愛犬の車内留守番で起こる春特有の危険はコレ!【昼夜で異なる危険とは?】

愛犬が快適に過ごす為の季節対策

こんにちわん(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

愛犬とのお出掛けや動物病院の行き帰りなどで、道の駅などの出掛け先特有のお店や、スーパーなどの食材の買い出し等で、愛犬を車内でお留守番させてしまう事は無いでしょうか?

夏や冬などの季節は、人間でも〝暑い〝・〝寒い〝と感じる為、愛犬を車内に放置したら『熱中症や低体温症になってしまう』と、自身の体感温度から危険性について意識が向きやすいのですが、

春の季節に愛犬を車内で留守番させた時、させる予定である場合『春の車内留守番においての危険って何だろうか?』と疑問に感じませんか?

春の季節はポカポカとした陽気で暖かい気候である為に、『犬も過ごしやすい季節である』と感じてしまうかも知れません。

しかし、実はその〝人間が過ごしやすい〝と感じてしまう気候・気温こそが〝1番の危険〝となります。

その理由は気温・気候に対して〝さほど意識が向かない事〝と、愛犬に対して〝大丈夫だろう〝といった慢心が生まれるからですね。

では、春の車内留守番において危険となる、愛犬の身に起こる被害とは一体どの様なものなのでしょうか?

春の車内留守番で考えられる春特有の危険は以下の3つ。

  1. 低体温症
  2. 熱中症
  3. 昼夜で異なる寒暖差

では何故、春の時期に冬や夏と同じ危険性が付き纏うのかを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

愛犬の車内留守番で起こる春特有の危険はコレ!

春の時期は一般的に3月〜5月の期間の事を指し、3月は積雪の残る寒い気温であることが多く、5月は夏に向けてポカポカとした暖かい陽気となっています。

そして3月と5月の中間である4月頃は気温の変わり目となり、地域によって気温が変化するタイミングが異なります。

春の車内留守番における危険その1:犬の低体温症

3月〜4月頃は地域によって積雪が残っている事も多く、外気温も真冬ほどでは無いにしろ、身体の芯から冷えるような寒さが続いています。

そんな寒い春の時期に、愛犬を車内で留守番させてしまうと、留守番時間が長ければ長い程、車内気温が低下していき、早い段階で外気温に近い温度にまで下がってしまう恐れがあります。

低い温度下におかれた愛犬は、徐々に体温を奪われてしまい、一定の体温を失ったタイミングで低体温症を引き起こしてしまいます。

特に注意したい愛犬の特徴は、

  • 冬の時期を暖かい室内で生活してきた室内犬
  • シングルコートの犬種(プードルなど)
  • 老犬や子犬

などで、上記に当てはまる愛犬は〝寒さに弱い〝又は、〝寒さに慣れていない〝事が考えられ、ダブルコートの成犬や室外犬と比べ、寒さへの抵抗が弱い事から低体温症に掛かりやすいと言えますね。

その為、いくら春になったとは言え、3月中や4月中頃までは寒い日が続きますので、出来る限り車内留守番させる事は控えておくと良いですよ。

スポンサーリンク

春の車内留守番における危険その2:犬の熱中症

4月中頃から5月以降になると、外気温が暖かくなり過ごしやすい気候となるのですが、ココにも大きな落とし穴があります。

本来であれば4月から5月程度の〝気温のみ〝であれば、犬が熱中症を患うこともないのですが、この時期は、

  • 寒い気温から暖かい気温に変化したばかりで、
    • 犬の身体が暖かい気温に慣れていない、順応していない
    • 気温の変化に身体が追い付いていない
  • ダブルコートの犬種は夏に向けた換毛期を終えていない
    • 冬の寒さに強い、モコモコとした暖かい被毛を備えたままである
    • ちょっとした暖かい気温が冬毛のせいで暑く感じる(体温が上昇しやすい)
  • 密閉された車内空間は熱が篭りやすく、外気温より気温(車内温度)が上がりやすい

