいね。

細菌による感染の対策方法はコレ!

犬が細菌を含んだ〝物〝や〝自身の身体〝を口に咥えたり、舐めたりして、感染しない為に行っておきたい対策は以下の通りになります。

  • 湿気や水分を含んだ、被毛・肉球周りをしっかりと乾かす
  • 口に咥える物は種類によって、熱湯処理・天日干し・洗濯を行う
  • ベッドや毛布は、定期的な洗濯と天日干しを行う

これら方法に加えて、室内に溜まった湿気と細菌を減らす事も、犬への感染リスクを減らす対策となります。

室内の湿気と細菌を減らす方法はコレ!

  • 天気の良い日に換気を行う
  • 換気扇を回して、湿気を取り除く
  • エアコンと扇風機を活用して、室内の空気を循環(じゅんかん)させる
  • 空気清浄機の活用
    • 除湿機能+細菌を滅菌するタイプも販売されていますよ!

上記の中でも、特に空気清浄機の活用が、湿気と細菌に対して、とても有効的とされています。

スポンサーリンク

最後に:犬が梅雨の時期に体調を崩す原因と対策をまとめてみました

犬が梅雨の時期に、体調を崩す原因と症状はコレ!

  • 食中毒
    • 嘔吐・下痢・食欲不振
  • ストレス
    • 嘔吐・下痢
  • 身体の冷え
    • 下痢・食欲不振
  • 細菌による感染
    • 嘔吐・下痢・食欲不振

梅雨の時期は、湿度が原因となる細菌感染リスクの他に、ストレスやエアコンの効き過ぎによる、犬の体調不良もありますので、日頃から『室内全体の衛生管理』と『犬の体調管理』には気を配っておきましょうね。

体調を崩させない為の対策法はコレ!

  • 食中毒の対策
    • 開封済みのドッグフードは冷凍庫に保存
    • 手作りご飯を調理する際は、必ず手をしっかり洗う
    • ご飯の常温放置を避ける
    • 飲み水は一日数回以上取り換える
    • ごはん皿などは洗ったら、すぐに水気をふき取り保管しておく
  • ストレスの対策
    • 家の室内で、犬と一緒に遊ぶ
    • 室内ドッグランの利用
  • 身体の冷え対策
    • 飼い主が犬の耳やお腹に触れてみる
    • 冷たいと感じたらエアコンの温度を上げる
    • 熱を持っているなと感じたら、エアコンの温度を下げる
  • 細菌による感染
    • 湿気や水分を含んだ、被毛・肉球周りをしっかりと乾かす
    • 口に咥える物は種類によって、熱湯処理・天日干し・洗濯を行う
    • ベッドや毛布は、定期的な洗濯と天日干しを行う
    • 天気の良い日に換気を行う
    • 換気扇を回して、湿気を取り除く
    • エアコンと扇風機を活用して、室内の空気を循環(じゅんかん)させる
    • 空気清浄機の活用

また、洗濯物の室内干しは湿度が高まりやすいので、出来る限り避けておきましょうね。湿度対策として、除湿剤などが湿気を取り除くのに、便利なアイテムですので、是非有効活用してみて下さいね。


またね(*‘ω‘ *)

コメント

error:Content is protected !!