夏に適した生活環境や外出方法

夏に適した生活環境や外出方法

犬のお風呂(湯船)に適切な温度や回数とは?夏は犬が気絶・疲れる事を考慮する!

この記事では、夏の時期に行う犬のお風呂(湯船)温度や回数の目安を紹介しつつ、夏の時期に注意しておきたい、お風呂で犬が気絶や疲れる理由についても詳しく解説していきますね。夏は一年の季節中でも、ノミやダニ、または花粉などの犬の皮膚への影響が最も多い季節となり、虫や花粉などのアレルギーから犬の皮膚を守る為にもお風呂(湯船)へ定期的に犬を入れる事がとても大切になってきます。また、ターンオーバー(新陳代謝)の周期(皮膚の生まれ変わり)も考慮してシャンプーをしてあげなくてはなりませんが、犬個々の体質や年齢、または皮膚疾患等の影響で一般的目安とされるお風呂の頻度は大きく異なります。では、『一般的夏のお風呂(湯船)温度・回数』と、『個々の体質や年齢を考慮した、夏のお風呂温度・回数』では、一体どのように違うのかも含め見ていきましょう。
夏に適した生活環境や外出方法

犬が夏に喜ぶ氷水の入る氷枕をプレゼントしよう!オススメ冷却グッズはコレ!

この記事では、夏の暑い気温から犬の夏バテや熱中症などを防ぐ、犬用の冷却グッズ〝氷枕〝を紹介しますね。今回紹介する氷枕は、開け口の大きい袋状の容器に氷水を入れる事が出来るタイプで、水を氷枕内部に含める事で、水による弾力性が生まれ柔らかい氷枕となります。その為、犬が氷枕に頭を乗せたり、お腹の下に引いても、氷枕が柔らかいので犬が気持ち良く使用する事が出来ます。ここで紹介する氷枕の種類の中には、6月後半から7月頭付近になると、各ペットショップで販売されている事もありますので、気になる商品があるようでしたら、一度ペットショップで商品を手に取って実際の大きさなどを見てみると良いかも知れません。
夏に適した生活環境や外出方法

犬の夏の日向ぼっこは熱中症や白内障の危険がある!?紫外線や暑い日差しの対策方法はコレ!

この記事では、犬の夏の日向ぼっこに潜む紫外線や外気温による危険性〝熱中症〝や〝白内障〝などを、どの様にして対策するべきなのかを紹介しますね。実際のところ、犬の日向ぼっこに危険が付きまとうのであれば『犬に日向ぼっこ自体をさせなければ良いのでは?』と、考える方も少なからず居るかも知れません。しかし夏の日差しが強い時期とは言え、犬が日向ぼっこを行う行動にはそれなりの理由があります。そして犬の健康を促進させる為にも、飼い主は日向ぼっこのメリットを理解した上で積極的に犬へ日向ぼっこをさせてあげる必要もあります。では、犬の日向ぼっこのメリットとデメリットとは一体何なのか?今回は犬に日向ぼっこが必要な理由と日向ぼっこが危険な理由の二つを紹介していきます。
夏に適した生活環境や外出方法

犬の夏の散歩には首に巻く保冷剤グッズがおすすめ!首巻きやスヌードの夏バテ対策はコレ!

犬の暑い夏の散歩で活用したい、夏バテ対策に打ってつけの保冷剤を使用した〝首巻きスヌード〝とは一体どの様なグッズなのか?私的おすすめの首に巻くスヌードやバンダナのメリット・デメリットを解説しつつ紹介しますね。そして保冷剤が犬へ与える危険性と、安全面を考慮した〝手作りの保冷剤〝の作り方についても詳しく解説していますので是非参考にしてみてくださいね。
夏に適した生活環境や外出方法

犬に夏の時期はぬるま湯と冷たい水のどちらを飲ませるべきなのか?犬に適度な水の温度の調べ方はコレ!

