犬の健康と考え方

犬の健康と考え方 犬の健康と考え方
犬の健康と考え方

犬が台風で体調不良を引き起こす原因はこれ!天気による低気圧が犬の身体に与える影響とは?

この記事では、台風などの天気が悪い影響で、犬が体調不良を引き起こす原因について紹介しますね。一般的に台風などで犬が体調を崩す原因は〝低気圧〝が関係していると言われていますが、実際の所、低気圧と身体の関係性については知らない方も多いかと思われます。そこで今回は『低気圧が身体にどう関係しているのか?』も、詳しく解説していきますので、是非参考にしてみて下さいね。
犬の健康と考え方

犬の換毛期におすすめなブラシはコレ!毛が抜ける秋への対策法とは?

この記事では、犬が秋の時期に毛が抜ける原因である〝換毛期〝におすすめのブラシを紹介します。また、換毛期の影響で大量に抜ける被毛をどの様にして最小限に抑えるのか?についての対策法も合わせて解説していますので、是非参考にして見てくださいね。
犬の健康と考え方

犬の元気がない・よく寝る理由とは?寒い秋から冬に掛けて多く見られる原因はコレ!

この記事では、犬が秋から冬に掛けてよく寝る、又は元気がない理由について紹介しますね。暑い夏から寒い冬へと移り変わる秋の季節は、気温や日光の照射時間などが徐々に変化する時期でもあります。しかし、この季節(秋)は気候だけではなく、犬の生活習慣にも大きな変化を与える事となります。この変化には大きく分けて〝本能的な習性〝と、〝気候による影響〝があり、主にこの二つが起因して犬の元気がない、又はよく寝るようになった、と感じるのです。では、秋から冬に掛けて引き起こされる〝本能的な習性〝と、〝気候による影響〝とは一体どういった事なのでしょうか?
犬の健康と考え方

犬が秋になると痒がる3つの理由とは?ノミ・ダニや花粉症アレルギーの18つの対策法はコレ!

この記事では、秋の時期に犬が皮膚を痒がる原因として〝ノミ〝や〝ダニ〝又は、〝花粉症アレルギー〝が挙げられる理由を紹介しますね。また、これら原因に対する対策法を詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてくださいね。
犬の健康と考え方

犬が下痢や嘔吐で元気ない?秋から変化する寒い気温への対策法はコレ!

この記事では、秋の寒い時期に犬が下痢や嘔吐を引き起こす原因や、季節特有の影響を受けて犬が元気ない理由について紹介しますね。秋の時期は〝特有の気候の変化〝や〝気圧の変化〝または、前季節(夏)に受けた疲労の蓄積などが影響して犬の体調が崩れやすくなっています。また、この時期はノロウイルスが流行する時期でもあり、このウイルスは人間だけではなく犬にも感染する恐れがありますので、犬が何を理由に元気ないのかをしっかりと見極められる様にしておきましょう。
犬の健康と考え方

犬が秋になると太る5つの理由とは?体重の増減による体型の変化とは?

この記事では、犬が秋の時期になると体重が増加し、太る原因について紹介しつつ、体重が増加する事で起こる体型の変化について詳しく解説していきますね。秋の時期は〝読書の秋〝や、〝食欲の秋〝などと言われていますが、食欲の秋に関しては人間だけに限った話では無く、同じ〝哺乳動物〝である犬にも秋の時期は食欲を増加させる影響があります。では、食欲が増加する理由と、犬の体型がどのように変化するのかについて見ていきましょう。
犬の健康と考え方

犬が快適に過ごせる秋の室温とは?留守番に最適なエアコンの温度はコレ!

この記事では、犬が快適に過ごせる秋の室温と、留守番に最適なエアコンの温度設定について紹介しますね。秋の時期は大きく分けて二つの温度設定が必要で、〝夏から秋〝へと移り変わる暑い外気温と、〝秋から冬〝へと移り変わる寒い外気温があります。また個々の犬によって、適温が異なる犬種(原産国や被毛の違い)や、年齢による適温の違い(老犬や子犬)または、体質などでも犬が快適と感じる室温には多少の違いが考えられます。その為、秋の時期は夏から冬へと移り変わる外気温の変化に注目しつつ、犬が快適だと感じるエアコン設定を行っておく必要がありますね。さらに犬単体の留守番時では、犬が快適だと感じるエアコン設定にしておかないと、飼い主の気が付かないうちに愛犬が暑さのあまりに〝熱中症〝を引き起こしたり、寒さの余りに〝低体温症〝を引き起こす可能性が高くなっています。これらの症状を愛犬に負わさない為にも日頃から、個々の犬に適したエアコンの温度設定を把握しておく必要がありますので、『我が家のわんちゃんは〝何度の室温が最適〝なのか?』を判断できる〝日頃の犬の行動〝にも注目しておくと良いですね。
犬の健康と考え方

犬が食欲不振になりがち?秋の9つの熱中症対策はコレ!

この記事では、犬が秋の時期に引き起こしやすい食欲不振の原因の一つとなる、〝熱中症〝の対策方法について紹介しますね。また『何故、秋の時期に犬が熱中症を引き起こすのか?』について詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてください。
犬の健康と考え方

犬のお風呂(湯船)に適切な温度や回数とは?夏は犬が気絶・疲れる事を考慮する!

この記事では、夏の時期に行う犬のお風呂(湯船)温度や回数の目安を紹介しつつ、夏の時期に注意しておきたい、お風呂で犬が気絶や疲れる理由についても詳しく解説していきますね。夏は一年の季節中でも、ノミやダニ、または花粉などの犬の皮膚への影響が最も多い季節となり、虫や花粉などのアレルギーから犬の皮膚を守る為にもお風呂(湯船)へ定期的に犬を入れる事がとても大切になってきます。また、ターンオーバー(新陳代謝)の周期(皮膚の生まれ変わり)も考慮してシャンプーをしてあげなくてはなりませんが、犬個々の体質や年齢、または皮膚疾患等の影響で一般的目安とされるお風呂の頻度は大きく異なります。では、『一般的夏のお風呂(湯船)温度・回数』と、『個々の体質や年齢を考慮した、夏のお風呂温度・回数』では、一体どのように違うのかも含め見ていきましょう。
犬の健康と考え方

犬の夏の日向ぼっこは熱中症や白内障の危険がある!?紫外線や暑い日差しの対策方法はコレ!

この記事では、犬の夏の日向ぼっこに潜む紫外線や外気温による危険性〝熱中症〝や〝白内障〝などを、どの様にして対策するべきなのかを紹介しますね。実際のところ、犬の日向ぼっこに危険が付きまとうのであれば『犬に日向ぼっこ自体をさせなければ良いのでは?』と、考える方も少なからず居るかも知れません。しかし夏の日差しが強い時期とは言え、犬が日向ぼっこを行う行動にはそれなりの理由があります。そして犬の健康を促進させる為にも、飼い主は日向ぼっこのメリットを理解した上で積極的に犬へ日向ぼっこをさせてあげる必要もあります。では、犬の日向ぼっこのメリットとデメリットとは一体何なのか?今回は犬に日向ぼっこが必要な理由と日向ぼっこが危険な理由の二つを紹介していきます。