タバコの被害による犬の症状とは?タバコの煙で引き起こされる悪影響はコレ!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

タバコが愛犬に与える〝悪影響〝とは、一体どの様な症状なのでしょうか?今回はタバコの煙(副流煙)の危険性などについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

愛煙家の方は愛犬へもたらす悪影響や症状について特に理解しておこう

タバコを吸う時は周りの人だけではなく愛犬にも気をつかってね

ここ最近はタバコの禁煙化や値上げなどが頻繁に起こっており、私達愛煙家は迫害を受けつつあります。(´・ω・)<タバコを嫌う理由もわかるけどさぁ・・・

さて、タバコは吸っている本人に悪影響を及ぼすのは勿論、周りのタバコを吸っていない人達にも〝副流煙〝が行き届くことで、知らずのうちに悪影響を与えています。

この副流煙による受動喫煙の悪影響は人のみならず、犬などの動物にも被害が及ぶ為、犬と暮らしている方は、タバコの取り扱いに注意しておかないと愛犬が〝ガン〝などの病気を患う危険性があります。

では愛煙家の私達は、愛犬と暮らす上で一体どうすれば良いのでしょうか?

一番はタバコを止めるのが良いのでしょうが、実際はそう簡単にはいきませんよね。

そこで、今回は愛煙家でもある私が実践している『愛犬へ悪影響を与えずにタバコを吸う方法』についても最後の方で少し紹介させて頂きます。

では、タバコが愛犬へ与える悪影響と症状についてから見ていきましょう。

そもそも主流煙と副流煙の違いって何?

主流煙と副流煙には危険性の違いがあった

主流煙とはタバコを吸っている本人の体に入る煙の事で、副流煙とはタバコの火種部分から出る煙の事を指します。主流煙がガンなどの病気にかかりやすいのは勿論の事ですが、実は主流煙よりも周りの空気中に広がる副流煙の方が癌などの病気になりやすく、身体に一番悪影響を与える原因となっています。

副流煙は主流煙と比較すると〝約3倍近くのニコチン量〝が含まれており、〝約2~130倍近くの発がん性物質(ガンを誘発する)〝を含んでいると言われています。

その理由として、タバコを吸う人間はフィルターを通して、危険な成分を多少なりとも除去してから主流煙を身体へ取り入れるのですが、タバコの先端から出る副流煙はフィルターを一切通りませんので、悪影響となる成分が100%の状態で空気中に広がってしまうからなのです。

これは電子タバコ(iQOSなど)であろうが、通常のタバコであろうが副流煙の危険性に違いはありません。

スポンサーリンク

タバコの副流煙による愛犬への影響や症状とは?

副流煙が愛犬へ与える悪影響はコレ!

タバコの副流煙による悪影響を、愛犬が受けた場合は以下の様な症状を発症します。

  • 初期症状
    • くしゃみ、咳などの呼吸器系に影響を及ぼす
  • 中症化した場合
    • 気管支炎や喘息を発症し、息をするだけでも苦しそうになる
  • 重症化
    • 肺ガンや副鼻膣ガンを患う危険性がある

初期段階では風邪のような症状をしている為、飼い主は愛犬の様子に気が付かず、見過ごしてしまうかも知れません。しかし副流煙の影響を受けた、この症状を放置してしまうと取り返しのつかない事態へ発展(重症化)してしまいます。

特に長頭犬種と呼ばれるダックスやコリーなどは、マズルが長いので副流煙と接する部分・組織が多くなる為、他の犬種に比べ副鼻膣ガンになるリスクが高くなっています。

逆に短頭犬種と呼ばれるフレブルやパグは、マズルが極端に短いので副流煙が肺まで早く届き、肺ガンになるリスクが同じく高くなっていますので注意が必要です。

副流煙の染み付いた飼い主の身体や服も愛犬にとっては危険となる

副流煙の危険性はその場の煙だけではなく、その副流煙が染み付いた〝服や身体〝にも注意を払わなくてはなりません。

その理由は犬が私達の身体や服を舐めたり、体を擦り付ける、匂いを嗅いだりと様々なコミュニケーションを取る事で、吸った時程までの悪影響はないものの、副流煙の成分を身体へ付着、又は体内へ取り入れてしまう危険性があるからですね。

副流煙以外の危険性とは?

