犬は梅雨の留守番にエアコンが必須!?体調を崩さない為の温度設定とは?

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、犬の梅雨の時期のお留守番に何故エアコンを稼働させる必要があるのか?また、犬が体調を崩さず快適だと感じるエアコンの室内温度設定とは、何℃なのかについて紹介しますね。この他にもエアコン以外で対策しておきたい、梅雨の湿度と暑さから犬を守る方法について詳しく解説していきますね。

何故、梅雨の時期にエアコンを稼働させるのか?

犬は体温調整が苦手

これは梅雨の時期に限らず、夏の季節にも同じ事が言えるのですが、犬は人間と違い〝汗〝を書くことが出来ません。人間は体温が上がるたびに、全身の汗腺から身体の表面上に沢山の汗をかくことが出来ますよね?

この〝身体の表面上に汗をかく〝というのは、

  • 汗が身体の表面上から蒸発する
  • 体から熱を奪う

その結果、私達の体温を下げてくれるという〝気化熱〝を利用した、人間が進化する過程で手に入れた特徴の一つなのです。

では犬はどうなのか?犬が汗腺を備えている部位は、肉球と指の隙間・鼻にあるだけで私達人間のように全身に汗をかいて、体温を調整する事が出来ないのです。その為、犬はパンティングと呼ばれる〝口を開けて舌を出し、ヨダレを蒸発させる気化熱で体温を下げている〝のですね。

ただし、この気化熱を利用した体温調整には少し欠点がありまして、ヨダレを蒸発させるには空気中の湿度がある程度、乾燥している事が一つの条件となります。その為、夏の季節などの空気中の湿度が乾燥している状態でしたら、犬が行うパンティングでも多少の体温調整効果は期待できますよね。

しかし〝空気がある程度、乾燥している〝事が条件となる犬のパンティングによる体温調整は湿度の高い梅雨の時期には気化熱が起こりにくく、犬の体温調整が上手く行かない為に、体調を崩しやすい危険な時期になります。これが梅雨の時期にエアコンを稼働させる理由と犬に体調を崩させない為のポイントの一つとなります。

汗腺以外の理由でも

上記で犬は汗腺が少ない事が理由で、梅雨の時期は危険だとお話しましたが、その汗腺以外にも梅雨の時期が犬にとって危険な理由がもう一つあります。それは犬の全身を覆う被毛が原因となりますね。

犬の被毛には

  • シングルコートと呼ばれる1種類の被毛
    • 暑い地域を原産とする犬種
  • ダブルコートと呼ばれる2種類の被毛
    • 寒い地域を原産とする犬種

に分ける事が出来ます。シングルコートの犬種はダブルコートの犬種に比べ、比較的暑さに強い傾向はありますが、それはカラッとした空気中の湿度が乾燥した地域に対応した被毛であり、梅雨の季節などの湿度の高い気候に対応した被毛ではありません。

またダブルコートの犬種は

  • 下毛のアンダーコート
  • 上毛のオーバーコート

に分かれており、アンダーコートは寒い地域でも犬が体温を下げる事の無い様に進化した被毛で、その特徴は犬の体温を逃さない為に細かな被毛が密集している事にあります。

このことからダブルコートの犬種は

  • 被毛に熱が溜まりやすい特徴
  • 被毛に湿気を含みやすい特徴

が、ある為にシングルコートよりも梅雨の季節は危険だと言われていますね。犬は汗腺も少ない上に身体全身に毛を纏っているのですから、人間よりも暑さに弱いのは当然ですね。

これらの理由から梅雨の季節は犬が体調を崩す危険性があると言われ、私達が犬の様子を監視出来ない、犬単体の留守番時にエアコンが必要となる訳なんですね。

では梅雨の時期の留守番で、犬が体調を崩さない快適と感じるエアコンの温度設定とは何℃なのでしょうか?下記にまとめてみましたので見ていきましょうね。

犬が梅雨の時期に快適だと感じるエアコン温度とは?

