犬と梅雨の季節は室内遊びで過ごそう!楽しい過ごし方を紹介!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

梅雨の季節は、雨が降り続く事で、犬の散歩が休みがちになりますよね?この記事では、散歩に行けない事で溜まりがちな、わんちゃんのストレスを発散する、室内での遊び過ごし方を紹介しますね。また、散歩に行かないからといって何故、『犬と室内で遊ぶ必要があるのか?』についても解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。

室内で犬と遊び過ごす理由は?

ストレスを解消する為!

雨が降り続く梅雨の時期は犬が散歩を嫌がったりして、犬と室内で一日を過ごす事が多くなる季節でもありますよね。しかし、犬が散歩に行きたがらないなどの理由から、室内で犬と何もせずに過ごしてしまうと、わんちゃんは運動不足になってしまいます。それが、犬の身体にストレスを溜める原因となります。

そのストレスを解消する為に、室内で犬と遊び過ごす必要性があるのですが一体何故、犬と室内で遊び過ごす事が、散歩に行けない犬のストレスを発散する理由となるのでしょうか?

室内で犬と遊び過ごす、ストレス発散理由はコレ!

  • 運動不足の解消
  • 脳への刺激
  • 飼い主とのコミュニケーション

このように本来は散歩で賄(まかな)えていた、ストレスの原因となる3つの要素を犬との室内遊びに取り込む事で、散歩に近い効果を犬に与える事が出来るのですね。

では、犬のストレスを発散する事の出来る室内遊びの過ごし方には、一体どんな遊び方があるのでしょうか?以下にまとめてみましたので、是非参考にしてみて下さいね。

梅雨の時期に行う犬との室内遊び

手作りおもちゃを使用した遊び!

犬のおもちゃにはボールやロープなど様々な種類がありますが、犬も普段から遊んでいるおもちゃでは、以下のように感じてしまいます。

  • 見慣れたおもちゃには飽きちゃったんだよねぇ
  • 見慣れたおもちゃには新鮮味がなくて、僕には刺激が足りないよ!

このように犬が感じてしまえば、『遊ぶ気が起きないなぁ・・』とあまりおもちゃ遊びに興奮する事も無く、ストレスを発散する為の

  • 運動量
  • 刺激
  • コミュニケーション

の不足に陥る可能性も考えられます。そこで、提案したいのが私達、飼い主が犬の為に新たなおもちゃを手作りしてあげる事ですね。

個々の犬によって異なる、好みのおもちゃの形状や素材を一から作る事で、

  • 犬は普段見慣れないおもちゃへの好奇心が向上
  • 新しいおもちゃに対する遊び心をくすぐられる

これら理由から、より質の高い室内遊びを実現する事が出来るようになります。もし手作りのおもちゃに興味があるようでしたら、以下のリンクで作り方を解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。

おもちゃを使用した〝持っておいで遊び〝

〝持っておいで遊び〝は飼い主がおもちゃを少し離れた位置に投げて、犬がおもちゃを取りに行く遊びとなりますね。

持っておいで遊びの方法はコレ!

  • 1)犬を自身の目の前にお座りさせる
  • 2)おもちゃを犬に見せて『コレを持って来てね』と伝える
  • 3)おもちゃを少し離れた位置に投げると同時に、犬に対し『行っておいで』と伝える
  • 4)犬がおもちゃを持ってきたら、『良い子だね』と頭を撫でながら褒めてあげる

こんな感じで遊ぶのが、〝持っておいで遊び〝となりますが、一つだけ注意して頂きたいことがあります。これは室内で遊ぶ、犬との遊び方全般にも言える事ですが、犬が怪我をしない為に以下の対策を室内に施しておく必要があります。

  • フローリングなどの滑りやすい床で、犬が滑って怪我をしない為の対策
    • 床用ワックス・カーペットの設置
  • 家具などに犬がぶつかって怪我をしない為の対策
    • 家具を退ける・家具の側面に布団などのクッション材を被せておく
  • 階段などの段差に犬が落ちない為の対策
    • 段差がある箇所へ柵を設置する

上記の対策をしておけば、犬が興奮して室内を走り回っても怪我をする可能性が低くなりますので、事前に準備しておく事をおすすめします。

おもちゃを使用した〝引っ張り合い遊び〝

〝引っ張り合い遊び〝は飼い主と犬が互いにおもちゃを引っ張り合う遊びとなりますね。

引っ張り合い遊びの方法はコレ!

  • 1)ロープやぬいぐるみなど、犬が口に咥えて引っ張りやすいおもちゃを選択
  • 2)飼い主はおもちゃを片手で持ち、犬におもちゃを引っ張ってもらう

こんな感じで遊ぶのが引っ張り合い遊びとなりますが、この遊びは飼い主がおもちゃを引っ張り過ぎると、犬の歯が欠ける危険性もあります。その為、基本は犬がおもちゃを引っ張り、私達はそれに耐えるという感覚で遊んで頂くのが安全な遊び方となりますね。

おもちゃを使用した〝宝探し遊び〝

〝宝探し遊び〝は飼い主がおもちゃを隠して、犬におもちゃを探し出してもらう遊びとなりますね。

宝探し遊びの方法はコレ!

