秋のキャンプに適した女子の格好とは?女性に必要な服装や持ち物はコレ!

こんにちわん(`・ω・´)

この記事では、寒暖差の激しい秋の時期に行うキャンプにおいて、最適とされる女子の服装や格好とは一体どの様なものなのか?について紹介していきますね。また、秋頃のキャンプにおいて必要とされる持ち物についても解説していますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

秋の時期に最適とされる女子の服装や格好とは?

朝晩の冷え込みを考慮した服装や格好を第一に考える

秋の時期は気温の寒暖差が大きく、昼は暖かく過ごし易い気温となりますが、夜間や早朝は真冬並みの気温にまで下がる為、防寒対策を施していないと『寒くて行動出来ない!』なんて事が十分に考えられます。

また、キャンプは野外にテントを張って就寝する為、テント内と言えど、就寝する際の服装や格好に対しても防寒対策を施していないと、就寝時に耐えられない寒さに直面し、寒さで寝られない可能性もあります。

女子のキャンパーにとって、秋頃のキャンプは夏の季節の様にそれほど昆虫が多く発生する事がないので、虫嫌いな女性は夏よりも秋や冬のキャンプを好まれる様です。しかし、昆虫が多く発生しないからと言っても、男性よりも比較的、冷え性の方が多い女子は、気温による寒さの問題で秋・冬のキャンプを思う存分〝楽しめない〝と感じてしまうかも知れません。

その為、秋頃のキャンプは服装や格好におしゃれを求めるだけではなく、防寒についてしっかりと考えておく必要があります。また、防寒だけではなく以下の事も踏まえた上で、服装や格好を選んでおくと良いでしょう。

  • 動きやすい服装や格好を選択する
  • 汚れても良い服装や格好を選択する
  • 重ね着が出来る、幅の大きなゆとりのある服装や格好を選択する
  • 上着は火の粉で穴が空きにくい、ウールやコットン素材の服装や格好を選択する

秋頃や冬のキャンプでは防寒対策が必須となりますので、上下共にレイヤリング(重ね着)できる服装や格好が基本となります。極度の寒がりの女子にオススメする頭から足先までの服装や格好は以下の通りです。

    • ニット帽(夜間用)
    • キャップ(昼間用)
    • イヤーマフ(耳あて)
  • 首元
    • ネッグウォーマー・マフラー
  • 上半身
    • ウールブランケット
    • コットンやウールのジャケット
    • マウンテンパーカ・レインウェア・化繊綿入りジャケット(厚みの薄いタイプ)
    • セーターやフリース、又はトレーナー
    • ヒートテック
  • 手先
    • 手袋
  • 下半身
    • コットンやウールのパンツ(伸縮性があり、ゆとりのあるタイプ)
    • レインウェア(風通しを防ぐのに最適)
    • タイツ・インナーパンツ(裏起毛のスウェットなど)
    • ティンバーなどのブーツ(足場の安定性や、火の粉を考慮)
    • ウールの靴下(冷えは足先から訪れますので、靴下は暖かく蒸れにくいウール素材がおすすめです)

これだけの服装・格好を準備していれば、寒がりの女子の方でも安心して、秋頃のキャンプを楽しむ事が出来ますね。

折角のキャンプ先で『寒くて寝られない!』と悲しい思いをしない為に、むしろ重ね着しすぎて『暑くて寝られない!』と感じる位に着込む方が後々服装での温度調整が出来て便利ですよ!

スポンサーリンク

キャンプに必要な女子の持ち物とは?

秋の時期は暖のとれる持ち物も追加しておこう!

