ポメラニアンのあめはクラッシャーの称号を獲得

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事は我が家のわんちゃんの日常ブログとなっています。



前回の日常ブログは下のボタンをクリックすると、飛ぶ事が出来ます。



朝起きたらポメラニアンのあめが食い散らかした痕跡を発見した件について

私が朝起きて、まず目についたモノがコレ↑

最初は、ベッドに誰がうんPしたのだろう?と考えていたのですが(私は視力が低いのでパッと見ではうんPにしか見えなかった)



こんな綺麗な茶色いうんPは見たことないな~と、近付いてみたら

(うんPじゃない・・・でも、どこかで見たことがある・・)



なんだっけな?と周りを見渡して解決。

百均で購入したハリネズミのおもちゃでした。

昨晩までは、あめに遊ばれる事も無く、新品同様の姿をしていたのに私が就寝した数時間後には耳が取れ、鼻をもぎ取られ、ハリネズミは悲惨な姿となっていました。



ここ最近では、腹話術で使用する様なぬいぐるみの象さんまでもあめの餌食となり、お眼目が取り除かれていましたからね。



ポメラニアンのあめはここ数カ月ほど、おもちゃで遊ぶ様な素振りも見せず、私はおもちゃに興味がなくなったのかな?と考えていたのですが、どうやらそうでもない様子。



ただ単に、壊しがいのあるおもちゃが少なくなってしまっただけでした。

日に日に増えていく破壊されたおもちゃと残骸たち。

申し訳ない程度の裁縫道具しか所持していない私は、応急処置程度の手術しか出来ないがあめはそれでも許してくれるだろうか?



いや応急処置程度では、また速攻で破壊されるのがオチだろう。

むしろポメラニアンのあめからすれば、おもちゃを直すのではなく〝口に含んで振り回しやすい何かしらの部位〟を後付けして欲しいと思っているはずだ。



壊れたおもちゃの一部一部を他のおもちゃに縫い付ける、いわば『おもちゃの魔改造』と呼ばれるものですね。知らんけど。



面白そうではあるけど、私の裁縫技術ではあめの猛攻におもちゃが耐えられるとは思えない・・

一応、挑戦だけはするが果たしてどうなる事やら・・・

あめ『噛み噛みする部位がないねー』



わんちゃんの日常ブログは下のボタンをクリックすると、次の記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(●´ω`●)

コメント