犬がクッションの上で暴れる?ふみふみして遊ぶ・掘るわんちゃんにおすすめのクッションはコレ!

こんにちわん(`・ω・´)ポメラニアンの多頭飼いブログだよ!

数日前、ニトリで人間用ビーズクッションを購入したのですが、コレが我が家のポメラニアン達に好評であった為に少し紹介したいと思います。

今回購入したクッションは犬がクッションの上で暴れる・掘る・ふみふみして遊ぶには十分過ぎる程の柔らかさ(ふわふわ感)とサイズ(小型犬2頭分以上)となっています。

その為、クッションが大好きなわんちゃんは勿論、多頭飼いのご家庭であれば複数頭の犬が同時にクッションの上で遊ぶ・寝る事も可能です。サイズの小さなクッションを購入するよりも経済的で、何より複数頭のわんちゃんが一緒のクッションで寝る・遊ぶ姿が見れるので、親としてはその光景がとても微笑ましく感じますね。

ニトリのビーズクッション〝ビーズソファ大(Nストレッチ)〝とは?

極小マイクロビーズを使用した〝犬が埋まる〝ソファクッション!

ニトリのビーズクッション〝ビーズソファ大〝は、極小マイクロビーズを内部に使用した、とてもふわふわ感のあるクッションとなっています。このビーズソファ(Nストレッチ)は表面の生地に伸縮性があり、ビーズの動きに合わせて生地が伸縮しますのでピッタリとフィットした座り心地を楽しむ事ができます。

また、ビーズソファ(Nストレッチ)は追加で専用の極小マイクロビーズ(別売り)をビーズソファへ入れる事で硬さを向上させる事が可能で、逆に内部の極小マイクロビーズを減らすと、今度はビーズソファに柔らかさを追加する事が出来るようになります。

つまり、大型犬などの体重の重い子には別売りのビーズを追加して、クッションの硬さを向上させる事で大型犬が乗ってもクッションが沈み過ぎず適度な柔らかさへ保つ事が可能となります。

また、超小型犬の場合はクッション内部のビーズを減らしてあげる事で体重が軽くても、超小型犬の体が沈む程の適度な柔らかさを持ったクッションへ変化させる事も出来ますね。

この商品自体は、本来人間用となりますので犬がクッションの上で掘る・暴れる・ふみふみして遊ぶなどの行動を起こした際に、犬の爪が原因でクッションが破れる可能性も考えられますので、必ず専用カバーを付ける事を強くおすすめします。

特に大型犬や中型犬は引っ掻く力が強いのでカバーの装着は必須になるかと思います。

ただし、今回ビーズソファを購入するにあたって私はカバーを買わずにニトリから持ち帰ったのですが、一つ分かったことがあります。

このビーズソファは専用のカバーを装着する事で本来の持ち味である『クッションが沈みながら体にフィットする仕様』となっているようです。

ニトリでカバー付きの同商品を試した感覚と、自宅でカバー無しのビーズソファに座った感覚の違いは以下の通りになります。

  • カバー付き
    • 人間が座った際は体が綺麗にフィットして包まれる感覚
    • 犬(小型犬)だと、フワフワ感はあるものの沈みはしないかな?と言った印象
      • 予想ですが、カバー自体に少しハリがある為、体重の軽い犬は少し沈みにくいかも知れませんね。とは言え、柔らかさは十分にある為それほど問題はないのかな?
  • カバー無し
    • 私(体重55kg:オス)が乗ると、クッションが沈み過ぎて身動きが取れなくなる
      • 体がクッションへ沈み過ぎて立ち上がりにくい
    • 犬(小型犬:ポメラニアン:体重5kg)では、体全体が軽く沈み、動く度に足がクッション内部へ沈んでいく
      • 雪の中で埋もれながら遊ぶ犬をイメージして頂くのが、一番分かりやすいかな(笑)

では、実際にニトリで購入したビーズクッションの上で寝転がる、我が家のポメラニアン〝そら〝と〝あめ〝を見て頂き、このクッションの大きさと沈み具合がどんなものか参考にしてみて下さいね。

ビーズクッションの上で寝転がるポメラニアン達

犬がクッションの上で掘る・暴れる・ふみふみして遊ぶには十分な性能!

我が家のポメラニアン達は一般的平均サイズよりも大きい〝デカポメ〝と呼ばれるわんちゃんなのですが、このビーズクッションの上では少し小さく見え・・・・る?

