犬とのキャンプで予防接種が必要な理由はコレ!ワクチンの種類が増加する事で起こる危険性とは?

こんにちわん(`・ω・´)

この記事では、犬連れのキャンプにおいて必要となる予防接種の種類と、その理由について紹介しますね。そして予防接種の種類(混合ワクチン)が増加する事で起こる、愛犬への負担と危険性についても解説していますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

犬とのキャンプで予防接種(ワクチン)が必要な理由とは?

ワクチン(予防接種)の種類は大きく分けて二つの種類がある

まず、犬のワクチンには法律で義務付けられている〝狂犬病予防接種〝と、全ての犬に対して接種しておく事を強く勧めている〝コアワクチン〝があります。狂犬病予防接種はコアワクチンの一つであり、コアワクチンとは別に飼い主の任意で摂取する〝ノンコアワクチン〝と呼ばれる種類が存在します。

コアワクチンとは飼育環境や、地域関係なく、いつ何処で病気に感染するか分からない死の恐れもある危険な病気に対するワクチンの事です。

そしてノンコアワクチンとは特定の飼育環境や、地域で流行しやすい感染リスクのある病気に対して必要となるワクチンとなります。

コアワクチンとノンコアワクチンの種類は以下の通りです。

  • コアワクチン
    • 狂犬病(義務)
    • ジステンパー
    • 伝染性肝炎
    • アデノウイルス2型感染症
    • パルボウイルス感染症
  • ノンコアワクチン
    • コロナウイルス感染症
    • パラインフルエンザ
    • レプトスピラ感染症(4種)

犬の予防接種は狂犬病ワクチンを除くと、10種類近くものワクチンが存在します。

全ての犬に対し予防接種が勧められているコアワクチンが4種、特定の地域・生活環境において勧められているノンコアワクチンが6種となっています。

そして、これらワクチンを合わせたものを混合ワクチンと呼び、2種〜10種程度のワクチンを獣医師と相談の下、飼い主が愛犬に適した種類を選択します。しかし、混合ワクチンの内容(何のワクチン同士を合わせてあるかなど)は製薬会社や動物病院によって異なりますので、個々で掛かり付けの動物病院にて確認しておく必要があります。

では、犬連れのキャンプにおいて必要とされる予防接種の種類とは、一体どれになるのでしょうか?

犬連れキャンプに必要な予防接種はコレ!

犬連れキャンプに必須ともされるワクチン。

それは〝レプトスピラ感染症〝の予防接種です。

レプトスピラ感染症は主に、野生動物やネズミなどのげっ歯類の他に、家畜(牛・馬・豚など)、ダニ・ノミに寄生している寄生虫の尿から感染します。これら対象はキャンプ場の様な自然豊かな場所に多く生息しているので、レプトスピラ感染症の感染リスクがとても高いと言えますね。

また野生動物のフン・尿は川に流れている事も多いので、愛犬と川遊びする場合はレプトスピラ感染症の予防接種は必須とも言えます。症状としては軽度なものから、肝炎・腎炎などと言った重症を患う事もあり、この病気は人間にも感染する可能性の高い人畜共通感染症となっています。

そしてキャンプなどの自然豊かな場所の他に、ネズミが発生しやすい都心部でもレプトスピラ感染症に掛かる恐れがあります。また都市部では多数の発症例も確認されているとの事ですので、キャンプに出掛けないからと言って安心する事は出来ません。

その為、自身の住まう地域ではレプトスピラ感染症の予防接種が必要なのかどうか?の判断を獣医師としっかり話し合う必要があります。

スポンサーリンク

ワクチン(予防接種)の種類が増加する事で起こる危険性とは?

副作用(ワクチンアレルギー)とアナフィラキシーショックについて理解しておこう!

一般的に犬のワクチンは、4種〜6種の混合ワクチンを基本としている飼い主さんが多く、我が家も愛犬達には4種の混合ワクチン(予防接種)しか受けさせていません。

しかし、キャンプなどの自然豊かな場所へ出掛ける場合は、野生動物などによる感染リスクも考慮しなくてはなりません。その為、私の掛かり付けの獣医師さんは混合ワクチンを打つ際に『これから1年先の間に山などへ出掛けるのであれば、8種以上の混合ワクチンを私は勧めています』と、感染リスクを考慮した上で、自身の生活環境に合わせたワクチンを選択させて頂けます。

基本的には6種以下の予防接種にはレプトスピラ感染症ワクチンが含まれてはなく、8種以上からレプトスピラ感染症ワクチンが含まれる様になる、レプトスピラ感染症の血清型が追加されていく、と考えておくと良いですね。

