わんちゃんと公共の乗り物を利用する【電車】

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんと利用する電車の乗車方法やマナーについて紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



タクシーや電車・バスなどの公共の乗り物をわんちゃんと一緒に利用する場合は、その機関のルールやマナーを守るのは勿論の事、利用する際にはわんちゃんをペットキャリーに入れて置くことが条件となります。



またペットキャリーの種類も細かく設定されている事があり、普段から使用しているペットキャリーでは乗車拒否される可能性があります。



では、一体どのようなペットキャリーを選択すればよいのか?また乗車方法やマナーとは?

今回は公共機関の乗り物の中でも長距離から短距離の移動に便利で、特に移動が速い電車についてお話します。



電車は盲導犬や聴導犬などの介護犬の他に小型犬も乗車可能

電車に限らず盲導犬や聴導犬などの介護犬は、公共の乗り物を利用する事が可能ですが、その他にも小型犬であれば電車に乗車する事は出来ます。



わんちゃんと電車に乗車する場合は、わんちゃんは手回り品として『物扱い』となります。



この手回り品と呼ばれる扱いには、それぞれ意見があるでしょうが、今の日本の現状では人が偉い一番だと馬鹿な事を抜かしていますので、そう簡単に変わる事はないでしょう。



さて手回り品にも鉄道会社によってルールが異なり、またその料金体制も異なってきますので利用する際は注意が必要です。



わんちゃんと利用する電車の乗車ルールやマナー

以前タクシーやバスのルールやマナーをお話したように、電車にも同じく定められたルールやトラブルを防止するためのマナーがありますので、面倒な状況に陥らない為にも確認しておきましょう。



鉄道会社別ルール

・JR東日本

①手回り品料金は1匹につき280円



②ケースの大きさと重量は長さ70㎝以内で、縦・横・高さは合計で90㎝程度の大きさまでとなり、わんちゃんの体重とケースの重量が合計10㎏以内に抑える必要があります。



③乗車前に係員にわんちゃんと使用するケースを確認してもらい手回り品切符を購入します。



④ソフトタイプと呼ばれる布製のスリングバックでの乗車は不可。ただし係員による。



⑤ペットカートやバギーはケースとカートが分離するタイプのみに限り乗車可能



・東京メトロ

①料金は無料



②ケースの大きさと重量は長さ70㎝以内で、縦・横・高さは合計で90㎝程度の大きさまでとなり、わんちゃんの体重とケースの重量が合計10㎏以内に抑える必要があります。



③スリングバックは不可



・名古屋市交通局:地下鉄

①料金は無料



②ケースの大きさと重量は長さ2m以内で、縦・横・高さは合計で250㎝以内の大きさまでとなり、わんちゃんの体重とケースの重量が合計30㎏以内に抑える必要があります。



③ケースの数は2個までとなります。



・大阪市交通局:地下鉄

①料金は無料



②ケージやキャリーバックなど専用のバックで蓋をすることが出来て、さらに毛の飛散やわんちゃんの姿が見えない様に毛布などで隠している場合に限り乗車可能



③蓋が無いバックやわんちゃんの姿が見える、手足や頭が出ている場合は乗車不可



④ペットカートやバギーについては、周りの乗客からわんちゃんの姿が見えない、不透明なカバーが大部分である事と車内で転回が出来る小回りの利く大きさならば乗車可能



わんちゃんと電車に乗車する際のマナー

①各鉄道会社が定めたケージやキャリーバックまたはペットカートやバギーを使用する



②乗車前に排泄を済ませておく



③体臭で周りの乗客に迷惑を掛けない様にわんちゃんを清潔に保つ



④大勢の乗客が利用する事を考えて、わんちゃんを守るためにも乗車位置は角などの隅に乗車して、自身の前方でケースを抱えるか隅にケージを置いて他の乗客に踏まれない様に足で囲っておきましょう。

座席に座る場合は膝上に必ず置いておきましょう。



⑤多くの乗客が予想されますので、わんちゃんが吠えない様しっかりと教えておきましょう。

もし、わんちゃんがびっくりして吠えた場合は、次の駅で一度降車してわんちゃんを落ち着かせましょう。



⑥電車などの人口密度の高い場所は熱気が高く、わんちゃんには暑く感じるかも知れませんので、冷房などの風の行き届く場所をしっかりと確認しておきましょう。



⑦電車は兎に角、乗り物の中でも特に揺れが酷いので、わんちゃんへの食事は数時間前には済ませておきましょう。

直前の食事は、わんちゃんが酔って吐く場合もありますので注意が必要です。



⑧ホームは危険が多いので、いくら待ち時間が長いとは言え、わんちゃんを離したり顔や手足を出さない様に気を付けましょう。

もし、わんちゃんをケージに長時間入れて置くのは可哀そうだからと感じるのであれば、電車は利用しない方がいいでしょうね。

電車以外にも移動手段はありますので検討してください。



⑨基本的にわんちゃんがいる事を知らせない。

もし知られて『触らせて』『見せて』と言われても『鉄道会社のルール上、見せる事もケージから出すことも出来ませんのでご理解ください』とお断りしましょう。



最後に:まずは軽く練習する事がトラブルを減らす一番のコツとなります

わんちゃんにとって電車は、他の乗り物よりも音や振動などが大きく、車に慣れているわんちゃんでも怖がる可能性が考えられます。



その為、一度でも良いので比較的車内が込み合わない時間を狙って、短い距離を往復してみましょう。



この時わんちゃんがどう感じているか?また、私達は乗車した時にどのポイントを狙うべきなのか?混雑している場合は?など想定したうえで乗り込みます。



そして、わんちゃんが電車を怖がるのであれば、電車の移動はあきらめましょう。



わんちゃんが電車を怖がっているのに『慣れれば大丈夫』みたいな馬鹿な考えは絶対にしないで下さい。

もし電車に慣れたとしても、その慣れるまでにわんちゃんを何度も怖がらせる事になりますので、親としてどうかと思います。



別に電車でなくとも移動手段は多くありますので、電車に固執する必要はありません。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



( ´Д`)ノ~またね!

コメント