犬の寝床クレート・ケージ内の作り方!夏に快適な寝床とは?

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、犬が夏の時期にクレートやケージで、快適に過ごせる寝床の作り方を紹介しますね。また、寝床を作る際に考慮しておきたい個々で異なる、〝犬の好み〝から寝床に使用するアイテムの選択方法も紹介しますね。

夏に快適なクレートやケージの寝床とは?

室温と犬の好みを理解する

夏の季節は外気温が高く、室内で過ごす犬が熱中症などにならない為にも、エアコンを稼働させて、犬が涼しく快適に過ごせるようにしますよね。この室温調整は飼い主の多くの方が、気にしている部分だと感じます。しかし、犬の寝床はどうでしょうか?

  • 一年を通して、同じ寝床
  • 冷感グッズを寝床に入れただけ
  • 暑いだろうと、毛布やクッションを取り除いた、クッション性のない寝床

などの、寝床に関心を持っていない、または『夏だから涼しくする』と、単純に考え寝床を適当にしていると、わんちゃんは寝床で

  • 落ち着けない
  • 身体が休まらない
  • 熟睡できない
  • 寒すぎる
  • 暑すぎる

などの理由から、ストレスや体調不良を起こす場合があります。特に室温をエアコンで調整している場合、

  • 室温が快適だと感じているのに、寝床が冷感グッズで埋め尽くされている
    • 犬が身体を冷やし過ぎる原因
  • 室温が快適だと感じているのに、寝床に暖かい毛布が敷き詰められている
    • 犬が暑がる原因

となりますので、夏の室温に合わせた寝床の調整が必要になってきますね。

また、クレートやケージを自身のテリトリーとしている犬にとって、寝床は周囲を警戒する必要もない、一番心落ち着く場所となります。しかし、クレートやケージの寝床にクッションが無いなど、犬にとって快適だと感じない空間に変更してしまうと、犬は心落ち着くことも出来ませんよね。

その為、夏の時期は室温だけに着目するのではなく、クレートやケージの犬の寝床についても考えておく必要がありますね。

では、一体どのようにして、犬が快適と感じる寝床を作れば良いのでしょうか?下記に寝床の作り方をまとめてみましたので、是非参考にしてみて下さいね。

夏の寝床の作り方はコレ!

犬の好みを理解する

犬が快適だと感じる寝床を作る前に、まずは『自身の犬がどんな寝床を好むのか?』を、知っておく必要がありますね。犬の寝床に使用される、夏の一般的アイテムには

  • 大小様々な、クッション
  • 毛布
  • クッションタイプのぬいぐるみ
  • 冷感グッズ
    • ジェルシート
    • アルミシート
    • ひんやりマット
    • ひんやりクッション

などがありますよね。これらアイテムを3通りのパターンに分けていきます。

  • クッションや毛布などの、ふかふかな寝床が大好き
  • 最低限のクッション性や硬い床が大好き
  • どちらも好む

このように分けて、自身のわんちゃんが、どのパターンが好きなのかを考えてみましょう。普段からどの様に犬が寝ているのか、を思い出してみると分かりやすいかと思いますね。ここから更に、夏の温度対策で調整した、室温を考慮していきます。

基本的に犬が『寒いな』『暑いな』と、感じた時に自身で体温調節できるように、寝床を作っていくのが一番ベストな形となりますね。その為、考え方の一つとしては

  • クッションや毛布などの、ふかふかな寝床が大好き
    • 暑い時用⇒のひんやりクッション(毛布)
    • 寒い時用⇒の毛布(クッション)
  • 最低限のクッション性や硬い床が大好き
    • 暑い時用⇒のジェルシート(アルミシート)
    • 寒い時用⇒の薄い毛布
  • どちらも好む
    • 暑い時用⇒ジェルシート・アルミシート(ひんやりクッション・ひんやり毛布)
    • 寒い時用⇒毛布・クッション

のように、犬が自身で温度調節可能となり、寝床の好みを合わせてあげた作り方が、犬にとって一番ベストだと感じますね。

ただし、犬のクレートやケージには様々なサイズ感や形状がありますよね。これら種類によっては、夏に犬が快適と感じる、寝床の作り方が当然変わってきます。特にクレートは犬を中に入れて、外へ連れ出すことに特化したアイテムとなりますので、ケージと比較すると全体のサイズ感にかなりの違いがあります。

その為、今回はクレートとケージの二パターンに分けて、犬が夏の時期に快適と感じる寝床の作り方を紹介していきますね。

クレートを使用した寝床の作り方!

