脱走はお手のもの?脱走兵ポメラニアンのそら

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事は我が家のわんちゃんの日常ブログとなっています。



前回の日常ブログは下のボタンをクリックすると、飛ぶ事が出来ます。



ドアを開ける事ができるポメラニアンのそら

ポメラニアンのそらは昔から引き戸を開けるのが上手く、しっかりと引き戸を占めてもあの手この手と引き戸を難なく開けてしまいます。



私が買い出しなどに出掛ける時は、そら達にお留守番を任せるので部屋の引き戸を占めて部屋に隔離しておくのですが、買い出しから帰ると高い確率で引き戸が開けられて、そらがちゃっかりと待ち伏せている事が多々あります。

今はそらも年老いて昔ほどのやんちゃさは無くなったのですが、それでもたまに引き戸を開けてやろうと必死になっている時があります。( *´艸`)



私が見ていて分かった、そらの引き戸の開け方は、まず引き戸に向かって二本足で立ち、前足で引き戸を引っ掻き回します。



引き戸はそらに引っ掻き回されて、次第に壁と引き戸の間に隙間が空いてきます。

そらはその隙間に鼻先を突っ込んで、器用に引き戸をスライドさせて開けてしまうのです。

この行為を長年同じ引き戸に行ってきた結果、ついに引き戸は壊されました(´・ω・)



引き戸下の固定部分が壊された事で引き戸は上だけ固定された状態となり、そらは引き戸を押すだけで通れるようになってしまいました。

しかし万が一にも引き戸の上が外れて引き戸全体が倒れてくると、そら達に危険が及ぶ可能性も考えられますので、頑張って私は引き戸を直してみました。

でもね、またすぐにそらが引っ掻き倒したのですよ。|д゚)



そらの引っ掻きは、もはや可愛らしい行為ではなく、完全なる狂気の引っ掻きとしか思えない・・

そらの引っ掻きパワーは単体の引き戸を開けるだけではなく、引き戸の裏に12ℓの水のボトルを置いて固定していても、引き戸を開けてしまう程の強靭なパワーの持ち主なのです。



同じポメラニアンでも馬力が違う

同じポメラニアンのあめが引き戸を引っ掻き回しても開かないのに、そらの場合だと引き戸がいとも簡単に開いてしまう・・・

同じポメラニアンでも馬力が違うのかと思いつつも、そらとあめの骨格や足先の大きさを比較すると『あぁ、なるほど』と感じました。

そらはあめに比べて体全体の骨格が大きく、足先に至ってはあめの1.5~2倍近い大きさがありますのでパワーもそれだけ強いのでしょう。

脱走兵として恵まれた体を持ったそらは、今日も必死に引き戸を壊してますとさ。(;´・ω・)



わんちゃんの日常ブログは下のボタンをクリックすると、次の記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね( ´Д`)ノ

コメント