といった理由から愛犬が熱中症を患いやすくなっています。

特にダブルコートの犬種は『換毛期の有無』+『気温の変化による身体の順応不足』+『外気温を超える車内温度の上昇』の3段攻撃を受けますので、ほぼ間違いなく熱中症を引き起こしてしまうでしょう。

熱中症は素早い処置を行わないと、生死に関わる問題となりますので、この時期からの車内留守番は、『出来る限り』ではなく、確実に控えておきましょう。

どうしても車内で留守番させなくてはならない場合(本来はあってはならない)、必ず大人の人間1人以上を犬とセットで置いておく事をおすすめします。

春の車内留守番における危険その3:昼夜で異なる寒暖差

春の季節は3月〜4月の低体温症と、4月〜5月の熱中症といった時期特有の危険の他に、春の季節は1日毎で昼夜の寒暖差が異なる特徴を持っています。

昼の時間帯が暖かく過ごしやすい気温であったのに対し、夜になった途端、急激に身体が冷えるような冬に近い外気温になる事があります。

その為、外気温の影響をモロで受けやすい車内留守番を昼から夜の狭間で行ってしまうと、犬は気温の変化について行けず、自律神経の不調などから体調を崩してしまう可能性が考えられます。

また気温の変化で体調を崩すだけではなく、+で低体温症や熱中症にまで襲われてしまうと、かなり危機的状況(生死の危険)となり、動物病院での治療が必要不可欠となります。

その為、車内留守番をさせる時は『昼なら昼』、『夜なら夜』と、しっかりと時間帯を把握して寒暖差の影響が及ばない様、注意しておくと良いですね。

※車内留守番は行わない事に越した事はありません。

(`・ω・´)<私もよく見かけるけどさ、車内〝留守番〝というより、放置だよね。あれは

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾<愛犬の車内放置、ダメ、絶対。←ポスターでこんな文言あるよね。

スポンサーリンク

最後に:『愛犬の車内留守番で起こる春特有の危険』以外にも・・・?

今回は『愛犬の車内留守番で起こる春特有の危険』について紹介しましたが、季節性による車内留守番よりも、さらに危険な事件が1年を通して起こっている事をご存じですか?

スーパーやコンビニ

高速のパーキングエリア←特に多い

道の駅などなど、

これらの場所で行う車内留守番では毎年、飼い主の居ない隙を狙って犬が何者かに攫われてしまう事件が報告されています。

そしてほとんどの確率で愛犬が自身の下に帰ってくる事はありません。

熱中症や低体温症などは重度の症状でない限り、治療を施して、また愛犬の元気な姿を見る事ができます。

しかし、一度攫われてしまったら愛犬の元気な姿を一生見られないのかも知れないのです。

大切な我が子を守るために出来る最善の手とは何か?

愛犬を危険から遠ざける為の思考・配慮が出来ているのか?

今一度、考え直してみましょう。

私は愛犬と笑顔で過ごす日常しか望んでいません。

その為にできる事を考え、行動に移しましょう。

もし車内留守番を行う理由が、心疾患やてんかん等で『愛犬と出来る限り、近い位置に居たい』とするのであれば、

  • 食材は宅配サービスを利用する
  • 日用品はホームセンターなどの愛犬と入れる場所のみで行う
  • 買い出し中は動物病院へ預けておく
    • 内服薬等をもらうタイミングで預けるのがベスト
    • 内服薬が切れるまでの期間分をまとめ買い(食材など)しておく

といった対策で留守番の危険を減らす事ができますよ。

私も同じ経験(愛犬の唐突な発作への対応)がありましたので、愛犬の側に居たいとする気持ちは痛いほどわかります。

だからこそ、愛犬と離れない為の方法とは一体何なのか?をよく考えてみましょう。

(`・ω・´)<食材の宅配サービスは価格が割高なのが残念だけど、定期的に送って貰えるし文句はないよね。


またね(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

コメント

error:Content is protected !!