ポメラニアンのそらとあめはこんな感じでブラッシングされている

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事は我が家のわんちゃんの日常ブログとなっています。



前回の日常ブログは下のボタンをクリックすると、飛ぶ事が出来ます。



ゴロンと腹を出して寝転ぶポメラニアン

私がポメラニアンのそらとあめのブラッシングを行う時は、まずゴロンと仰向けにしてから後ろ足周辺(内側)→前足周辺(内側)→お腹周りの順で行います。

特に毛玉が出来やすい脇周りは、わんちゃんを仰向けにしてから行うとやり易いですよね(●´ω`●)



ただし、わんちゃんを仰向けに寝かす場合は事前の飲食に気を付けなければいけませんよ!

最低でも食後30分~1時間はしっかりと休憩させてあげましょうね。



仰向けでのブラッシングが終われば、わんちゃんに起き上がってもらい。

後ろ足周辺(外側)→お尻周り→体の側面→前足周辺(外側)→わんちゃんをお座りさせてから背骨上部→耳周り→首回り(背中側)→顔まわり→胸元周りと首回り(前面側)→尻尾で完了となります。



私がブラッシングで気を付けているポイントは

・『1部箇所以外は被毛の流れに沿ってブラシを通す』

・『ブラシを通すときは全体的にただブラシを通すのではなく、手で毛を分けながら段を作って通してあげる』

・『前足の中手骨と後ろ足の中足骨付近から下の被毛は、毛の流れに逆らってブラシを通す』

・『顔周りや耳周り・尻尾はコームのみで整えてあげる。またコーム先端に指を添えて、わんちゃんが動いた際、目などに刺さらないよう防止策を取る』

・『ブラシは軽く持つようにして、少しでも引っ掛かる様ならコームなどを使用して解いてあげる』

・『ブラシをすると同時に被毛を掻き分け、皮膚に炎症が無いか?小さな腫瘍など出来物が無いのか?を確認する』

・『仰向けにする場合は、毛布やクッションを引いてあげる』

・『仰向けにする際・起き上がらせる際、共にわんちゃんの腰への負担を考慮してサポートしてあげる』

・『食後3時間以内には行わない』

・『仰向けをわんちゃんが嫌がる場合は、少し時間を置く』

・『仰向けになった、わんちゃんのお腹にキス&頬ずりをしておけ。気持ちいぞ』

以上かな?

無意識に気を付けている事もあるから、これで全てとは言えないけど最低限の注意点としてはこんな感じですね(●´ω`●)

わんちゃんのブラッシングには、トリマーさんが行う正しいブラッシングの方法もありますが、私は昔からこのやり方が好きで、これから先も変える事はないかと思います。

ペットの写真から等身大オリジナルクッション製作【ハグペット】



わんちゃんの日常ブログは下のボタンをクリックすると、次の記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(●´ω`●)

コメント