わんちゃんに『与えてはダメ・控えた方が良い』手づくり犬ごはんの食材【一覧表】

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、手づくりの犬ごはんを調理する上で取り入れてはいけない・控えた方が良い食材を紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



わんちゃんに手づくりの犬ごはんを料理する上で、一体どんな食材が危険なのか?分からないと感じる方も居るかと思います。

そこで今回は、私が今まで避けてきた食材やわんちゃんの健康によろしくない食材を一つの記事に一覧表として纏めましたので、是非ご参考下さい。

わんちゃんに危険な食材かどうかを、知っているのと知らないのでは食事による事故のリスクが大きく異なりますので、わんちゃんの為にも知識を蓄えておきましょう。



わんちゃんの健康に危険な食材

・生の魚介類

チアミナーゼによるビタミンB1(チアミン)の分解酵素により、わんちゃんが急激なマヒ症状などを起こす可能性があります。

・ネギ類(にら・長ネギ・玉ねぎなど)

赤血球の破壊により、下痢や嘔吐、発熱や血尿などを起こします。

加熱分解はされませんので、料理に組み込んではいけません。

・ぶどうや干しブドウ

腎不全の原因となる中毒症状を引き起こします。

・トマトやナスのヘタ、ジャガイモの芽と緑色に変色した皮

これらにはソラニンと呼ばれる成分が含まれており、中毒症状を引き起こす原因となります。

・肉の骨や魚の骨など

わんちゃんの消化器官や喉に加え、口内や歯の欠ける原因となりますので、与えてはいけません。

カルシウムを与えたいのであれば、海草類から摂取出来ますので危険を冒してまで与える必要はありません。

・香辛料

わんちゃんの胃腸を刺激してしまうと、下痢や嘔吐などのトラブルに加えて、消化吸収の過程で腎臓や肝臓に負担を掛ける原因となります。

・キシリトール

極少量でも血糖値の低下や肝不全、嘔吐などを引き起こす原因となります。

・ほうれん草

シュウ酸が豊富な為にシュウ酸カルシウム尿石症の原因になりやすく、茹でてあく抜きをすれば、シュウ酸の量を減らす事は出来ますが、無理に与える必要はありません。

・チョコレートやココア

これらに含まれているテオブロミンと呼ばれる成分は、下痢や嘔吐、発熱、痙攣発作やショック症状を引き起こす原因となります。

・コーヒや紅茶、お茶など

これらに含まれているカフェインは嘔吐や下痢、多尿や尿失禁、体温不調やてんかんなどの発作を引き起こす可能性が高くなっています。

・生の卵白

卵白にはアビジンと呼ばれる酵素を含んでおり、成長不良や皮膚炎などの症状を引き起こす原因となります。

加熱すれば問題はありません。卵黄は成分上では生でも与える事は出来ますが、衛生面上では危険ですので控えましょう。

・上白糖

過剰摂取は肥満の原因となり、カルシウム不足の症状やビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性もあります。

・マグネシウムの多い食材(海藻類)

マグネシウムの過剰摂取は尿路疾患を引き起こす原因となり、心臓や腎臓に負担を掛けてしまいますので適度な摂取を心掛ける事が大切です。

・加工食品

塩分の含まれている加工食品は、わんちゃんの心臓や腎臓に大きな負担を掛けますので与えるのは控えましょう。

・アルコール

そもそも、わんちゃんに与える意味が私には分かりませんが、アルコールは下痢や嘔吐、意識障害、内臓負担など致命的な事故に発展しますので与えてはいけません。

・牛乳

わんちゃんはラクターゼと呼ばれる、乳糖を分解する酵素が不足していますので、下痢を起こしやすい傾向にあります。

・生のお肉

生肉には細菌が多く潜んでおり、細菌性食中毒を引き起こす原因や種類(豚肉など)によっては寄生虫が含まれている場合もありますので、生肉の摂取は控えた方が良いでしょう。

ただし、採れたてで新鮮な新奇たんぱく質と呼ばれる鹿や羊などのお肉は生で食べる事が出来ます。

・レバー

ビタミンAやビタミンDが豊富な為、過剰に摂取してしまうと骨の変形や石灰化を引き起こす原因となります。

・肉の副産物

副産物は細菌性食中毒の危険性や腐敗速度の異常性、高コレステロール、高脂血症など危険性の高い食材ですので、扱いに慣れている方以外は下手に手を出さない方が良いでしょう。



今後も危険だと感じた食材は追加していく予定です。

これから先、私が手づくりの犬ごはんを料理していく上で『これは危険だな』と感じたら、随時更新していきます。

また、これは危険じゃないの?と感じた食材があればコメント頂けたら幸いです。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(*‘ω‘ *)

コメント