誤食などによるニコチン中毒の症状はコレ

タバコは副流煙だけが危険である訳がなく、当然元となるタバコや吸い殻が一番危険となります。特に吸い殻は外に捨てられている事が多く、タバコを吸わないご家庭でも、外出先に吸い殻がある以上、愛犬がタバコを口にする機会は散歩をしている限り常に付き纏ってきます。

実際、タバコの匂いを嫌がる犬もいますが、逆にタバコの匂いが気になり、お散歩中にタバコの吸い殻を見つけては匂いを嗅ぎに行く子も存在しますので、散歩の際は常に愛犬の行動や周辺の地面状況を見渡しておく事をおすすめします。

また雨などが降った際は水溜りにタバコが浮いている事も多く、その水溜りにはニコチンが溶け出している可能性がありますので、見かけた際は道を避けて通る、帰宅したら必ず愛犬の足を洗ってあげる様にしておくと良いですね。

そして犬がタバコを誤食したり、ニコチンが溶け出した水を飲んでしまうと、ニコチン中毒になる恐れがあります。ニコチン中毒の症状は愛犬の身体が震えたり、今まで見たことが無いような異常ともいえる〝興奮状態〝に陥るなどと言われています。また嘔吐や痙攣などのすぐに異常だと思われる症状も確認できます。

スポンサーリンク

最後に:愛犬の為になるタバコの吸い方とは?

愛犬と暮らす上ではタバコを吸わない事が一番の理想となりますが、実際タバコを吸う人間から言わせれば、タバコはそう簡単に辞めれるものでもありません。

では、愛犬と暮らしている中でタバコを吸う場合は、どの様な事に注意すれば良いのでしょうか?

  1. 愛犬と同じ空間でタバコを吸わない
  2. 愛犬が普段通らない場所で吸う
  3. タバコ及び吸い殻・灰は、密封した容器へ捨てる
  4. タバコを吸う時は衣類へ副流煙が付着しない様に、カッパなどを着用する
    1. または、衣類を着替える
  5. 吸い終わったら、必ず手を綺麗に洗う

まず初めに当然の事ですが、タバコは愛犬と暮らす空間では危険な症状(中毒など)を引き起こさせない為にも〝絶対に吸わない〝事です。よく間違う方もいらっしゃいますが、愛犬と暮らす空間とは〝家全体の事を指す〝のであって、部屋単体ではありません。

理由は単純で部屋毎に分けても、副流煙(タバコの煙)は家全体に拡散するからです。これは換気扇の下で吸おうが、副流煙は確実に部屋全体へ広まりますので注意しておくと良いですね。

※外出先の施設・外であっても、愛犬が隣にいる場合は悪影響を与えない為にもタバコを吸わないでおきましょう。

また、家の外でタバコを吸う場合は灰が落ちる事も考慮して、愛犬が歩く事のない場所を選択する必要があります。

例えば、ベランダや庭・家の裏手などが基本となりますが、ベランダは洗濯物を干す場所(副流煙の付着の危険性)であり、庭は愛犬が外へ出て遊ぶ可能性もありますので、場合に寄ってはタバコを吸うのに不向きな場所となるかもしれません。

その為、考え方としては洗濯物を干さない場所で、愛犬が足を踏み入れない所が〝タバコを吸う場所〝となります。吸う際の衣類へのニコチン付着については、タバコを嗜む時に風向きを考えてみたり、カッパなどを着ておくことである程度、副流煙の被害を防ぐことが可能となりますので、一回一回着替えるのが面倒な方は是非試してみて下さい。


またね(*‘ω‘ *)

コメント

error:Content is protected !!