初めに少し注意して頂きたいのですが、ここで紹介するエアコンの温度は一般的家庭における平均温度設定となります。その為、住む地域(東北や九州など)や住宅の構造(1LDKや3LDK)またはエアコンの設置個所などによって、犬が快適と感じるエアコンの温度に多少の誤差が出てきてしまいます。

なので、ここで紹介するエアコンの温度は〝あくまで目安〝とし、この温度から自身の環境を考慮した上で、さらにエアコンの温度を愛犬が過ごしやすい気温にまで上げ下げしてみて下さいね。

梅雨の時期のエアコン温度設定はコレ!

梅雨の時期の留守番で犬が快適と感じる、エアコン温度設定は以下の通りになります。

  • シングルコートの犬種
    • 冷房・除湿モード:25℃前後
  • ダブルコートの犬種
    • 冷房・除湿モード:23℃前後

エアコンの温度設定で悩まれた時に一番判断しやすいポイントは、私達飼い主が〝少し肌寒いと感じるエアコンの温度〝に設定すること。これが、犬にとって快適な室内温度となりますよ!

また犬が梅雨の時期に、

  • 体調を壊し
  • 熱中症になりやすい気温
  • 熱中症になりやすい湿度

は以下の通りになります。

梅雨の時期に犬が熱中症になりやすい気温と湿度の基準値はコレ!

  • 気温22度で湿度60%以上

室内温度が上記の値を超えている場合は、犬が熱中症になり体調を崩すリスクが高くなりますので、エアコンを稼働させるなどの対策が必要になってきますね。

私がポメラニアン達の為に設定しているエアコンの温度はコレ!

参考までに、3LDKの我が家で私がポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝に設定しているエアコンの温度は以下の通りになります。

  • 冷房モード:23℃・風速自動または風速2(5段階の内)
  • 除湿モード:21℃・風速2(5段階の内)

このエアコンの温度設定に加えて、さらにわんちゃん自身で体温調節できるように、身体を冷やす為の冷感グッズと、エアコンで冷え過ぎてしまった身体を暖める毛布も用意しています。また、我が家はポメラニアン達が常に快適に過ごせるように、1年を通してエアコンを稼働させ続けています。

ではエアコンを稼働させ続けると一体どのくらいの金額が掛かるのか?参考までに以下でまとめてみました。

  • 春場の電気代平均:1万2千円
  • 夏場(梅雨も含む)の電気代平均:2万6千円
  • 秋場の電気代平均:1万8千円
  • 冬場の電気代平均:7千円~8千円前後

これらはエアコンの電気代以外も含まれていますが、ポメラニアンはスピッツ系の寒さに強い犬種ですので、冬の寒い季節は暖房の温度をそれほど上げずとも快適に過ごしています。その為、冬場の電気代がエアコンの稼働が少ない基準となりますので、梅雨の時期は2万円近くエアコンの電気代が掛かると予想しておくと良いでしょうね。

上記の電気代を見て、金額が高いと思われるかも知れませんが、わんちゃんの命に比べれば安いものですね。ただし、地域や犬種によってはエアコンの稼働率も下がりますので、1年中毎日エアコンを稼働している我が家よりは電気代が下がるかと思われますね。

では、最後に犬の体調を崩させない為にも、梅雨の時期には欠かせないエアコンに万が一、トラブルが発生した場合に備えておきたい、トラブル時の対策について紹介しますね。

留守番時に起こるトラブルの為に暑さ対策を!!

停電でエアコンが稼働しない!?

梅雨の時期はゲリラ豪雨や台風などの災害が起きやすい季節でもありますよね。この災害が原因で停電した場合、犬の留守番時の生命線であるエアコンの稼働が止まってしまいますよね。この時、室温の気温が22℃で湿度60%を上回っていると、犬は常に熱中症の危険に晒されている為、とても危険な環境下に居ると判断しておく必要がありますね。

さらに飼い主が仕事などで長時間いない場合は、それだけ犬が熱中症になるリスクが高まっているので体調を崩すどころか最悪の場合、死に至る危険性も考えられます。その為、エアコンが停電などで止まった時の状況も考慮した上で、犬の留守番環境を整えてあげる必要性があります。

では一体どのようにして犬の留守番環境を整えてあげるのか、以下にまとめてみましたので見ていきましょうね。

水を何個も設置!!