クレートは犬の大きさよりも、少しサイズの大きな形状を選択するのが基本的で、そのサイズ感から、犬を閉じ込めて寝かすのには向いておらず、

  • 家を自由に歩けるが、クレートを開放して寝床にしている
  • クレートを開放してはいるが、クレートの周りをサークルで囲っている

の、2パターンに分かれるかと思います。この場合の犬が夏に快適と感じる、寝床の作り方は以下の通りになります。

  • クレート1つの場合
    • クレートの内部に温・冷どちらかのアイテムを敷いてあげる
    • クレートの目の前に、上記と逆のアイテムを敷いてあげる
  • クレート2つの場合
    • 温・冷のアイテムを入れた、各クレートを二つ隣り合わせで用意
    • 犬がその時の状況に応じて、クレート内で過ごせるようにしてあげる

この他にも、一つのクレート内部に温・冷のアイテムを、クレート内で分割して入れる方法もあります。しかし、クレートのサイズが小さいと、

  • 犬が寝転んだ時に、別々の温度差のアイテムを体に敷く

事となり、あまり快適とは言えない寝床の作り方、となりますのでおすすめはしません。

ケージを使用した寝床の作り方!

犬のケージはクレートとは異なり、ある程度の広さがありますので、基本的には以下の作り方が良いかと感じます。

  • ケージ内を温・冷のアイテムで分割する

これが一番快適な寝床の作り方となりますね。

ただしトイレ付ケージの場合は、トイレがケージ内にある事で寝るスペースが狭く、温・冷のアイテムでケージ内を分割出来ない可能性も考えられます。この時の寝床の作り方は、ケージ内のトイレカバーを撤去してしまいましょうね。そして、トイレがあったスペースに温・冷のアイテムどちらかを敷いてあげるのが良いですね。

ここで、疑問に感じるのは『ケージ内のトイレを撤去しても良いのか?』ですよね。実は犬にとってケージ内のトイレと言うのは、

  • 不快
  • ストレスを溜める原因

となります。これは犬の習性に関係しており、犬の祖先である狼は自身の寝床に排泄する事を、

  • 綺麗好きな性格
  • 匂いで外敵に自身の位置を知らせない

為に嫌い、トイレと寝床を分けていたのですね、それが現在の犬にも受け継がれている訳です。そもそも、飼い主自身の寝床の横に『囲いの無い、むき出しの便座があったらどう思うのか?』を考え、飼い主が嫌な気持ちになるのであれば、それはわんちゃんにもしてはいけませんよね。

これらの事から、寝床は寝床、トイレはトイレ、とはっきりと分けておくのも快適な寝床の作り方となります。

最後に:犬が快適と感じる寝床の作り方をまとめてみました

夏の室温を考慮した、寝床アイテムの組み合わせはコレ!

  • クッションや毛布などの、ふかふかな寝床が大好き
    • 暑い時用⇒のひんやりクッション(毛布)
    • 寒い時用⇒の毛布(クッション)
  • 最低限のクッション性や硬い床が大好き
    • 暑い時用⇒のジェルシート(アルミシート)
    • 寒い時用⇒の薄い毛布
  • どちらも好む
    • 暑い時用⇒ジェルシート・アルミシート(ひんやりクッション・ひんやり毛布)
    • 寒い時用⇒毛布・クッション

上記の組み合わせは考え方の一つとなりますので、自身のわんちゃんが何を好むのか?を考えた上で上記の組み合わせを参考に、個々の犬に適した寝床づくりを考えてみては如何でしょうか?

クレートとケージを使用した、寝床の作り方はコレ!

  • クレート1つ
    • クレートの内部に温・冷どちらかのアイテムを敷いてあげる
    • クレートの目の前に、上記と逆のアイテムを敷いてあげる
  • クレート2つ
    • 温・冷のアイテムを入れた、各クレートを二つ隣り合わせで用意
    • 犬がその時の状況に応じて、クレート内で過ごせるようにしてあげる
  • ケージ
    • ケージ内を温・冷のアイテムで分割する
  • トイレ付ケージ
    • ケージ内のトイレを撤去して、温・冷のアイテムで分割する

夏はその気温の高さから、犬が快適と感じる室温ばかりに着目しがちですが、その季節に合わせた寝床も作ってあげないと、犬はしっかりとした睡眠を取れなくなります。その為、夏の季節は室温と室温に合わせた、寝床を用意してあげましょうね。


またね(*‘ω‘ *)

コメント