犬の健康と考え方

犬の健康と考え方犬の健康と考え方
歯磨きや歯石等について

愛犬の歯ブラシや指サック歯ブラシのおすすめな洗い方とは?やり方を間違えると菌が繁殖する原因に!?

皆さんは愛犬の歯ブラシや、指サック歯ブラシをどの様に洗い、保管していますか?多くの方は歯ブラシ等を流水で洗い流すだけで終えているかも知れませんが、実はそれ、ブラシ内に菌を繁殖させてしまう行為であり、愛犬の口内を目に見えない細菌で汚染してしまっているのですよ!今回は愛犬の歯磨きで使用する〝歯ブラシ〝と〝指サック歯ブラシ〝のおすすめな洗い方や管理方法のやり方を紹介していきますので、是非参考にして見てくださいね。
犬の健康と考え方

犬の生理前の体調の変化とは?秋の生理による出血の期間はコレ!

この記事では、犬の生理前には前兆となる体調の変化が訪れるのか?もしくはどのタイミング(身体の変化や精神状態)から『生理が訪れた!』と、考えれば良いのか?について紹介しますね。また、春頃や秋頃に訪れる犬の生理期間中の出血は、『どの程度の日数が掛かるのか?』についても詳しく解説していきます。
犬の健康と考え方

犬の生理期間に行う散歩方法とは?オムツで出血を抑える方法はコレ!

この記事では、犬の生理期間中に行う〝雄犬に配慮した散歩方法〝や、生理が原因となる〝体調不良に配慮した散歩方法〝について紹介しますね。また、生理期間中に生じる〝出血〝をオムツで抑える方法についても解説していますので、是非参考にしてみてくださいね。
犬の健康と考え方

犬が生理中の散歩などでオムツを付ける理由とは?生理によるマウンティングを防ぐ方法はコレ!

この記事では、犬が生理(ヒート)になった際、散歩などを行うに当たって、オムツの着用が勧められる理由について紹介しますね。また、生理中の雌犬に対して雄犬が行う〝マウンティング〝に対しての対処法も詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてくださいね。
犬の健康と考え方

犬が生理で食欲減退する理由とは?食欲不振を解消する方法はコレ!

この記事では、犬が生理(ヒート)の期間に食欲減退する原因と、食欲不振をどの様にして改善すれば良いのか?について紹介していきますね。犬の食欲不振による食事量の変化は個々の体質によって、その幅が大きく異なり、中には食欲減退するどころか、以前よりも食事量が大幅に増えてしまう子も存在します。その為、『生理=食欲不振』ではなく、〝一般的に食欲減退する子が多い〝だけである事を理解した上で読み進めて頂けたらなと感じます。
怪我や病気について

犬が台風で体調不良を引き起こす原因はこれ!天気による低気圧が犬の身体に与える影響とは?

この記事では、台風などの天気が悪い影響で、犬が体調不良を引き起こす原因について紹介しますね。一般的に台風などで犬が体調を崩す原因は〝低気圧〝が関係していると言われていますが、実際の所、低気圧と身体の関係性については知らない方も多いかと思われます。そこで今回は『低気圧が身体にどう関係しているのか?』も、詳しく解説していきますので、是非参考にしてみて下さいね。
夏に適した生活環境や外出方法

犬のお風呂(湯船)に適切な温度や回数とは?夏は犬が気絶・疲れる事を考慮する!

この記事では、夏の時期に行う犬のお風呂(湯船)温度や回数の目安を紹介しつつ、夏の時期に注意しておきたい、お風呂で犬が気絶や疲れる理由についても詳しく解説していきますね。夏は一年の季節中でも、ノミやダニ、または花粉などの犬の皮膚への影響が最も多い季節となり、虫や花粉などのアレルギーから犬の皮膚を守る為にもお風呂(湯船)へ定期的に犬を入れる事がとても大切になってきます。また、ターンオーバー(新陳代謝)の周期(皮膚の生まれ変わり)も考慮してシャンプーをしてあげなくてはなりませんが、犬個々の体質や年齢、または皮膚疾患等の影響で一般的目安とされるお風呂の頻度は大きく異なります。では、『一般的夏のお風呂(湯船)温度・回数』と、『個々の体質や年齢を考慮した、夏のお風呂温度・回数』では、一体どのように違うのかも含め見ていきましょう。
愛犬のケアの方法について

ポメラニアンのしつけはいつから?注意点と成犬からでは難しいのか?について

この記事では、ポメラニアンが人間社会でトラブル(吠える・噛みつくなど)を、起こすことなく生活する為に必要とされるしつけをいつから行っていくのか?についてと、その際の注意点を紹介しますね。また、ポメラニアンが成犬になってからのしつけは難しいのか?に関して、難しいと感じる原因や上手くしつけが行えない理由、保護された成犬にしつけを行う際の考え方について、詳しく解説していますので是非参考にしてみて下さいね。
愛犬のケアの方法について

ポメラニアンのしつけを室内で行う!お手・待て・おすわりの教え方のコツとは?

この記事では、ポメラニアンをコントロールする為に必要な、おすわりや待て・お手を室内で簡単に行うしつけ方法を紹介しますね。ポメラニアンは好奇心旺盛な性格や警戒心の高い性格から、散歩中に気になる物があれば、一人勝手に歩いたり、通行人や他の犬を見ると無駄吠えを行ったりなどと、問題行動を起こしやすい犬種でもあります。しかし、ポメラニアンは聡明な性格をしていますので、飼い主がしっかりとしつけを行えば、ポメラニアンは何がダメなのかを理解してくれます。その為、日頃からお手に加えて、待て、おすわり、など、飼い主がしっかりとしつけていれば、ポメラニアンが散歩中に独り勝手に歩いたり、無駄吠えなどのトラブルを即座に止めさせる、またはさせない事が出来るようになりますね。これらの事から、日々の生活でポメラニアンをコントロールする為のしつけを行っておくと良いですね。今回はポメラニアンをコントロールする為に必要なしつけの方法を紹介していますので、是非参考にしてみて下さいね。
愛犬のケアの方法について

ポメラニアンのしつけで怒るのはダメ!失敗するのは飼い主の行動にあった?

この記事では、ポメラニアンをしつける際に飼い主が取りがちな間違った行動について紹介しますね。ポメラニアンに限らず、犬の心理について理解せず飼い主が『ダメでしょ!!』などのように頭ごなしに怒ると、犬は『なんで怒っているんだろう?』と理解できずトイレなどの失敗を繰り返す原因となります。では一体どのように教えてあげれば良いのか?今回は正しいしつけ方と悪いしつけ方を紹介していきますね。
error:Content is protected !!