わんちゃんのダイエットはまず現状の見直しが大切

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんのダイエットをする前に〝何が原因なのか〟を見直すポイントについて紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



わんちゃんの肥満には様々な原因があり、その原因を探さずにわんちゃんの肥満体形を放置していると病気や怪我をする恐れがあります。

また肥満からくる病気や怪我は最悪の場合、わんちゃんが命を落とす原因ともなります。



肥満からくる内臓系の病気は特に危険で、私達が気が付かない間にわんちゃんの体を徐々に蝕んでいる可能性もありますので、わんちゃんの理想の体形を把握した上で日々の食事や運動が大切になってきます。



しかし、だからと言っていきなり過酷なダイエットをしても、わんちゃんは辛いだけですので少しづつ対策していく必要があります。

そこで今回はわんちゃんのダイエットについてお話しします。



まず初めにやるべきことはわんちゃんの間食を見直す

わんちゃんに与える間食は、一般的にオヤツやトレーニングのご褒美などになります。

オヤツやトレーニングのご褒美で与えるドックフードなどは、わんちゃんに食べさせた分だけのカロリーを1日の食事から減らしてあげる必要があります。



オヤツやご褒美のドックフード量が少量であろうとも、積み重ねていけば膨大なカロリー摂取となりますので『少量だから大丈夫』と思わずにしっかりと調整してあげましょう。



特に市販で売られているオヤツの中には高カロリーの種類もありますので、一度オヤツのパッケージに記載されているカロリーを確認して、今後もそのオヤツを使用していくのかを検討しましょう。



次に日々の運動量が適切であるか?

わんちゃんは普段から好きなように外を散歩できるわけではないので、わんちゃんの運動量は私達が管理してあげなくてはなりません。

また、犬種や年齢・その子の性質によってお散歩の距離や時間は大きく異なります。



普段行っているお散歩の距離や時間がわんちゃんに適しているのか?一度しっかりと考えてみる必要があります。



老犬や仔犬はお外の刺激を与える事や体力強化を目的にお散歩を行えば良いのですが、成犬の場合は犬種問わず、わんちゃんが疲れるギリギリを狙ってお散歩してあげるのが身体を強くするのにもお勧めです。



ただし、いきなりお散歩距離を長くしても、お散歩の帰り道でわんちゃんがダウンしてしまう可能性もありますので、気温も気にしながら徐々に距離を伸ばしていきましょう。



運動量の調整はドックランやお家でのお遊びだけにしてしまうと、調整がとても難しくなりますので基本はお散歩で1日の運動量を確保してあげましょう。



1日の食事量がわんちゃんに適しているか?

わんちゃんの食事がドックフードなのか手づくり食なのかで大きく異なりますが、ドックフードであればパッケージの裏面を見れば『何㎏あたり何カロリー』と記載がありますので、わんちゃんの体重や運動量を計算式に埋めて計算すれば適切な食事量が導き出せます。

カロリー計算について、過去に記事を執筆していますのでご覧ください。



次に手づくり食の場合ですが、こちらはカロリーの把握が難しく、計算というより長年の勘に頼ることが一番な気もします。

手づくり食は基本となる基盤を抑えておけば、そうそう1日のカロリーがオーバーする事はありません。



もし、オーバーしているのであればカロリー・脂質の高い食材を常時使用しているか、または1回の食事量が多くなっているかに分かれます。

手づくり食についての基礎は過去に記事にしていますので、ご参考程度にご覧ください。

犬ごはんに必要な栄養素とその働き

犬ごはんの栄養バランスは食材の色で判断しよう

犬ごはんの手づくりは『気楽』に考える事が大切です

上記の内容に問題があれば生活習慣を一度リセットする

ここまでで、『間食のポイント』『運動量のポイント』『食事量のポイント』をお話ししましたが、この3つのポイントのどれか1つでも当てはまるのがあるのでしたら、すぐにそのポイントを見直し調整してみましょう。



調整だけではすぐにダイエットの効果がわんちゃんに現れる訳ではありませんが、この先の生活でわんちゃんが太ってしまう事を防ぐことは出来たはずです。



最後に:基礎を固めたら徐々に運動量を上げてダイエットに励もう

今までの内容で、ある程度の基礎は掴めたかと思います。

ここから先は基礎をしっかりと守った上で、わんちゃんの運動量を徐々に増やしてあげれば、太ることなくスリムな体形に戻っていくでしょう。



ただし、わんちゃんのダイエットは急激に行うと体調不良や肥満のわんちゃんが無理に運動したことで腰や足の関節に怪我をする可能性も高くなりますので、わんちゃんのダイエットは長期間を目安に根気強く行いましょう。



我が家のポメラニアンのそらは数年単位でダイエットを行った経験がありますが、その期間中に体調を壊すことや怪我をする事はありませんでした。

また、一度太ったわんちゃんはすぐにリバウンドする危険性がありますので、日々の食事・運動管理は徹底しましょう。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



(。-`ω-) 人間もすぐリバウンドするからね。辛抱辛抱・・・またね!

コメント

error:Content is protected !!