キャンプへ行く際に女子が持っておきたい持ち物は主に以下の通りになります。

  • 日焼け止め
  • 基礎化粧品(化粧をする女子)
  • メイク道具と化粧品(化粧をする女子)
  • 手鏡(大・小)
  • 携帯用のメイク落とし(拭くシートタイプなど)
  • ヘアゴム・シュシュ
  • 虫除けスプレー
  • 頭痛薬などの常備薬
  • 生理用品
  • ドライシャンプーやウェットシート

シートタイプなどのメイク落としは単体で使用する事は出来ますが、綺麗に落ちるかと言われればそうではありません。ですので、メイク落としの後にコットンへ化粧水を染み込ませて、拭きあげるようにすると、メイク落とし単体よりも綺麗な状態が保てるようになります。

その為、コットンと化粧水も忘れずに持っていくと良いですね。

またドライシャンプーやウェットシートは、キャンプ場によってはお風呂に入れない事もありますので、簡易的ではありますが身体の汚れを落とす為に準備しておく事をおすすめします。

これらは基本的な女子の持ち物となりますが、秋頃や冬のキャンプではこの他にも以下のような〝暖が取れるグッズ〝や、〝寒さを考慮したアイテム〝を準備しておくと快適な秋キャンプを楽しめるようになります。

  • ゴム手袋
  • ホッカイロ
  • 湯たんぽ
  • 長靴や代わりのブーツ・靴下
  • 焚き火コンロ
  • アルミシートなどの断熱材シート
  • レッグウォーマー

キャンプ地での炊飯作業などで使用する水は秋頃になると、とても冷たくなりますので、キッチン用品のゴム手袋を持っておくと良いですね。また、寒暖差の激しい秋頃は、夜露(結露のようなもの)による被害も考慮しておかなくてはなりません。

夜露の被害としては以下のようなものが挙げられます。

  • 外に出しておいた靴や椅子などが、朝になったらびしょ濡れになっている可能性がある
  • テント周辺の地面が草木の場合、早朝の時間に出歩くだけで靴がびしょ濡れになり、濡れた事で足先が凍える場合もある

これらを防ぐには就寝時に靴や椅子などを外へ放置しない事が対策の一つとなりますが、地面の夜露はどうしようもありませんので、朝方は濡れても大丈夫な長靴を使用して行動するのが良いかと思います。

焚き火コンロは、主に焚き火による暖を目的としたものですが、灯りも確保出来ますので、夜間にテント外で暖まる際におすすめのアイテムとなります。ただし、火の粉に注意しないと化繊素材の衣類は火の粉で洋服に穴が開いてしまう可能性が十分に考えられます。

その為、ウールやコットン素材の上着を着用した上で焚き火を行うのが対策の一つとなります。

アルミシートなどの断熱材シートは、テント内で寝る際にアルミシートなどの断熱材を床に敷いていないと、地面からの冷気で中々寝付けないと言った事があります。ですので、冷え性の女子は特に用意しておきたいアイテムとなりますね。

この他にもアウトドアメーカーである〝THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)〝や、〝mont-bell(モンビル)〝、〝snow peak(スノーピーク)〝などでは様々な寒さ対策グッズや、女子キャンパーグッズ等が販売されています。

各メーカーのHPでアウトドア用品を確認する事も出来ますので、どんな商品があるのか気になる方は一度メーカーのHPを覗くか、メーカー店舗に訪れてみると良いですね。

スポンサーリンク

最後に:秋頃のキャンプにおすすめな服装や持ち物についてまとめてみました

秋頃のキャンプは夜間と早朝にとても冷え込みますので、冷え性の方は何枚も重ね着して、ウール素材などの保温性の高い洋服や、レインウェアなどの風を通さない服装を選択するのが良いかと思います。

また初心者の女子キャンパーは、これから先キャンプにハマるかどうかがわかりません。その為、服装や格好はアウトドアメーカーで全身コーディネートはせず、普段の私生活で使用している服装、又は普段着としても使えるアウトドアメーカーの服装を一部購入する事から始めるのをおすすめします。

これはアウトドアメーカーで服装や格好を全身揃えると、膨大な金銭が発生する為の防止策となります。折角キャンプ用の服装購入しても、一度のキャンプで飽きてしまえば使い道が無くなる事も考えられますので、自身がこれから先も『キャンプへ行きたい!』と感じてから購入すると良いですね。

そして、秋のキャンプに必要となる持ち物が『よく分からない』と感じるようでしたら、アウトドアメーカーの店舗へ足を運び、プロである女性店員さんに一度相談してみるのも良いかも知れませんね。

コメント

error:Content is protected !!