  • 1)犬のお気に入りのおもちゃを犬に見せつけます
  • 2)犬の目の前で、毛布や布団の中におもちゃを隠します
  • 3)犬に『良いよ』と声を掛け、毛布や布団の中からおもちゃを漁ってもらいます
  • 4)犬が毛布や布団の中から、おもちゃを見つけ出したら褒めてあげます

こんな感じで遊ぶのが、宝探し遊びとなりますね。

この遊びはサイズの小さな超小型犬などの場合、おもちゃを隠す布団が重いと、その重量感から犬が布団の中へ潜るのが少し困難となります。その為、犬が潜りやすい軽量の布団や毛布を使用するのをおすすめします。

超小型犬は薄い毛布などが適していると思いますよ。

室内で犬と〝かくれんぼ遊び〝をする過ごし方!

この犬と行う室内でのかくれんぼ遊びは、飼い主が隠れる、犬が鬼、の二手に分かれます。

犬と行うかくれんぼ遊びのルールはコレ!

  • 1)飼い主が隠れる場所は、犬が段差(階段など)を上がり下りしない場所
    • 階段などの段差は、犬が怪我やヘルニアを負う危険性がある為
  • 2)飼い主が隠れる場所は引き戸やドアを閉めた先に居ない場所
  • 3)犬が部屋中を探し回る事を考慮して、階段や台所・玄関などの危険個所は封鎖しておく
    • 拾い食いや怪我を防ぐ為
  • 4)飼い主が毛布で自身の身体をカモフラージュ(隠す)するのはOK!
  • 5)犬が動かせない、段ボールや家具で自身の身を囲い隠すのはNG!
  • 6)かくれんぼ遊び一回の制限時間は、犬が不安に感じない5分などの短い間隔で行う
  • 7)犬が見つけやすい様に、隠れた先から一定の感覚(1分程度)で犬に声を掛ける
  • 8)犬に見つかったら『おめでとう!』と褒めてあげる

我が家のポメラニアンも大好きな遊びの一つで、上記のルールは実際にわんちゃんと遊んでいる中で『犬の安全の為にも必要だな』と、私が感じた項目をピックアップしてみました。また、かくれんぼの遊び方は以下の通りになります。

犬と行うかくれんぼ遊びの方法はコレ!

  • 1)犬に『マテ』とお願いして、飼い主が隠れます。
    • マテが出来ない子の場合、自身の後を付いてくる犬を振り切って、飼い主さんが急いで隠れて下さい(笑)
  • 2)飼い主が隠れたら『良いよ!』と声を掛けスタートです
  • 3)犬が他の部屋で探している場合は、声を掛けて『私はここにいるぞ!』と伝える
  • 4)犬に見つかる・タイムアップで終了、最後は『よく頑張ったね』と褒めてあげる

また慣れてきたら長期戦も可能なのですが、初めのうちは飼い主が突然消えたことに対して、犬が『あれ・・どこいったの?お母さん?お父さん?』と不安を感じてしまう為に、犬がかくれんぼを〝遊び〝と理解するまでは

  • パッと見でも犬が分かりやすい位置に隠れる
  • 犬に対して『ここにいるよー』と短い間隔毎(30秒程度)に、隠れながら犬に対して声を掛ける

と、犬は不安を感じずに少しずつ、かくれんぼが遊びなんだなと理解するようになってきます。

このかくれんぼ遊びは犬が慣れてくると、段々と今まで私達飼い主が隠れてきた場所を、しらみつぶしに探すようなり、私達飼い主も『どこに隠れたら、あの子に見つからないんだ!?』と楽しむ事が出来ますので、梅雨の時期に犬と楽しむ過ごし方としては良いかと思われますね。

特に多頭飼いの方は、『隠れ役(飼い主)×1』に対して『鬼(犬)×複数』と圧倒的不利な状態になりますので、飼い主はより一層かくれんぼを楽しめます。

室内ドッグランに出掛ける!

梅雨の時期は家の室内で犬と遊ぶ事が多くなりますが、たまには家の限られた室内ではなく広々とした空間で、犬に思いっきり走って欲しいと感じる事もありますよね。そこでおすすめするのが梅雨の時期でも遊ぶ事の出来る〝室内ドッグラン〝です。

室内に設けられたドッグランであれば、

  • 梅雨の時期に多い雨
  • 雨でグチャグチャになった地面

を気にする必要もありませんので、たまには室内ドッグランで犬を走らせてあげるのも良いかと思われますよ。またドッグランのマナーについて、詳しく知りたいと感じる様でしたら、以下のリンクを是非参考にしてみて下さいね。

最後に:犬と梅雨の時期に室内で遊びたい過ごし方をまとめてみました

犬と室内で遊び過ごす理由はコレ!

  • 運動不足の解消
  • 脳への刺激
  • 飼い主とのコミュニケーション

このように散歩で日頃から発散できていた、犬の各ストレスの元を解消する為に、室内で遊ばしてあげるのですね。

犬のストレスを発散する、過ごし方はコレ!

  • 手作りおもちゃで行う
    • 持っておいで遊び
    • 引っ張り合い遊び
    • 宝探し遊び
  • かくれんぼ
  • 室内ドッグラン

個々の犬によって、遊びの好き嫌いはありますので、自身の犬が一番楽しめる室内の遊びを見つけてみましょうね。

また梅雨の時期は、犬の散歩に行けない、自身がお出掛け出来ない、など残念に感じますが、逆に考えれば、それだけ犬と室内で遊ぶ時間が多く取れますので『この子は一体どんな遊びが好きなんだろうか?』と、梅雨の期間は特にしっかりと犬と向き合い、コミュニケーションを図ってみましょうね。


またね(*‘ω‘ *)

コメント