この記事では、夏の暑い季節に犬へ与える飲み水の温度について紹介します。夏の季節は外気温の暑さから私達飼い主は『犬も人間と同じで、冷たい水を飲みたがるだろう』と、感じる方も多いのではないでしょうか?確かに犬も冷たい水を飲みたがる子もいますが、個々によってはぬるま湯の水が良いと感じる犬も存在します。犬は自身の好む水の温度であれば沢山飲むのに対し、苦手な温度の水だとあまり飲まないと言った事も少なくはありません。夏の季節は夏バテや熱中症を予防する為にも日頃の水分補給が欠かせませんので、自身の子がどの温度の水を好むのかを日頃から把握して、犬がしっかりと水分補給できるように個々に合わせた適度な水の温度を把握しておく必要がありますね。また、犬へ与える水の温度は『犬の留守番時・散歩後』や『犬の生活する環境』などに加え、犬の年齢によっても適度な水の温度が変わってきます。今回は『犬の状況毎や年齢などによって異なる、適切な水の温度とその理由』と『個々の犬が好む水の温度の試し方』について、詳しく解説していきますので是非参考にして見てくださいね。
夏に適した生活環境や外出方法

犬の外飼いにおける夏バテ対策はコレ!外飼いの犬に必要な夏対策とは?

この記事では、外飼いの犬への夏バテ対策に有効なグッズや熱中症を防ぐ為の方法について紹介しますね。外飼いの犬は夏特有の暑い気温や直射日光の影響で、夏バテや熱中症などの命に関わる危険と常に隣り合わせの状況となっています。年々気温が上昇している現代では、飼い主が犬に対して何かしらの夏バテ対策を施していないと、犬は夏の時期の間、常に辛い思いをしながら生活しなくてはなりません。その為、飼い主は外飼いの犬に対して『どうすれば犬が快適に夏の時期を過ごす事ができるのか?』を考え、夏の時期が到来する前に夏バテ対策を準備をしておく必要があります。今回は、外飼いの犬に対する夏バテ対策を詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてくださいね。
夏に適した生活環境や外出方法

犬と移動する夏の車にエアコンの暑さ対策が必要な理由とは?車内へ乗り込む前にやっておきたいことはコレ!

この記事では、夏の車でのお出掛け時に犬へのエアコン対策が必要な理由と、車内へ乗り込む際に犬の為に行っておきたい事前準備について紹介しますね。夏の季節の車内は人間ですら嫌になるほどの気温を保っており、その温度は外気温よりも高い気温(50℃以上)である事が多いですよね。犬にとって夏の季節の適温が23℃〜27℃前後(※犬種や個々によって適温に多少の違いはある)と言われていますので、外気温や直射日光で温められた車内は犬にとって熱中症のリスクが高く危険な状況となっています。では、犬と夏の時期にお出掛けする際、車へ乗り込む前の車内温度に対して飼い主はどう対処するべきなのか?また、移動中の車内ではどのようにして暑さ対策をするべきなのか?について、今回は車載エアコンを含めた犬の暑さ対策について紹介していきますね。
夏に適した生活環境や外出方法

犬の夏の暑さ対策グッズには氷枕がおすすめ?アイスノンなどを上手く活用する方法はコレ!

この記事では、犬の夏の暑さ対策グッズとしておすすめな、アイスノンや氷枕を上手く活用する方法を紹介しますね。アイスノンや氷枕は夏の暑さ対策グッズとして、とても効果的な一面を見せる一方で誤った使い方をしてしまうと、犬が中毒症状を引き起こしたり、低温火傷になることもあります。その為、飼い主はアイスノンや氷枕を犬の暑さ対策グッズとして使用する際は、最低限の知識を持った上で犬へ使用する事をおすすめします。
夏に適した生活環境や外出方法

犬の車内での留守番は夏の暑さが危険となる!?車内が危険な理由はコレ!

この記事では、夏の暑い時期に犬を車で留守番させる事の危険性について紹介しますね。また、車内の留守番対策としてエアコンが有効なのかどうかについても詳しく解説していきます。本来であれば夏の時期は犬を車に残さないのが一番安全な対策方法となりますが、犬と一緒にお出掛けした際や、犬の疾患故に飼い主が側を離れることができないなど、犬の車内への留守番事情には様々な理由があるかと思われます。では、犬に車内への留守番をどうしてもお願いしなくてはならない時に〝飼い主は一体どのような対策を取れば良いのか?〝について今回は詳しく紹介していきますね。
夏に適した生活環境や外出方法

犬の夏の遊び場は家の庭がおすすめ!アマゾンで選ぶプールの選び方とは?

この記事では、犬の夏の遊び場におすすめしたい、家の庭でのプール遊びや、その際に注意しておきたい事を紹介しますね。またアマゾンで選ぶレビュー・評判などの評価の高い犬用のプールのおすすめや選び方についても解説しつつ、何故、『夏の遊び場が家の庭なのか?』について詳しく説明していますので、是非参考にしてみて下さいね。
error:Content is protected !!