愛犬のトイレ掃除の仕方とは?クエン酸を活用したスプレーで簡単綺麗!

愛犬グッズの掃除術

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

愛犬と生活をしている中で『家の中がおしっこ臭い・・・』なんて感じたことはありませんか?

またトイレカバーをどの様に掃除してあげれば良いのか、疑問に感じた事はないでしょうか?

室内に広がるオシッコ臭は、トイレシーツを替えることで匂いをリセット出来ると考える方が居るかも知れません。

しかし、実際はトイレカバーにもオシッコが跳ね飛んで付着していますので、トイレカバーを掃除しない限り、トイレシーツをいくら新品に変えても臭いや雑菌といった汚れは残り続けてしまいます。

さらにトイレシーツを頻繁に換える事の出来ない〝お留守番〝では、時間が長ければ長い程、室内におしっこの匂いが篭りやすくなっています。

では愛犬のトイレ掃除や、匂いが篭りづらい対策とは、いったいどの様な方法で行えば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

今回は以下の2つについて紹介していきますね。

  • 重曹・クエン酸スプレーを活用した〝トイレの掃除方法
  • 掃除の際に施しておく〝匂い対策〝

愛犬のトイレ掃除の仕方とは?

おしっこ臭対策は『重曹・ビネガースプレー』を活用しよう!

わんちゃんのトイレから漂う、悪臭のほとんどは『酸性』となっており、その酸性を中和する事が出来れば匂いの元を消臭する事が出来ます。

そして、その酸性を中和する働きを期待できるのが『重曹』です。

重曹の働きには、酸性の悪臭を中和する効果がありますので、わんちゃんのトイレ周りの掃除に効果的な効き目を期待する事が出来ますね。

しかし、ここで問題なのが『おしっこのアンモニア臭』です。

アンモニア臭はアルカリ性となっていますので、重曹ではアンモニア臭を中和する事が出来ません。

トイレの悪臭を消臭出来ても、アンモニア臭を中和出来なければ意味がありませんよね?

しかし、私が以前紹介した【お掃除スプレー】には重曹の他にも、もう一種類スプレーがありました。

そう、穀物酢で作る『ビネガースプレー』です。

ビネガーの性質には重曹とは反対のアルカリ性の匂いを中和する効果がありますので、おしっこのアンモニア臭はビネガーで消臭する事が可能となります。

つまり、わんちゃんのトイレ周りを消臭するには『重曹』と『ビネガースプレー』の二つが必要になるのです。

そして重曹とクエン酸(酢)は、市販の洗剤の様に犬が中毒症状や皮膚炎等を発症する危険がありませんので、安心して掃除に利用する事が可能です。

では、お掃除スプレーをどう使用するのか紹介していきますね。

愛犬のトイレの掃除方法

愛犬が使用するトイレカバーは、普段から軽くでも掃除しておく事で、臭いや雑菌といった汚れの蓄積を予防する事が出来ます。

こびり付いてしまった臭いや汚れ・雑菌は、トイレカバー奥深くにまで浸食してしまう為、完全な除菌等が出来なくなり、衛生面上あまり宜しくはありません。

では、普段のお手入れ(掃除)はどのように行うのでしょうか?

毎日やっておきたい〝簡単なトイレ掃除の仕方〝は以下の通りになります。

  1. トイレカバーからシーツを外しておく
  2. トイレカバー全体を一度、硬く絞った雑巾やウェットティッシュで拭いておく
    1. ここで目に見える汚れを出来る限り取り除いていきます
  3. 雑巾の端部分に重曹スプレーを吹き掛け、磨くようにトイレカバー全体を拭いていく
  4. 重曹スプレーの掛かっていない雑巾の端部分に、ビネガースプレーを吹き掛け、こちらも同じように全体を磨くように拭いていく
  5. 30分程度でも良いので、天日干しを行い、日光でトイレカバーを消毒して完成!

たったこれだけの簡単な掃除で、汚れや雑菌、トイレの気になる匂いを予防出来ますので、是非お試し下さい。

※トイレをケージの中へ入れている方は、ケージにも目に見えない程度の排泄物が飛び散っている可能性がありますので、重曹・ビネガー(クエン酸)スプレーを雑巾等に吹き掛け、トイレ周りのケージも拭いておくと良いですね。

掃除の際に施しておく〝匂い対策〝

愛犬のトイレを掃除し終えた後、トイレカバーとトイレシーツを組み合わせる前に〝ある工程〝を組み合わせる事で、1段と臭い(トイレ臭)を抑える事が可能になります。

  1. トイレカバー底部全体に重曹(粉)を満遍なく振りかける
  2. 重曹を撒いた上に、トイレシーツを普段通りにセットする
  3. トイレシーツの吸収部分(表面)に、ビネガースプレーを軽く振りかける

このように重曹とクエン酸を事前に撒いておく事で、愛犬がおしっこをしても酸性・アルカリ性の悪臭がたちまち中和されていき、室内に篭りやすい排泄臭を多少なりとも抑える事ができます。

スポンサーリンク

最後に:わんちゃんがビネガースプレーを嫌がるようなら

ビネガースプレーは穀物酢を使用していますので、当然酸っぱい匂いがしますよね。

ビネガースプレーは穀物酢を水で薄めていますので、私達はそれほど気にも留めないでしょうが、嗅覚の鋭いわんちゃんには酸っぱい匂いがしっかりと伝わっているかと感じます。

ここで問題なのが、わんちゃんの中には、酸っぱい匂いを嫌がる子も存在する事です。

もし、わんちゃんがビネガーの匂いを嫌がれば、今までトイレシーツで排泄が出来ていたのにトイレシーツからビネガーの匂いがする事で、わんちゃんはトイレシーツを避けて他の場所で排泄をしてしまうかも知れません。

そうなると消臭した意味がありませんので、わんちゃんがビネガーの匂いを嫌がるようでしたら、ビネガースプレーの穀物酢と水の割合を変えるなどして対処してみましょう。


またね(*‘ω‘ *)

コメント

error:Content is protected !!