わんちゃんと公共の乗り物を利用する【バス】

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんとバスに乗る際の乗車マナーや方法について紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



タクシーや電車・バスなどの公共の乗り物をわんちゃんと一緒に利用する場合は、その機関のルールやマナーを守るのは勿論の事、利用する際にはわんちゃんをペットキャリーに入れて置くことが条件となります。



またペットキャリーの種類も細かく設定されている事があり、普段から使用しているペットキャリーでは乗車拒否される可能性があります。



では、一体どのようなペットキャリーを選択すればよいのか?またその乗車方法やマナーとは?

今回は公共機関の乗り物でも比較的に乗車賃が安く、短距離の移動に便利なバスについてお話します。



小型犬のわんちゃんならば基本的にバスは乗車可能

バスと一概に言っても、東京都交通局や大阪市交通局・名古屋市交通局・西日本鉄道とバス会社によって基本的なルールは同じものの、細かなルールは異なってきますので乗車前に必ず利用するバス会社へ確認しておく必要があります。



バス会社HPにても乗車の際に設けられたルールを確認する事は出来ますが、トラブルを防止する為にも念には念を押して、電話でわんちゃんの乗車について確認しておく事をおすすめします。



東京都交通局や大阪市交通局・名古屋市交通局・西日本鉄道とバス会社は異なりますが、基本的にわんちゃんをキャリーバックに入れた状態であれば乗車する事は可能となります。



ただし乗車が可能なわんちゃんのサイズは小型犬のみとなっており、中型犬・大型犬は乗車不可となります。



※盲導犬や聴導犬・介護犬などの補助犬については、キャリーバックの有無やわんちゃんのサイズに関係なく乗車可能となります。



わんちゃんとバスに乗車する際のルールやマナー

わんちゃんとバスに乗車するには、バスが定めているルールや他の乗客に迷惑を掛けない為のマナーをしっかりと守る必要があります。



もしバス会社が定めたルールやマナーを破ってしまうと、最悪その場で乗車を拒否される可能性もありますので、ルールやマナーは事前に確認しておきましょう。



わんちゃんとバスを利用するためのマナー

バスはタクシーとは違い、他の乗客もいますので周りの方に迷惑を掛けてしまう行為は、トラブルに発展しかねませんので注意が必要です。



1.わんちゃんが吠える・暴れることが無いようにしっかりとした社会科訓練の必要性



2.獣臭などの他の乗客が不愉快になるような匂いが車内に漂わない様、わんちゃんを清潔に保つ



3.粗相を起こさない様に乗車前に排泄を済ませておく



4.動物アレルギーの方やわんちゃんを苦手とする方もいますので、キャリーバックから手足や顔を出さない。

また、車内に毛が舞わない様キャリーバックは完全に閉めておく。



わんちゃんとバスを利用するためのルール

バス会社によって細かなルールは違えど、基本的なルールは同じですのでしっかりと確認しておきましょう。



1.キャリーバックの素材や形状については特に決まりはありませんが、わんちゃんの体全体が完全に隠れて蓋が出来るものに限ります。



2.毛の飛散が考えられる場合は、キャリーバックの上から布などを被せる必要があります。

またキャリーバックに入れても、わんちゃんの姿が他の乗客から見える場合は同じく布を被せる必要があります。



3.縦・横・高さの合計が100㎝以内で、わんちゃんの体重と合わせて重さ10㎏以内のキャリーバックに限る【東京都交通局】



4.ペットカート・ペットスリングは蓋つきでも不可【東京都交通局】



5.座席の使用は基本的に大丈夫ですが、混雑時などはキャリーバックを自身の膝の上に置いて座席を占領しない様に気を付けましょう。

また、混雑時にわんちゃんが入ったキャリーバックを足元に置いておくと、他の乗客に踏まれる危険性がありますので、必ず膝の上で抱えておきましょう。



6.キャリーバック以外にも、わんちゃんの全身が隠れて他の乗客から見えない様であれば、蓋の付いたドックスリングや車内で転回可能な大きさでカバーの大部分が不透明なペットカート・ペットバギーも乗車可能となります。【大阪市交通局】



7.膝の上に乗せられる程度の大きさのケースで、わんちゃんの手足や顔が出なければキャリーバックの形状についての決まりは特にありません。【名古屋市交通局】



8.わんちゃんの全身が隠れる状態であれば、どのような形状のバックでも乗車可能となります。

ただし、混雑時に関してはトラブルや危険防止のために乗車を断ることもあります。【西日本鉄道】



最後に:わんちゃんとバスに乗車する時は混み具合も考えておこう

バスは短い距離や中距離程度の移動にとても有効で、乗車料金も安く設定されていますので、わんちゃんとのちょっとしたお出掛けには便利な存在となります。



しかしバスはタクシーとは違い他の乗客も乗り込んできますので、気を使う必要もあります。

中には犬が嫌いだからと、いちゃもんを付けてくる面倒な輩も少なからず存在しますので、トラブルが常に付きまとう可能性を考慮したうえで利用しましょう。



また混雑時などは、わんちゃんの入ったキャリーバックが押しつぶされる可能性が十分に考えられますので、混む時間帯の利用は出来る限り避けておきましょう。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(*‘ω‘ *)

コメント