水は水分補給だけではなく、体の内側から体温を冷ます事が出来ますのでエアコンの停電時には非常に重要な役割を果たしてくれます。

さらに水を複数設置する事で、

  • 犬が水の器をひっくり返してしまった
  • 犬が水を大量に飲んでしまった

などのような場合に対応出来ますので、梅雨の時期の留守番時にはお水を複数設置しておくように心掛けておくと良いですよ。

また、家の中を犬が自由に移動できる様にしている場合は、部屋のドアが閉まってしまう事態にも備えて、各部屋に水を設置しておきましょうね。

冷感グッズの設置!

エアコンが停電で稼働しない場合、室内に冷感グッズがあるのと無いのでは、犬が暑さで体調を崩す危険度に大きな差が出てきてしまいます。冷感グッズは犬が体温を下げるのに重要な役割を果たしますので、冷感グッズは必ず用意してから犬に留守番をお願いしておきましょうね。

ただし、保冷剤を使用した冷感グッズは時間が経つにつれ、ひんやり感が薄れてしまいますので長時間の留守番にはあまりおすすめ出来ません。その為、時間経過でひんやり感が薄れる冷感グッズではなく、アルミシートやジェルシートまたは、以前私が紹介した冷感素材のグッズの使用をおすすめします。

以前紹介した冷感グッズは以下のリンクから、確認して頂くことが出来ますので是非参考にしてみて下さいね。

部屋の出入りを自由にさせる!

家の中には風通しの良い場所や、アルミ製の引き戸のレールまたは玄関先の石畳などの、犬の体温を奪う冷感グッズに近い働きをもつ素材が使用されている事がありますよね。犬は自身の体温が上がると身体を冷やそうと考え、室内の涼しい場所へ移動する習性を持っていますので、犬の留守番時は部屋を開放して自由に移動できるよう対策しておくと良いですね。

ただし部屋を開放するという事は、犬が自由に室内を物色できる環境下になりますので、犬が電気コードを噛んで感電したり、お菓子の袋を誤食して窒息するなどの事故対策をしておく必要があります。犬の室内対策については以下のリンクで詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。

最後に:犬の梅雨の留守番に必要なエアコンの温度についてまとめてみました

犬が梅雨の時期に、体調を崩さない為のエアコン温度はコレ!

  • シングルコートの犬種
    • 冷房・除湿モード:25℃前後
  • ダブルコートの犬種
    • 冷房・除湿モード:23℃前後

犬は体温を下げる汗腺が少なく、また全身を被毛で覆われている為、犬は温度調節が苦手で特に暑さに対しては物凄く弱い動物となりますので、梅雨の時期のエアコンによる温度管理はとても大切になりますよ。

犬が梅雨の時期に熱中症となり、体調を崩す温度と湿度はコレ!

気温22度で湿度60%以上

室内温度が上記の値を超えている場合は、犬が熱中症になり体調を崩すリスクが高くなりますので、エアコンを稼働させるなどの対策が必要になります。また、温度計などを室内に設置しておくと、犬が体調を崩す前にエアコンで調整出来ておすすめですよ。

留守番時に停電でエアコンが稼働しない場合の対策はコレ!

  • 水を複数設置
  • 冷感グッズの設置
  • 涼しい場所に犬が自ら、移動できるよう室内の出入りを自由にする

エアコンが停電で稼働しなくなった場合は、室内の温度が急上昇しサウナのような状態になる恐れもありますので、上記の対策はあくまでも最低減の対策であり、一番の対策は飼い主がお出かけ先・仕事先からすぐに帰宅する事です。その為、上記の対策をしているからと安心するのではなく、如何に早くわんちゃんの下へ帰れるかを常日頃から考えておくと良いかと思われます。


またね(*‘ω‘ *)

コメント