その為、キャンプなどのアウトドアでは8種以上の予防接種が愛犬を感染症から守るために必要となります。

しかし、ここで注意しておきたいのが、混合ワクチンの種類が増加したことによる、愛犬への副作用です。

予防接種による副作用(ワクチンアレルギー)は以下の通りです。

  • 顔が腫れる(血管浮腫)
    • 目の周り
    • マズル周り
  • 蕁麻疹
  • 発熱
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 元気消失
  • 食欲不振
  • フラフラする
  • 注射部位の疼痛・硬結・腫れ
  • 体が赤っぽく変色するなど

予防接種による副作用は個々の体質や、年齢的問題などによる為、全ての犬が副作用を引き起こす訳ではありません。また、今までの予防接種では副作用の問題の無かった子が、唐突に今年の予防接種から症状を引き起こす様になったなんて事もあります。

上記リストの症状は、犬へのストレスによる負担や、激しい運動によって発生しやすく、症状が重くなる事もあります。その為、犬へストレスの掛かりやすい行動(注射後のお風呂・車でのお出掛けなど)や、運動(ドッグラン・長距離の散歩など)は注射後の数日間は出来る限り控えておくと良いですね。

また、注射日前日の行動による愛犬へのストレス負担も影響してきますので、予防接種前日にお風呂へ入れるなどのストレスの原因となる行動は控えておきましょう。

そして、これら副作用は注射後の半日〜3日後に症状が現れる事もありますので、予防接種する際は午前中の早い時間帯に行い、症状が現れても動物病院へ向かう事の出来る時間帯(夜の18時前後などの診療時間内)になるよう調整しましょう。

この他に予防接種の副作用は数日後に現れる事もありますので、最低でも動物病院が休業日となる4日前に行っておくと尚良いですね。

また、予防接種による犬へのアクシデントは副作用だけではありません。

混合ワクチンで特に気を付けておきたいのが〝ワクチンアレルギー〝による『アナフィラキシーショック』です。

予防接種が原因となるアナフィラキシーショックは重篤なアレルギー反応であり、接種直後〜30分以内に発生します。そして、もしアナフィラキシーショックを引き起こした際は〝緊急治療〝を行わないと命の危険に関わる症状となります。

その為、予防接種直後は動物病院、又は近くの場所にて30分程度は愛犬の様子を観察して、何かあればすぐさま治療を受けられる様に待機しておきましょう。

犬連れキャンプなどで必須と言われる〝レプトスピラ感染症予防接種〝ですが、このレプトスピラ感染症ワクチンは『ワクチンアレルギーを引き起こす一つの原因』とも言われています。

その為、6種混合ワクチンの接種よりもレプトスピラ感染症ワクチンが含まれている8種混合ワクチンの方が副作用(ワクチンアレルギー)を引き起こす確率が高くなっています。

そして、副作用の確率が高いという事は、それだけアナフィラキシーショックによる命の危険が接種後30分間は隣り合わせの状態となります。

実際、犬とキャンプへ行く為の予防接種で、愛犬を危険に晒すのはどうなのかな?とも考えたりします。しかし、感染リスクを考慮すると予防接種は必須となり、キャンプへ行く際は8種以上の混合ワクチンを受けておいた方が良いでしょうね。

混合ワクチンは飼い主であれば、誰しもが不安に感じます。特に初めてのワクチンや、年老いてからのワクチンは何が起こるか分かりません。

もし、不安に感じる事が少しでもある様でしたら、しっかりと掛かり付けの獣医さんと相談した上で何種のワクチンを打つのか決めていきましょう。

スポンサーリンク

最後に:予防接種がキャンプに必要な理由と、その危険性についてまとめてみました

犬連れのキャンプに必要な予防接種の種類はレプトスピラ感染症ワクチンで、レプトスピラ感染症は野生動物やげっ歯類のネズミ、家畜、ノミ・ダニの尿に含まれています。その為、対象の多いキャンプ場では感染リスクの高さから必須となります。

特にキャンプ場の近くには川が流れている事が多く、その川には野生動物(ネズミを含む)の糞尿が含まれている可能性がとても高いと言えます。ですので、愛犬と川遊びする際はレプトスピラ感染症ワクチンを接種しておきましょう。

そして、このレプトスピラ感染症は主に8種以上の混合ワクチンから含まれようになります。6種以上の混合ワクチンは副作用(ワクチンアレルギー)や、アナフィラキシーショックの危険性が大幅に上がり、命を落とす危険性もありますので十分に獣医師と相談の上で行う必要があります。

自身の愛犬に対し、『どの様な予防接種が良いのか?』は最終的に飼い主さんが決める事になります。犬連れのキャンプは楽しい時間を過ごせる反面、この様なワクチンによるリスクもある事を理解した上でこれから先の予防接種を考えていくと良いですね。


またね(`・ω・´)

コメント

error:Content is protected !!