愛犬と一緒に電車へ乗れる?乗車のルールやマナーはコレ!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

愛犬と一緒に電車へ乗車する事は可能なのか?また、電車へ乗れるとして飼い主が施しておくべき必要なマナーや守るべきルールとは?今回は愛犬と電車を利用する際の〝守るべきマナー〝や、〝基本的なルール〝について紹介していきますね。

スポンサーリンク

電車は盲導犬や聴導犬などの介護犬の他に小型犬も乗車可能

電車は愛犬と一緒に乗れるが、その扱いは手回り品となる

電車に限らず盲導犬や聴導犬などの介護犬は、公共の乗り物を利用する事が可能ですが、その他にも小型犬であれば飼い主と一緒に電車へ乗車する事が出来ます。

ただし、愛犬と電車へ乗車する場合は、手回り品として切符を購入し、『物扱い』として扱われます。

この手回り品と呼ばれる扱いには、それぞれ意見があるでしょうが、今の日本の現状では『人が偉い!』、『我々人類が一番』の様な馬鹿な事を抜かしていますので、そう簡単に変わる事はないでしょうね。

残念極まりないわ_(:3」z)_

さて手回り品にも鉄道会社によってルールが異なり、扱い方や料金体制も異なってきますので、利用する際には注意が必要です。

では、愛犬と一緒に電車を利用する際のルールやマナーとは、いったいどの様なものなのでしょうか?

愛犬と電車を利用する際の乗車ルールやマナーとは?

以前の記事で、タクシーやバスのルールやマナーでもお話したように、電車にも同じく定められたルールやトラブルを防止する為のマナーがありますので、面倒な状況(乗車拒否等)に陥らない為にも事前にしっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

愛犬と電車を利用する際の鉄道会社別ルール

JR東日本のルールはコレ!

  • 手回り品料金は1匹(頭)につき280円
  • ケースの大きさは長さ70㎝以内で、縦・横・高さは合計で90㎝程度の大きさまでに抑える
  • 重量は愛犬の体重と、ケースの重量が合計10㎏以内になるよう抑える
  • 乗車前に係員に愛犬と、使用するケースを確認してもらい、手回り品切符を購入する
  • ソフトタイプと呼ばれる布製のスリングバックでの乗車は不可
    • ただし係員による
  • ペットカートやバギーは、ケースとカートが分離するタイプのみに限り、乗車可能

東京メトロ

  • 料金は無料
  • ケースの大きさは長さ70㎝以内で、縦・横・高さは合計で90㎝程度の大きさまでに抑える
  • 重量は、愛犬の体重と、ケースの重量が合計10㎏以内になるよう抑える
  • スリングバックは不可

名古屋市交通局〝地下鉄〝

  • 料金は無料
  • ケースの大きさは長さ2m以内で、縦・横・高さは合計で250㎝以内の大きさまでに抑える
  • 重量は、愛犬の体重と、ケースの重量が合計30㎏以内になるよう抑える
  • ケースの数は2個まで

大阪市交通局〝地下鉄〝

  • 料金は無料
  • ケージやキャリーバックなど専用のバックで、
    • 蓋をすることができる
    • 毛の飛散を抑える事ができる
    • 愛犬の姿が周りから見えない(毛布などで隠すなど)
      • の場合に限り乗車可能
  • 蓋が無いバックや、愛犬の姿が見える、手足や頭が出ている場合は乗車不可
  • ペットカートやバギーについては、
    • 周りの乗客から愛犬の姿が見えない
    • 不透明なカバーが大部分である事
    • 車内で転回が出来る小回りの利く大きさ
      • であれば乗車可能

愛犬と電車に乗車する際のマナー

電車を利用する際は、周りの乗客に対して抜け毛などの配慮をしておく必要があり、また愛犬の体調(乗り物酔い等)に対しても考慮しておく必要があります。

  1. 各鉄道会社が定めたケージやキャリーバック、またはペットカートやバギーを使用する
  2. 乗車前に排泄を済ませておく
  3. 体臭で周りの乗客に迷惑を掛けない様、愛犬を清潔に保つ
  4. 大勢の乗客が利用する事を考えて、
    • 愛犬を守る為にも乗車位置は角などの隅に乗車
    • 自身の前方でケースを抱える
    • 隅にケージを置いて他の乗客に踏まれない様に足で囲う
    • 座席に座る場合は膝上に必ず置いておく
  5. 多くの乗客が予想されますので、愛犬が吠えない様しっかりと教えておく
    • もし吠えた場合は、次の駅で一度降車して愛犬を落ち着かせましょう
  6. 電車などの人口密度の高い場所は熱気が高く、愛犬には暑く感じるかも知れません
    • その為、冷房などの風の行き届く場所をしっかりと確認し、確保しておきましょう
  7. 電車は兎に角、乗り物の中でも特に揺れが酷いので、愛犬への食事は数時間前には済ませておきましょう
    • 直前の食事は、愛犬が酔って吐く場合もあります
  8. ホームは危険が多いので、いくら待ち時間が長いとは言え、愛犬を離したり、顔や手足を出さない様に気を付けましょう
    • もし、『ケージに長時間入れて置くのは可哀そうだから』と感じるのであれば、電車は利用しない方が良いでしょう
    • 電車以外にも移動手段はありますので検討してみて下さい
  9. 基本的に愛犬がいる事を周りの乗客に知らせない
    • もし知られて『触らせて』『見せて』と言われても『鉄道会社のルール上、見せる事も、ケージから出すことも出来ませんのでご理解ください』とお断りしましょう

これらマナーは『周りの乗客に不愉快な思いをさせない』、『乗客同士のトラブル』、『愛犬が電車で酔う』などの問題を未然に防ぐ為に必要な最低限のマナーとなります。

スポンサーリンク

最後に:まずは軽く練習する事がトラブルを減らす一番のコツとなります

わんちゃんにとって電車は、他の乗り物よりも〝音〝や〝振動〝などが大きく、車に慣れている愛犬でも電車を怖がってしまう可能性が十分に考えられます。

恐怖心は犬にとって大きなストレスとなりますので、『愛犬が電車を怖がるのかどうか?』を試す為にも一度、比較的車内が込み合わない時間を狙って、短い距離を往復してみましょう。

そして、愛犬が電車での移動を『どう感じているか?』また、私達は乗車した時に『どのポイント(乗車位置)を狙うべきなのか?』『混雑している場合は?』など想定したうえで電車へ乗り込んでみると良いですね。

このお試し乗車で愛犬が電車を怖がるのであれば、電車での移動はあきらめましょう。

愛犬が電車を怖がっているのに『慣れれば一緒に電車へ乗れるし、少しの辛抱だよ、大丈夫』みたいな馬鹿な考えは絶対にしないで下さい。もし電車に慣れたとしても、その慣れるまでの間に愛犬を何度も怖がらせる事になりますので、それは親としてどうかと思います。

むしろ、それは虐待じゃね?

別に電車でなくとも移動手段は多くありますので、わざわざ電車に固執する必要はありませんよね。


( ´Д`)ノ~またね!

コメント

error:Content is protected !!