愛犬のダイエットは食事量・運動量のどちらを変更すれば良いのか?愛犬に適したダイエットを見極めよう!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

愛犬のコロコロとした姿はとても可愛らしく思えるのですが、適正体重を遥かに超えた状態では身体(膝などの関節)や、心臓病、糖尿病等の疾患を患いやすくなってしまいます。特に老犬になると成犬時に比べて、体重が落ちにくく、何かしらの手術や歯石取り等の全身麻酔では獣医さんに『手術するには、もう少し痩せないとねぇ・・・』と指摘を受けてしまう事があります。

その為、愛犬の体重は出来る限り、その子自身に適した体重を保つ必要があり、肥えている子は健康でいるためにダイエットさせる必要があります。

しかし、犬のダイエットとは一体どの様な事を行えば良いのでしょうか?

1日の食事量を減らす?

それとも普段の散歩などで運動量を増加させれば良いのか?

今回は我が家の愛犬がどの様にしてダイエットを行なったのか?そしてダイエットの際に考慮しておきたい個々で異なるダイエット方法について紹介していきますね。

スポンサーリンク

愛犬のダイエットで注意しておきたい事とは?

食事量や運動量の変更は無闇に行ってはいけない!

犬のダイエットは主に今までの食事内容を見直して、食事の性質そのものを変更したり、食事量を減らして、お散歩などで運動量を増やすのが一般的かと思われます。

また食べさせている間食(おやつ)の頻度や量、カロリーなどを見直してみるのも大切になりますね。

  • ※食事の性質変更とは・・・
    • ドッグフードであれば、減量用フード・カロリーの低い種類への変更
      • 又はドッグフードの量を減らして、おからなどの食材で〝重増し〝してあげる
    • 手作りご飯であれば、低タンパク質な食事へ切り替える、肉の種類を変更する
      • 又はおからなどの重増し食材を追加、水分量を増やし満腹感を与えるなど

基本的に上記の様な食事変更を行えば、ある程度の成果(減量)を示す事は出来ますが、少しばかし注意しておきたい事もあります。

今までお腹いっぱいに食べてきた愛犬は、当然それだけ胃袋が大きくなっています。

胃袋が大きいと言う事は、大幅に食事量を変更してしまうと、空腹感を感じ易くなってしまい、その空腹感から〝嘔吐〝や〝ストレス〝等を起こしやすくなっています。

また、ダイエットの為に運動量も増やしてしまえば、当然お腹が減りますよね。

愛犬が空腹感を感じたまま行うダイエットは、身体・精神共に悪影響を与える危険性がありますので、私個人としてはあまりおすすめは出来ません。

  • 考えられる悪影響とは
    • 行動による問題
      • 無駄吠え
      • ゴミを漁る
      • 食糞
      • 噛みつくなど
    • 身体の弱体化による問題
      • 抵抗力・免疫力の低下
        • 細菌やウイルス感染を引き起こし易くなる
      • 皮膚トラブル
      • 体力の低下
      • 関節などへのトラブルなど

空腹感を感じたまま運動量を増やしてしまえば、食事の減量により体力が低下してしまい、疲労による骨折や怪我、心臓等の弱体化などが引き起こされてしまう可能性が十分に考えられます。

その為、『ダイエット=食事量の減量+運動量の増加』は〝危険な行為であると認識〝しておいた方が良いかと私は考えます。

とは言え、食事量・運動量の幅によっては危険が伴わない事もありますので、愛犬の体調や性格等を考慮した上で飼い主様がしっかりと調節してあげれば両方の項目(食事・運動)を変更させてもダイエットが上手くいく事もあります。

しかし、〝初めてのダイエット〝でいきなり食事量を減量して、運動量を増加させるのは危険ですので、まずは〝どちらか一方〝を変更させていくのが良いかと思います。

では、実際にどの様にしてダイエットを行なって来たのか?我が家の愛犬に試したダイエット方法を紹介しますね。

スポンサーリンク

愛犬が太ってしまった原因を探す

愛犬のダイエットは日頃の生活習慣を見直すことから始まる

これは私の体験談ですが、数年前までポメラニアンの〝そら〝は結構太っていました可愛らしいまん丸な体形をしていました。

〝そら〝がその体形になってしまった理由は『ご飯を食べる姿・おかわりちょーだいの姿があまりにも可愛すぎた!』ことで、私が1回のご飯量を増加させていた事に原因があります。

完全に私のミスですね(´-ω-`) やっちまったぜ・・・

『毎日行う体重チェック』と『毎日増量する〝そら〝の体重』

さすがに私も|д゚)<ヤバァイ と感じた訳です。

ダイエットならぬデブエットをしている場合ではないと危機感を感じましたね。

そこから、すぐに〝そら〝のダイエットを始めた訳ですが、太った原因は『ごはんのおかわり』だと理由がハッキリしていたので対策自体は簡単でした。

〝そら〝に施したダイエット方法はポメラニアンの標準(体格に合った適正値)に合わせた『適量のご飯よりも少し控え目に与える』だけでした。

運動に関しては元々、毎日30分程度の散歩を2回か、1〜2時間程度の散歩を1回、行っていましたので小型犬の運動量としては十分であると判断しました。

そして食事量を変更して早い段階で、ダイエットの効果は表れました、が・・・・

普段よりも食事量を減らした事で、ストレスを感じている様な仕草や、空腹からくる嘔吐を行うようにもなってしまいました。

わんちゃんのダイエットは、長期間の長いスパンで行う事を視野に入れて考えていかなければなりませんが、ストレスや嘔吐を引き起こしている状態を長期間行うのは危険であるために、食事内容を変更する事にしました。

空腹感を紛らわす為に〝かさ増し〝食材を追加!

空腹感を紛らわす為に考えたのが、おからや豆腐・野菜などの食材で、食事を『かさ増し』する事で愛犬に満腹感を得られるようにする事でした。

結果的にはその『かさ増し』が功を成し、ストレスも空腹からくる嘔吐もなく、〝そら〝は標準体型まで体重を落とすことが出来ました。

かさ増しする食材を正しく選択出来れば、毎日の食事カロリーをそれほど上げずに不足分の栄養素補給や、全体的な栄養の底上げが出来ますので、ダイエットではなくとも是非取り入れて頂きたい食事内容となりますね。

スポンサーリンク

最後に:愛犬のダイエットは長期間でゆっくりと行う事が最も大切

愛犬のダイエットは人間と同じく、食事量や運動量の調整を行う事で変化が現れますが、短期間で無理をしてダイエットを行ってしまうと愛犬がストレスを抱えたり、身体的な怪我や病気を患ってしまう可能性があります。

また食事・運動共に量や頻度を変更してしまうのは、身体の抵抗力や免疫力を低下さえてしまう原因となってしまうので、まずはどちらか一方を変化させて様子を見るのが良いかと思います。

そしてダイエットは長期的にゆっくりと気長に待つのが健康的であり、ダイエットが成功する秘訣でもありますので、飼い主様は焦らず少しずつ愛犬のダイエットを手伝ってあげましょう。


またね(*‘ω‘ *)

コメント

error:Content is protected !!