↓クッションに埋まったポメラニアンの〝そら〝

(そろそろ肉球の毛を刈る時期が来たようだな・・・)

↓クッションをふみふみして形を整える〝あめ〝

足が見事にクッションへ埋まっていますね(笑)

↓クッションを掘る事が大好きな〝あめ〝は、ビーズクッションを掘るものの段々と身体クッションへ沈んでいき

結果、頭だけがクッションから出て、体が沈んでいった(笑)

〝あめ〝はこのビーズクッションが柔らか過ぎるためか、上手くクッションの上で暴れる・掘る・ふみふみして遊ぶ事がままならない様子。

あめ『解せぬ』

しかし、ポメラニアンの兄貴分〝そら〝は〝あめ〝以上のクッション好きもあってか、クッションへの扱いがとても上手い。

たまにクッションへ沈み過ぎて、ひっくり返った亀さん状態になるがご愛嬌。

上手くクッションで寝転がっていても徐々に沈む〝そら〝

しかし身体にフィットするのか、もともとクッション大好きっ子の〝そら〝は身体が沈もうが気にしない。

このクッションはカバーを付けていないからか、人間よりも体重の軽いポメラニアン達ですら兎に角沈みます。

その為、クッション上で掘る・暴れる・ふみふみして遊ぶとポメラニアン達の足が沈んでいき、その度にクッション上でジャンプしてクッション内部へ沈むのを逃れようとするのですが、どうしてもその光景が深く雪が積もった雪原でジャンプしているウサギにしか見えない(`・ω・´)

たまにポメラニアン達がビーズクッションへジャンプして飛び乗るのだけど、このクッションはとても沈みやすい為、勢いのついたジャンプによる着地は

  • 1)クッションへ着地した前足が沈む
  • 2)前足が沈むと同時に顔がクッションへ衝突
  • 3)上半身がクッションへ埋まっていく
  • 4)おけつだけがクッションの上に残る
  • 5)クッションから逃れようと、暴れる=お尻がプリプリ動く
  • 6)結果:飼い主が愛犬の可愛さのあまり悶える

今までいろんなサイズや形のクッションを購入してきましたが、このクッションはその大きさから少し場所を取る以外ではとても良い商品だなと感じましたね。

↓我が家のクッションの一部

↓妻とポメラニアン達の間で取り合いが起きるニトリのモチモチクッション。

最後に:犬へ送るクッションの選び方について

わんちゃんと長年暮らしていると、どうしてもクッションが廃れたり、穴が開いて新しい物を購入する事になりますよね。

しかし、長年わんちゃんと生活しているとペットショップで販売されているクッションの一部があまりにもぼったくり(人間用と比較してクッションの性能が悪いにも関わらず価格が高い)な商品が多い事に気づくようになります。

これはメーカーによるので全ての商品が悪いとは言いませんが、犬に対して販売されているクッションと人間用のクッションではあまりにも性能差(柔らかさ・風通しなど)が違い過ぎる_:(´ཀ`」 ∠):

『犬の商品は犬(体重など)に合わせているから人間用とは違って当然!』と感じる方も居るかも知れませんが、わんちゃんもペット用品より人間用のクッションを好む傾向が強いように感じます。(我が家のポメラニアン達を観察した結果)

私がこれまで様々なクッションを購入してきた中で分かったのは、個々の犬によってクッションの硬さやサイズ感、または生地表面の触り心地に好みがある事です。

その為、ペットショップのような一定の性質(多少の柔らかさによる違いなど)があるクッションではなく、様々な硬さやサイズ、生地などを選択できる人間用の方が個々の犬によっては喜んでくれるかも知れませんね。

特に大型犬は人間の子供・女性に近い体重や大きさをしていますので、より一層人間用のクッションなどがピッタリなんじゃないかな?と思います。

また小型犬は人間用の子供用クッションやベビークッションなどが、小型犬のサイズや体重にピッタシですよね。

このように犬のクッション選びは何もペットショップだけで済ます必要はなく、ベビー用品店や家具量販店(ニトリなど)のお店で愛犬が好みそうな種類を購入してみるのも一つの手ではないのかな?と感じます。

なんたって、ペットショップの犬用クッション買うよりも人間用のクッションを購入した方が性能が良く、物によっては価格帯が半額程度の時もありますからね(笑)

もし、わんちゃんにクッションを購入する予定があるのでしたら、まずは愛犬が好むクッションのサイズ・形・硬さ・生地を把握した上で、ペットショップと家具量販店の両方を見に行ってクッションの性能を比べてみると良いですよ。

また、犬がクッションの上で掘る・暴れる・ふみふみして遊ぶ事も考慮してみると良いですね。

ちなみに私のオススメはニトリ一択です。

理由は以下の通りになります。

  • ペット用ベッドがある
  • サイズの小さい子供用ベッド・クッションがある
  • 様々なクッション(柔らかさ・大きさなど)の種類がある
  • 兎に角、価格が安い
    • クッションは〝消耗品〝である事を考慮する
  • 季節に合わせた素材を生地に使用している(夏であれば接触冷感など)

他にもニトリを私がおすすめする理由としては、私の住む地域にクッションなどを多く取り揃えているお店が無いから(笑)←田舎の地方住みなの_:(´ཀ`」 ∠):

まぁつまるところ、犬へのクッションはペット用と人間用の両方を比べた上で購入するのが愛犬が喜ぶクッション選びになりますよって事です(`・ω・´)


またね_:(´ཀ`」 ∠):ポメラニアンの多頭飼いブログでした!

コメント