愛犬とバスに乗れるのか?乗車マナーやルールはコレ!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

愛犬と一緒にバスへ乗車するには、どの様なルールやマナーが定められているのか?各バス会社によって細かな内容は異なりますが、大まかな部分は基本的に同じですので、乗車拒否等のトラブルが起こる前に一般的なルールやマナーについて確認しておきましょう。

今回は愛犬と一緒にバスを利用する際のマナーやルールについて詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク

愛犬と一緒にバスへ乗れるのか?

小型犬のわんちゃんであればバスの乗車は可能!

バスと一概に言っても、その種類は以下の様に管轄や会社が異なっており、基本的なルールは同じものの、細かな内容は異なってきますので、乗車前に必ず利用するバス会社へ『愛犬と一緒に利用する際のルールやマナー』を確認しておく必要があります。

  • 東京都交通局
  • 大阪市交通局
  • 名古屋市交通局
  • 西日本鉄道
  • 各バス会社

バス会社HPでも、乗車の際に設けられた規定事項等のルールを確認する事は出来ますが、トラブルを防止する為にも、電話で『愛犬との乗車について』詳しく詳細を聞いておく事をおすすめします。

また東京都交通局や大阪市交通局・名古屋市交通局・西日本鉄道、とそれぞれバス会社は異なりますが、基本的にどのバス会社であっても愛犬との乗車には〝キャリーバッグ〝が必要となりますので忘れずに準備しておきましょう。

ただしキャリーバッグがあったとしても、バスへ乗車が可能な犬のサイズは基本的に〝小型犬のみ〝となっており、中型犬・大型犬は乗車不可となります。

※盲導犬や聴導犬・介護犬などの補助犬については、キャリーバックの有無や、わんちゃんのサイズに関係なく乗車可能となります。

愛犬と一緒にバスへ乗車する際のルールやマナーとは?

バスへ乗車する前に確認しておこう!

愛犬とバスへ乗車するには、各バス会社が定めている〝ルール〝や、他の乗客に迷惑を掛けない為の〝マナー〝をしっかりと守る必要があります。

もしバス会社が定めたルールやマナーを破ってしまうと、最悪その場で〝乗車を拒否される可能性〝もありますので、ルールやマナーは事前にしっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

愛犬と一緒にバスを利用する際のマナーはコレ!

バスはタクシーとは違い、他の乗客も乗り合わせていますので、周りの方へ迷惑を掛けてしまう行為は、トラブルへ発展しかねませんので注意が必要です。

  1. 吠える、暴れる等の行動を起こさない様、しっかりとした社会科訓練を行なっておく
  2. 他の乗客が不愉快に感じる、獣臭といった匂いが車内に漂わない様、清潔に保つ
  3. 車内で粗相を起こさない様、乗車前に排泄を済ませておく
  4. 動物アレルギーの方や、犬を苦手とする方もいますので、キャリーバックから手足や顔を出さない様にしておく
    • また、車内に抜け毛が舞わない様、キャリーバックは完全に閉めておく

愛犬と一緒にバスを利用する際のルールはコレ!

バス会社によって細かなルールは違えど、基本的なルールは同じですので、事前に確認しておきましょう。

  1. キャリーバッグの素材や形状については特に決まりはありません
    • ただし、愛犬の身体が完全に隠れて蓋が出来るものに限る
  2. 毛の飛散が考えられる場合は、キャリーバッグの上から布等を被せる必要がある
    • またキャリーバッグに入れても、愛犬の姿が他の乗客から見える場合は、同じく布を被せて隠す必要があります
  3. 縦・横・高さの合計が100㎝以内で、愛犬の体重と合わせて重さ10㎏以内のキャリーバックに限る【東京都交通局】
  4. ペットカート・ペットスリングは蓋つきでも使用不可【東京都交通局】
  5. 座席の使用は基本的に大丈夫ですが、混雑時などはキャリーバッグを自身の膝の上に置いて座席を占領しない様に気を付ける
    • また、混雑時にキャリーバッグを足元へ置いておくと、他の乗客に踏まれる危険性がありますので、必ず膝の上で抱えておきましょう
  6. キャリーバッグ以外にも、愛犬の全身が隠れて他の乗客から見えない様であれば、
    • 蓋の付いたドックスリングや、
    • 車内で転回可能な大きさでありながら、カバーの大部分が不透明なペットカート
    • ペットバギーも乗車可能となる【大阪市交通局】
  7. 膝の上に乗せられる程度の大きさのケースで、愛犬の手足や顔が出なければ、キャリーバッグの形状についての決まりは特にありません【名古屋市交通局】
  8. 愛犬の全身が隠れる状態であれば、どのような形状のバックでも乗車可能となる
    • ただし、混雑時に関してはトラブルや危険防止の為に、乗車を断ることもあります【西日本鉄道】
スポンサーリンク

最後に:愛犬とバスへ乗車する時は混み具合も考えておこう

バスは短い距離や、中距離程度の移動にとても有効で、乗車料金も安く設定されていますので、愛犬とのちょっとしたお出掛けには便利な存在となります。

しかしバスはタクシーとは異なり、他の乗客も乗り込んできますので、〝獣臭の対策を行なっておく〝などといった配慮が必要になってきます。

また中には犬が嫌いだからと、いちゃもんを付けてくる面倒な輩も少なからず存在しますので、トラブルが起こり得る事を考慮した上で利用しましょう。

混雑時などの利用では、愛犬の入ったキャリーバッグが押しつぶされてしまう可能性も十分に考えられますので、愛犬と乗れるからと言って、無理に乗車はせずに、混む時間帯の利用は出来る限り避けておくと良いですね。


またね(*‘ω‘ *)

コメント

error:Content is protected !!