わんちゃんのダイエットからくる『空腹感』をかさ増し食材でカバーしよう

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんのダイエットにおすすめな『かさ増し』について紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます



わんちゃんのダイエットは主に今までの食事を見直して、食事の性質そのものを変更したり、食事量を減らして、お散歩などの運動を増やすなどの対策をするかと思われます。

しかしダイエットをする際に注意しておきたい事もあります。



今までお腹いっぱいに食べてきたわんちゃんは、当然それだけ胃袋が大きくなっています。



その為、大幅に食事量を変更してしまうと、わんちゃんは空腹感からの嘔吐やストレスを起こしやすくなります。

また、ダイエットの為に運動量も増やすわけですから、当然お腹が減りますよね。



しかし、ダイエットするには食事量を減らす必要があります。

今まで以下の食事量に今まで以上の運動量・・・



そして、わんちゃんの『ご飯が少ないよ・・・?』と言わんばかりの眼差しと空腹感からくる腹鳴・・・

わんちゃんも耐えられませんが、私達もその姿を見ていられません。

ではどうすればいいのか?

今回は私が実際に行った方法を紹介します。



わんちゃんが太ってしまった原因を探す

これは私の体験談ですが、数年前までポメラニアンのそらは結構太っていました可愛らしいまん丸な体形をしていました。



そらがその体形になってしまった理由は『ご飯を食べる姿・おかわりちょーだいの姿があまりにも可愛すぎた!』からです。

完全に私のミスですね(´-ω-`) やっちまったぜ・・・



『毎日行う体重チェック』と『毎日増量するそらの体重』

さすがに私も|д゚)<ヤバァイ と感じた訳です。

ダイエットならぬデブエットをしている場合ではないと危機感を感じましたね。



そこからすぐにそらのダイエットを始めた訳ですが、そらの太った原因は『ごはんのおかわり』だと理由がハッキリしていたので対策自体は簡単でした。



その為、そらの目指す体形に合った『適切な量のごはんより少し少な目に与える』だけでダイエットの効果は早い段階で表れました。

ですが食事量を減らしたことで、そらはストレスを感じている様な仕草や空腹からくる嘔吐を行うようにもなりました。



ダイエットは体重を減らすことが目的となりますが、急激なダイエットを行うとわんちゃんが体調を崩すなど体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

その為、わんちゃんのダイエットは長期間の長いスパンで行う事を視野に入れて考えていかなければなりません。



わんちゃんのダイエットからくる空腹感をどうするか?

そこで考えたのが、おからや豆腐・野菜などの食材で食事を『かさ増し』して満腹感を得られるようにする事でした。



結果的にはその『かさ増し』が功を成し、ストレスも空腹からくる嘔吐もなく、そらは標準体型まで体重を落とすことが出来ました。



かさ増しする食材を正しく選択出来れば、毎日の食事カロリーをそれほど上げずに不足分の栄養素補給や全体的な栄養の底上げが出来ますので、是非取り入れて頂きたい方法となります。

次回:『ではその時、私はどのような食材をどのように調理してそらに食べさせていたのか?』についてお話しします。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(*‘ω‘ *)

コメント