ポメラニアンと3月の気温と天気

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事は我が家のわんちゃんの日常ブログとなっています。



前回の日常ブログは下のボタンをクリックすると、飛ぶ事が出来ます。



3月はわんちゃんの為に冷房を入れる必要がある?ない?

皆さまは現在、エアコンを『暖房』『冷房』『除湿』『off』のどれを選択されていますか?

ここ数日の我が家は、『冷房一択』です。

えぇ、家の中が極寒です。

しかも22℃設定ですから尚更極寒ですよ。



外へ出れば自然の寒さに脅かされ、室内に戻ればエアコンの寒さに戦慄を覚える。

私がぬくぬく暖まる、逃げ場はないようだ。



しかし何故、外も寒いのに冷房を付けているのか?

それはここ数日、私が住む地方に大雨が降り続いており、網戸を介して外の外気温を取り入れる事が出来ないからです。

冷房を付けなければ、家の中は少し暖かい程度にまで室温が上がり、そこに+湿気が加わります。



ポメラニアンはその犬種的性質や被毛の種類からして、暑さに弱く湿気にも、とても弱い犬種となっています。

その為、雨が降り続く暖かい季節はポメラニアンにとって地獄の日々となり、真夏と同様に私達は注意を向けておく必要があります。



特にポメラニアンの被毛は湿気に晒されると、絡まりやすくなり、そこから毛玉や皮膚トラブルを起こす可能性もありますので、毎日のブラシは勿論の事、ブラシ前にドライヤーで湿気を取り除く手間が大切となります。



私達が寒いと感じるぐらいがポメラニアンにとって丁度良い温度となる

でも、冷房22℃はやり過ぎでは?と思うでしょう?

私も初めはそう感じました。

でもね・・・

ポメラニアンのそらとあめは、この温度が丁度良いのかエアコン前で腹を出しながら寝ているので、そうとも限りません。

しかも冷房が効いている中、ポメラニアンのそらは更に冷感ベッドの上で寝そべりますから、あの子にとっては丁度良いのでしょう。



3月はどちらかと言えば、私達人間はまだ寒いと感じる時期ですが、雨が降り続けると湿気がプラスされますので、戸を閉め切るのであれば除湿に加え、わんちゃんの犬種や被毛の種類によっては早くも冷房を付ける必要が出てきますね。



ただし、これは住む地域や家の構造によって、どう感じるかが大きく異なりますので、一概に絶対とは言えません。



ひとまずアレです。

そろそろ遠出がしたいです。

恵みの雨よ止みたまえ。。。

わんちゃんを連れてのお出掛けは、もうすぐシーズンオフとなりますからね。

行ける時に行っておかないとね。



わんちゃんの日常ブログは下のボタンをクリックすると、次の記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(●´ω`●)


コメント